ピクシブ百科事典

近衛文麿

このえふみまろ

(明治24年10月12日~昭和20年12月16日)  第34・38・39代内閣総理大臣。勲一等。公爵。

第34・38・39代内閣総理大臣日中戦争開戦時の首相を務めた。戦後A級戦犯とされ自殺した。

経歴

明治24年、近衛篤麿公爵の長男として東京に生まれた。 第一高等学校に在学中、社会科学に興味を持ち、東京大学哲学科を経て、のち京都大学法科にて河上肇に学んだ。

大正6年に卒業後内務省に入り、大正8年にベルサイユ講和会議に出席したのがきっかけで、西園寺公望に認められた。

また貴族院議員となり、西園寺の後継者として誰もが認めるようになっていった。 昭和6年に貴族院副議長、昭和8年には早くも議長に就任した。 時あたかも満洲事変が勃発するなど、昭和初期の動乱がまさに始まろうとする時期であったが、この時にあたって軍閥官僚政党三者の間にあって、彼の言う「空漠たる声望」により次第に政治の中枢へと駆り出されていった。

昭和11年の二・二六事件後の組閣を元老西園寺から勧められたが固辞し、翌12年、林銑十郎内閣の瓦解後、元老重臣に推されてついに内閣総理大臣となった。

第一次近衛内閣が成立した直後、盧溝橋事件が起こり、それを支那事変にまで拡大し、中国の抗戦に遭って泥沼化していった。 その後平沼騏一郎阿部信行米内光政による三内閣を経たが、第二次世界大戦を迎えた難しい情勢にあって、いずれも短期間で終わった。

昭和15年、軍部の要望等により第二次近衛内閣を組織した。 ドイツに呼応して、東南アジアにおけるイギリスフランスオランダの植民地を解放しようとする大東亜共栄圏設立をスローガンとして発足。 国内では、一国一党を目指す大政翼賛会を結成し、国外では日本ドイツイタリアの三国同盟を締結、対米関係を緊張関係にまで至らせた。

昭和16年にいったん総辞職の後、第三次近衛内閣を組織。 しかし東条英機陸軍大臣に日米開戦の責任を押し付けるような形で10月に退陣。 その後日本は大東亜戦争を起こすことになる。

このような重要時期における数々の国是決定は、育ちの良い「お坊ちゃま育ち」であるがゆえの粘りのなさ、人の良さが悪い方向に出たものであるともいえる。近衛を首相に推挙した西園寺公望は、彼を首相に推薦したことを最後まで後悔していたという。

終戦後しばらく、近衛は内大臣御用掛として憲法改正に専念。 英国風の立憲君主国を目指したが、連合国から日本を戦争に導いた責任を追及されA級戦犯の逮捕令を受けるに及ぶ。

昭和20年12月16日、萩外荘で服毒自殺を遂げ、貴族の誇りを保った。享年55。

余談ではあるが、五摂家筆頭当主として、華族出身の政治家としてもとりわけ別格の扱いを受けた。昭和天皇の前でも足組みが許されるほどであったという。後に昭和天皇は近衛の死に際して「近衛は弱いね」と漏らされたという。

関連タグ

政治家 内閣総理大臣 太平洋戦争 A級戦犯 細川護煕(近衛の孫で平成期に内閣総理大臣を務めた) 共産主義

pixivに投稿された作品 pixivで「近衛文麿」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11021

コメント