ピクシブ百科事典

明治

めいじ

明治天皇の時代に使われた近代の日本の元号、および時代。
目次[非表示]

概要

日本元号。明治元年1月1日(西暦1868年太陽暦1月25日)から明治45年(大正元年、西暦1912年)7月30日までの期間。明治天皇の在位期間とほぼ一致する(明治天皇は明治以前に即位しているため微妙にズレている)。この元号より、日本の元号は天皇の代替わりごとに元号を改める一世一元の制となった。

典拠は『易経』説卦伝の「聖人南面して天下に聴き、に嚮ひてむ」で、「天下の道理を尽くし得て人類の地位を成就させた聖人、つまり天地による万人・万物を覆戴し慈育する働きに一役買うことができる聖人が君位に就けば、南に向かって坐り天下の政治を聴く、すなわち明るい方向に向かって治める」という意味の元号である。

前越前藩主の松平慶永らが勘申したいくつかの元号案を籤として、宮中賢所で明治天皇が御自ら抽籤なさって決定されたものと伝えられる。

明治の典拠

易経』説卦伝、「聖人南面而聴天下、嚮
書経』注、「其始為民、君之
孔子家語』五帝徳、「長聡五気、設五量、撫萬民、度四方」
荀子』「上宣則下弁矣」

明治時代

明治維新を迎えた近代日本が、帝国主義の時代に欧米列強と比肩する国家になるべく急速な近代化や富国強兵に邁進した時代である。

この時代の日本は、薩摩長州出身者を中心とした藩閥政府主導で武士などの身分制度を廃し中央集権体制を固め(廃藩置県)た。同時に鉄道蒸気船などの近代的な文物を受け入れ、国内で培った軍事力と経済力を背景に対外侵略に乗り出す。明治時代後期には、日清戦争日露戦争などの大きな戦争を経て、ついに産業革命と不平等条約改正をなしとげた。

近代日本の基礎は、良くも悪くもこの時代にほぼ固まったと言える。

関連タグ

明治時代 明治維新 明治製菓 明治大学
時代 日本史 元号 年号 大正 昭和 幕末 近代
和洋折衷 レンガ(煉瓦) ガス灯 鹿鳴館 廃藩置県都道府県) 西南戦争 大日本帝国 憲法大日本帝国憲法) 日英同盟 日清戦争 日露戦争

夏目漱石坊っちゃん』 るろうに剣心 坂の上の雲 八甲田山 帝都物語

明治パラレル 明治パロ

pixivに投稿された作品 pixivで「明治」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1576158

コメント