ピクシブ百科事典

パイプ

ぱいぷ

筒型の道具。輸送のための器具と、喫煙具との二種類の使い分けがある。
目次[非表示]

概要

パイプとは――

1)液体気体などを輸送するのに用いられるのこと。
2)タバコを吸うための道具。日本の煙管(キセル)と違い、太く短いものが多い。

喫煙道具の「パイプ」

元は南北アメリカ大陸で先住民族たちによって発明され、大陸発見と開拓によってヨーロッパに伝わった。
アメリカ先住民にとって煙草とパイプは霊的な法具としての側面も持ち、和平の象徴ともされた。これについてはスー族の「バッファロー乙女(The White buffalo woman)」の逸話で知られる。

スペインから喫煙文化とともに欧州全土に波及し、その後市民の喫煙道具として普及する。
現在は葉巻紙巻き煙草に押されているものの、そのクラシカルな雰囲気に惹かれて愛好する人は少なくない。
コナン・ドイルが自身の推理小説シャーロック・ホームズ』の主人公・ホームズの愛用品として登場させたことから、探偵を象徴するアイテムとしても認知されている。

構造

火皿(ボウル)と吸引口(マウスピース)の二段構造となっており、内部にヤニ止め(フィルター)と呼ばれる針状の気孔を備えている。内部構造としては煙管よりもやや複雑。
火皿は木製、もしくは陶器製が一般的で、凝ったものでは美術的な彫刻を施しているものもある。

メンテナンスに少し手間がかかり、数回に一度は管内のヤニを取り除き、燃えて固形化した灰(カーボン)となった煙草を適度に削ったりと、長く使うには小まめに手入れをしてやる必要がある。
火皿は使用後にしっかり乾燥させないと、短期間でひび割れて破損してしまうため、一度吸った後に連続して使用するのは良くないとされる。

主に使用されるパイプ用の葉タバコは紙巻き煙草のものにくらべてしっとりと湿っており、全体的にラム酒レーズンバニラチョコレートといった甘めの香りづけがなされたものが多い。
パイプ愛好家の中には複数種類の製品を自分で組み合わせて、オリジナルのブレンドを作っている者もいる。

吸い方

喫煙には少し慣れが必要。

1.煙草を詰める

煙草の葉を火皿の8割ほどまで隙間なく詰め込む。
このときムラがあると、燃えが早くなったり、途中で消えたりしてしまうので、適度に硬めに詰めていく必要がある。
詰めるには指で押し固めるか、「タンパー」と呼ばれる耳かき状をした専用の道具を用いる。
葉の量は一般的な紙巻き煙草3~4本分と、結構な量をつめることになる。

2.火を点ける

マッチライターで点火する。
ライターのガスの臭いが煙草の風味を損ねるとして、マッチを愛好する人が多い。
その後吸いながら火をさらに熾し、燃焼を着火部から煙草の上部全体に広げていく。
広がってくると煙草の葉が膨らむので、タンパーで再度押し固めながら炭化して被熱した煙草を広げていくことで、より効率的に着火していく。タンパーの使用は口から離しておこなう。

3.吹かす

火が点いてきたら、まずゆっくり吸ったり吹いたりして火種を保つ。
火が回って紫煙が立ってきたら、ゆっくりとゆくらせながら喫煙し、火種を絶やさないようやさしく火を熾し続ける。味わわないときでも、出来るだけ火種を保持するために吹かす必要はある。
時折タンパーで火皿の内部を固めて煙の量を一定に保ち、最後まで吸い切るよう心がける。
火皿の温度を確認しつつ、熱いと感じればしばらく放置するか、吸うよりも吹かす回数を増やして放熱してやることで、パイプを長持ちさせることができる。


関連イラスト

パイプ

 1)の意味のパイプ

ミルキィみるきぃ

 2)の意味のパイプ、但し使用法は微妙に異なる



関連タグ

1の関連タグ: 工場 信号 背景 階段 送電線 ケーブル 鉄パイプ ダクト 配管
2の関連タグ: 煙草 煙管 喫煙 シャーロック・ホームズ

pixivに投稿された作品 pixivで「パイプ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 786127

コメント