ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

スチームパンク

すちーむぱんく

スチームパンク(Steampunk)とはSFのジャンルのひとつ。レトロフューチャーのサブジャンルとして捉えることもできる。
目次 [非表示]

スチームパンク(Steampunk)とはSFのジャンルのひとつ。レトロフューチャーのサブジャンルという側面もある。


意味合いとしては「産業革命の原動力となった蒸気機関が、現実の歴史における絶頂期のありようを超越して発展した技術体系や社会を前提としたSF作品」などと形容することができる。


スチームパンクの特徴

主に石炭による蒸気機関が主要な動力源として普及している世界観を描く。よりコンパクトな内燃機関や大出力の電動機などが発展・普及した現実の技術史を参考にしながらも、制約の大きな動力である蒸気機関をどのように発展させ、またそれらによって成立する社会をどう描いていくのかがスチームパンク作品の面白さの一つと言える。


電気を動力とする機械は、一般家庭にもあるものでは電話やラジオ、軍隊の施設や科学研究所などにしか無いものではコンピューターが関の山か。


蒸気機関が身近だった時代は、石炭に起因する煤煙による大気汚染が深刻な問題(注)となっていた事から、発展を追い求めるほどに世界は暮らしにくい場所になっていくという、大きな矛盾を内包しながらも形作られる歪な理想郷の姿を描く側面も持つ。

  • 注…「霧のロンドン」は元々大気汚染を揶揄した言葉。

時代背景はおおむね19世紀から20世紀初頭(1914年以前)にかけて、産業革命から世界大戦頃までの社会、またはその頃の時代をモチーフにした世界を舞台にする作品が多い。


モチーフとしては

などが登場する。


なお「スチームパンク」という名称は、1980年代後半にサイバーパンクをもじって作られた派生語であるが、それ以前にもスチームパンクに相当する作品は世に出ている(その頃のジャンルを説明する際「ラピュタとか犬のホームズみたいな」ということが多いが、それらはプレスチームパンクに属する)。

これらの作品の中には「大西洋横断トンネル、万歳!(1973年)」のように石炭を燃料とする飛行機や原子力機関車が登場する作品も見られる。

また、19世紀から20世紀初頭にかけてのSF作品に見られるような「(蒸気機関が主体だった)当時の未来予想」に基づく、今日から見れば時代錯誤的な未来像(レトロフューチャーを表現した作品も、スチームパンクと見なされる場合がある。


英国ヴィクトリア朝時代の古典的な服飾に、多くは真鍮製の各種ガジェットを組み合わせたスチームパンク的ファッションスタイルは、ネオヴィクトリアン(Neo-Victorian)と称され、海外のイベントではコスプレの定番モチーフとなっている。もちろん絵の題材としてもたいへん魅力的で、pixivにおいてもそういったイラストにつけられるタグとして定着している。

「亜種」もいろいろ

SFの浸透と拡散に伴い、「単にそのスタイルのみを模倣しただけの作品」が名乗ることもあり、現在ではスチームパンクを標榜していながら作中に内燃機関や電力が登場するなど、単にレトロ風の技術やスタイル・デザインを表す記号として用いられる例も少なくない。そこに「スチーム」が一切登場しなくてもである。

大雑把に纏めてしまうならば、産業革命期からヴィクトリア朝をモチーフにした技術社会を描いた作品群を指し、さらに言えば、単に19世紀の西欧風の雰囲気を漂わせる世界観を描いたものも含まれ得る。

非常に広汎な題材を扱うSFの一ジャンルであるため、定義の厳密化も一筋縄ではいかないというのが実際のところだろう(例えば、ウィキペディアの「スチームパンク映画」カテゴリーには、今川泰宏監督版『ジャイアントロボ』が入っている。シズマドライブと呼ばれる機関で機械が動く近未来を描いたこの作品ならテックパンクにカテゴライズする方が正しいのだが、入っちゃってることからも分類が一筋縄ではいかないことがうかがえる)。


スチームエンジンといえば普通レシプロ蒸気機関を指すが、蒸気タービンエンジンの登場する作品がスチームパンクとみなされる場合もある。


日本漫画アニメゲーム作品では、スチームパンクの世界観をベースとしてさらに様々な味付けが施され、蒸気機関のみならず「古代超文明の残した超技術」や、科学の一部として発達した「魔法などを下地に発展した近代~近未来世界」を描いたものも多く見られる(『ファイナルファンタジー6』『鋼の錬金術師』など)。

これらは「ファンタジー的スチームパンク」とでも呼ぶべき別種のジャンルとして定着しており、とりわけ魔法と機械文明が密接な関係にあるものはマジックパンクとも呼ばれている(とはいえ『幻世』『ギア・アンティーク』『ハウルの動く城』など、スチームパンク世界では、魔法の共存がデフォルトである風潮すらある。19世紀後半~20世紀初頭の英国がオカルティズムスピリチュアリズムの全盛期だったことに影響されているのかもしれない)。


……とまぁ、アレコレ小難しいことを書いてきたが、あくまで作品を鑑賞する側がどう定義付けるかの話であって、こういう話が作り手の創造性を阻害するべきものでない点には留意しておきたい。百回の議論よりも一つの作品が生まれることのほうがはるかに価値のあることなのだ。


代表的な派生ジャンル

エルフパンク

エルフなどの亜人が現代を闊歩する。SFというよりはアーバンファンタジーの派生ジャンルとされる。


クロックパンク

動力源として水車やバネといった歯車機関を主体としたもの。スチームパンクの派生としてはもっともスチームパンクに近く、スチームパンクのサブジャンルと見なされる。


ディーゼルパンク

動力源として内燃機関を主体としたもの。スチームパンクより現代社会に近い。「ディーゼル」とは言うが必ずしもディーゼルエンジンが出てこなくてもよく、ガソリンレシプロエンジンを主体とした世界観になっている場合もある。


ミスパンク(Mythpunk)

神話の要素が含まれた作品。こちらもSFというよりファンタジーに近く、一般に通用しているとは言い難い用語である。


レトロフューチャーに属するその他の世界観

アトムパンク

化石燃料(注)ではなく原子力で全てが動く世界観。『鉄腕アトム』のような「原子力が未来のエネルギーとして注目され始めた時代の人々が想像する近未来」である(鉄腕アトムそのものはレトロフューチャーではないが、後年の派生作品はレトロフューチャーとして創作されていることがある)。銀色で丸みを帯びた建物、空飛ぶ車、角張った形をしているロボット等が登場することが多い。銀色の物が多いのはアトムパンクが構想された時代はロケットの色のイメージが白ではなく銀色であり、『未来=ロケット=銀色』という連想により広まったものと思われる。

  • 注…現実の原子力発電では核エネルギーは単なる熱源である。火力発電と同じく湯を沸かして蒸気にし蒸気タービンから電力を取り出しているが、SFでは核反応から直接エネルギーを取り出すと言う設定もある。

サイバーパンク

1980〜90年代の人々が想像した、現実空間と仮想空間の入り混じる近未来像。一昔前の東京香港のような混沌とした東洋的な都市、脳に埋め込むデバイスやサイボーグ技術等の機械と生体の融合、怪しげな新興宗教など。本来はこちらがスチームパンクの派生元であり、近未来SFであってレトロフューチャーではないのだが、インターネットに代表されるデジタル技術が浸透・陳腐化し、かつてサイバーパンクで描かれた未来が現実に追い越された21世紀以降は、あえて古めかしいデジタル要素を取り入れたレトロフューチャーとしてのサイバーパンクも登場するようになった。


関連イラスト

試作品一号の愉快な逃亡生活歯車ガール


記事のあるスチームパンク作品

小説、原作小説

漫画、原作漫画

アニメ

アニメ映画

TVアニメ

映画

ゲーム、原作ゲーム

その他


別名・表記ゆれ

Steampunk 蒸汽朋克 スチパン


関連タグ

SF ファンタジー SFファンタジー レトロフューチャー

エンターテインメント作品のジャンル一覧

機械羽 ゴーグル 都市 歯車 飛空艇 錬金術

pixivスチームパンク(2010年に行われた企画

【Rif】(2014年からの企画)


絢爛なりし灰燼世界FGOの宝具)


5分18秒ショックヘタリアの二次創作)

スチームパンク松おそ松さんの二次創作、へそウォ含む)

東方蒸気世界東方蒸機関東方Projectの二次創作)


外部リンク

まとめサイト

pixivision

関連記事

親記事

SF えすえふ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25781800

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました