ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

産業革命

さんぎょうかくめい

18世紀後半から19世紀前半のイギリスで起った世界最初の工業化。ドイツ・フランス・日本など先進諸国の工業化もこの名で呼ぶことがある。
目次 [非表示]

概要編集

1760年代から1830年代のイギリスで起った工業化。市民革命とともに近代の幕開けを告げる出来事とされる。「革命」という語感に反して70年もの長い期間にわたって進行した。


蒸気機関の発明、紡績機・織機による衣料生産の機械化により生産性が加速度的に向上。食料生産の増加によって人口が急増し、蒸気船蒸気機関車の普及により、流通と人の行き来の広域化が進んだ。


産業革命によって、近世から徐々に進行していた帝国主義資本主義が本格的に展開しはじめ、人類社会と地球環境に後戻りできない大きな変化をもたらした。


かつてはドイツフランス日本など他の国の工業化もこの名で呼ばれたが、現代では人類初の工業化であるイギリスの工業化のみが産業革命と呼ばれる(イギリス以外の国は産業の近代化と呼ばれている)。


スチームパンク作品の多くはこの産業革命期から第一次世界大戦前にかけての時代をモチーフにしている。


背景と社会的影響編集

18世紀から19世紀にかけての英国では、農業革命による穀物価格の下落と女性の平均初婚年齢の低下により農村人口は爆発的に増加していた(17世紀末の約550万人から19世紀末には2600万人に増加)が、産業革命を支えたのは都市部の労働者となった彼らであった。


しかしこれにより過密となった都市部の衛生環境は悪化。資本家はますます多くの富を蓄えるようになり、富の公平な分配を目指す社会主義思想が発展した。また機械化によって単純な労働が多くなり、必ずしも熟練した労働者が必要とされなくなったため児童までも働かせるようになり、児童福祉や義務教育の考えを産むことになった。


当時の大英帝国の栄華の絶頂期であったが、「イギリス料理=まずい」というイメージが定着した原因の一つが産業革命である。都会へ働きに出た人々が忙しさから料理を手抜きするようになり、さらに地方の過疎化が進んで伝統料理が失われたのである。逆に同時期のドイツでは蒸気機関の普及によって食材の輸送コストが減り、食生活は大幅に改善された。


炎神戦隊ゴーオンジャーにおける産業革命編集

蛮機族ガイアークで、蛮機獣巨大化手段として発する台詞。


関連タグ編集

ヨーロッパ史 イギリス史 近代 革命 大英帝国

ジェームズ・ワット 帝国主義 スチームパンク

関連記事

親記事

イギリス史 いぎりすし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 191280

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました