ピクシブ百科事典

応仁の乱

おうにんのらん

室町時代の日本で起こった内乱。
目次[非表示]

概要

応仁元年(1467年)~文明9年(1477年)に11年の長期に及んで続いた日本内乱。「応仁・文明の乱」とも呼ばれる。この戦いをきっかけに日本は戦国時代になったと言われる。
簡単にどのような戦いだったかについてだが、とても簡単には説明できない。全体的にあまりに複雑で、原因も複合的で、目的もバラバラで、実質的な勝者もいない、混沌とした戦いだった。何とか簡単に解説すれば、「将軍家と有力大名家の各々の跡継ぎ問題が絡んで二大陣営となって戦い合い、引き分けで終わった戦い」となる。
当時の人々からしても意味不明な戦いと受け止められており、興福寺の僧侶・尋尊はこの戦いについて『尋尊大僧正記』でいくら頭をひねっても応仁・文明の大乱が起こった原因がわからない!と書いたほど。

背景

14世紀室町時代足利尊氏によって作られ、足利義満によって完成された室町幕府南北朝を合一し、15世紀には日明貿易で経済的に潤い、文化発展も盛んな平和な時代となっていた。政治体制も細川家・畠山家・斯波家が管領として将軍を補佐し、各地を守護大名が治め、関東九州に探題が設置され、幕府権力を磐石なものとした。しかし、その栄華も義満亡き後になって陰りが早くも現れる。
応永23年(1416年)の鎌倉公方の上杉禅秀による反乱、4代将軍・足利義持による日明貿易の停止、くじ引きで将軍に決まった6代将軍・足利義教独裁政治と恐怖政治、永享10年(1438年)の足利持氏による「永享の乱」、嘉吉元年(1441年)の播磨守護大名・赤松満祐により義教が毒殺された「嘉吉の乱」、など政情不安定な状況が続き、各地では天災や飢饉、一揆も相次ぎ、幕府の権力や権威は低下していった。

発端

そういった情勢の文安6年(1449年)に8代将軍に就いた14歳の足利義政。将軍とは言え政治は有力大名が動かし、権力を強めようにも実権がなかなか持てない義政は文化発展にのめりこんでいき、将軍を早々に辞めて隠居を考えるようになっていた。しかし、正室の日野富子との間に早世などで後継男子がいなかった。そこで出家していた弟の義尋に将軍職を譲ることを思いつく。義尋は30歳手前で隠居しようとする兄の申し入れを躊躇い、男子が生まれた時はお家騒動になると恐れ申し入れを拒んだ。これに義政は男子が生まれても義尋が将軍とすることに変更はないと起請文も書いて説得。義尋は申し入れを受け入れて名を足利義視と改めて還俗し、後見役は幕府実力者である管領の細川勝元となった。
ところが寛正6年(1465年)、義政と富子との間に足利義尚が誕生。富子は何の相談もなく義視が後継者にされたことに不満を持っており、我が子を将軍にしようと考え、同じく幕府実力者である四職の山名宗全持豊)を後見役に頼んだ。義視を擁する勝元、義尚を擁する宗全の勢力ができあがり、対立が始まる。
さらに、家督争いが各々で起こった畠山家と斯波家も各々で勝元と宗全に頼り、宗全に滅ぼされるも再興できた赤松家、勝元と対立していた莫大な貿易利権を持つ大内家などの他の武家が次々と参集。各家は地元から兵を集め、続々と京都の各勢力に集結。洛中東側に陣を構えた勝元が率いる東軍と洛中西側に陣を構えた宗全が率いる西軍へと二大陣営が形成された。

開戦当初の各勢力

氏族東軍西軍
戦力(諸説あり)約16万約11万
筆頭者細川勝元山名宗全
足利家足利義政足利義視足利義尚
畠山家畠山政長畠山義就
斯波家斯波義敏斯波義廉
赤松家赤松政則
大内家大内政弘
その他京極家、富樫家、武田家、北畠家、大友家一色家、土岐家、六角家、今川家、島津家


しかし、各軍の中心人物は優柔不断だわ、各軍で相互に寝返りは相次ぐわ、各軍での方針も目的も利害も統一されてないわで、この戦いが単なる二極戦では済まなかった。

開戦・経過

応仁元年(1467年)1月、畠山家の政長勢と義就勢の間で御霊合戦が勃発。これが応仁の乱の前哨戦となった。
5月、東軍の赤松政則が旧領の播磨を奪還せんと侵攻。これを契機に地方各地で各武将が戦闘をはじめ、洛中でも東西両軍が入り乱れる全面的戦闘状態になり、ここに応仁の乱が勃発した。
当初は東軍が将軍邸を占拠して義政・義尚・義視の3人を確保し、後土御門天皇後花園法皇を保護下に置いたことで自らを「官軍」とし、戦況を優勢に展開した。
しかし、8月に大内政弘が大軍を率いて上洛し西軍に合流。戦況は一変し、逆に東軍が将軍邸を中心にした一角に追い込まれる形に変わった。
戦闘が続く一方で両陣営の和議は検討されたが、各大名の目的や利害がバラバラだったために和議の条件もバラバラとなり、交渉は難航。
応仁2年(1468年)11月に義視は義政と対立し、東軍から西軍へ出奔。西軍は義視を将軍として担ぎ、幕府が東西分裂状態になった。
戦況は膠着状態が続くが、この戦いでは軽装で機動力のある足軽が戦果を上げたが、軍紀のような統率が執れていたわけではなく、足軽による略奪や破壊が横行し、戦火も街を襲い、洛中の壊滅は増していった。

終息

文明5年(1473年)3月に宗全が、5月に勝元が相次いで死去。両陣営で頼られていた筆頭指導者を失ったことで、両軍に厭戦気分と和睦の機運が高まる。
12月に義政は正式に将軍職を9歳の義尚に譲り、自身は東山山荘(後の銀閣寺と呼ばれる慈照寺)に隠居。とは言え義尚は幼く、富子が実権を握って政務を指揮することとなった。両陣営に多額の金銭を貸し付けたり米投機などで経済的やりくりもして、莫大な利益を得る一方で幕府と朝廷の建て直しを図った。また、両陣営とのこの関係や人脈が後の和睦のパイプ役に役立った。
文明6年(1474年)4月に東軍の細川政元と西軍の山名政豊の間に和睦が成立したが、あくまでトップによる単独講和だっため各陣営で和睦に反対意見も多く、東軍の細川政元・畠山政長・赤松政則、西軍の畠山義就・大内政弘・土岐成頼などが小競り合いを続けた。
文明9年(1477年)に西軍の主戦派だった義就と政弘が各々下国し、西軍は事実上解体。義視は成頼と共に美濃へ退去。11月に幕府は西軍解体が完了したことを受けて「天下静謐」の祝宴を催し、ここに11年間に及ぶ大乱が終結した。

結果・影響

明確な勝者のいない戦いは、両陣営ともにほとんどとくに何も得られずに終わり、それどころか京都を焦土と化し、疲弊した幕府も朝廷も権力と権威を失墜させる結果になった。
幕府内ではその後も将軍職を巡って奪い合いの合戦が相次ぎ、ますます幕府の統制は乱れ、信頼は地に落ちた。そのために、各地の大名も有力者も、庶民すら幕府の指示従わなくなるようになる。
各地では農民たちの一揆も増加し、寺社の独立性や武力を高め、各地の大名も独立独歩で勢力の維持や拡大を図り、実力主義で成り上がる者達が増え、世はまさに群雄割拠と下克上の戦国時代へと移り、大名は戦国武将となっていく。
荒廃した京都を捨てて地方へ移る有力者や文化人、公家も多く、中央の文化や信仰が地方に広まったり、有力者が地方に根付いて勢力を強めたりした。
一方の京都では復興が始まっていたが、権力者達は京都の荒廃を顧みようしなかった。それでも京都の町民達は自力での復興再建に乗り出し、明応9年(1500年)には祇園祭を復活させ、この乱後に西陣織が発展した。

余談

  • 寛正5年(1464年)に即位した後土御門帝だったが、乱に巻き込まれて約10年も室町邸で避難生活を強いられ、乱後は皇室行事再興に尽力したが、思うようにはならなかった。
  • この時期を舞台にした大河ドラマが、1994年に放送された三田佳子が演じた日野富子を主人公にした『花の乱』である。
  • 京都では「戦後」と言えば第二次世界大戦大東亜太平洋)後のことではなく、この応仁の乱後を指すという冗談がある。細川護貞氏が「前の戦争(応仁の乱)で細川家の宝物が焼けた」と言った話が元ネタとなっている。
  • 2017年は応仁の乱勃発から550年目、終結から540年目という節目に当たり、この戦いへの関心が高まっており、とくに呉座勇一著書の中公新書『応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱』が人気を集めている。
  • 2017年5月21日に京都で山名家と細川家など両陣営の子孫達が対談し、子孫両者が握手を交わして550年の時を越えた和睦を成した。
  • かなりグダグダな終わり方をしたせいで、どこを明確な終わりにするか定まってない現在の評価どころか当時の手紙にも「なんかいつの間にか戦(応仁の乱)が終わってた」という内容のものがあったとか……


関連タグ

日本史 室町時代 戦国時代 

pixivに投稿された作品 pixivで「応仁の乱」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 351

コメント