ピクシブ百科事典

内務省

ないむしょう

維新三傑の一人である大久保利通が主導して設立した中央官庁の一つ。主に地方行財政と警察を所管し、明治~戦前の日本では、「官庁の中の官庁」として中央官庁の中心的な存在であった。昭和22年にGHQの命令で解体・廃止。

アメリカイギリスロシアなど各国に多く存在する行政機関の一つ。
主に地方行政、国内治安、出入国管理などの内政面を担っている。
内務省と言っても国や地域によって組織の権限や性質に差があり、ロシアの内務省では国内軍を保有し、アメリカの内務省では天然資源や先住民関連の業務を担当するなど、日本の環境省に近い。

日本の内務省

近代日本の中央官庁の中枢的行政機関。
地方行財政、警察土木、衛生、国家神道などを担った。

明治6年、大久保利通により設置。
明治18年、内閣の一省となり警察・地方行財政など、内政一般を掌る。官選知事を通じて内政全般に関与した。
明治20年、造神宮使庁をおき宗教政策を強化。
昭和3年、大逆事件を機に、特別高等警察(特高)を全国設置し、共産主義社会主義の取締まりを強化。
昭和22年、日本敗戦後、連合国軍最高司令官最高司令部(GHQ)の指令により、日本の中央集権的官僚行政の中枢であったこと、軍部と組んで日本を軍国主義国家にしたとの理由で解体された(実際は、軍部とはゴーストップ事件などで何度もトラブルになっており、友好関係にはなかった)。

現在の総務省警察庁国土交通省厚生労働省は、内務省の後継官庁に当たる(旧内務省系官庁)。法務省の外局である公安調査庁や、文部科学省の外局である文化庁も、旧内務省の後継官庁の一つである。

関連項目

警視庁 厚生省

pixivに投稿された作品 pixivで「内務省」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5236

コメント