ピクシブ百科事典

ジョースター卿

じょーすたーきょう

ジョースター卿とは、荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第1部『ファントムブラッド』の登場人物。
目次[非表示]

概要

本名ジョージ・ジョースター(George Joestar)。
1部の主人公ジョナサン・ジョースターの父親で、イギリス貴族ジョースター家」の現当主。
海上貿易の仕事をしている。
謹厳実直で厳格な性格であるが、たとえ悪党でも優しさや情を忘れないという、気高い人物。

メアリ、そして当時赤ん坊であったジョナサンと同乗していた馬車が転落事故に遭った際、馬車を発見し金目の物をくすねる目的で入って来ただけの男ダリオ・ブランドーに命を助けられたと誤解。親交を持った。
その後、警察に捕まっていたダリオを目撃し正体を知るが、それでもなお命の恩人として接し続けた。実際、後に得するために恩を売るのが目的とは言え、ダリオに命を救われたことは事実である。
ダリオの死後に、彼の息子であるディオ・ブランドーを引き取り育てるようになる。

遺産獲得を目論んだディオに病死にみせかけて毒殺されかかるがジョナサンのおかげで助けられる。
最期は人間をやめようとしたディオの凶刃から自身を盾にしてジョナサンを守り、息を引き取った。
その死に顔はこれまでの生き方を後悔していない、にこやかなものだった。そして彼の生き様はジョナサンへと受け継がれていくことになる。

第二部以降でのキャラ紹介ではジョナサンの息子でジョセフ・ジョースターの父であるジョージ・ジョースターII世がいるので、こちらはジョージ・ジョースターI世となっている。

ディオの凶行についても「ジョナサンを厳しく、その分だけ立派に育てようとしたことを不平等に感じたからだろう」と解釈するまでに、最期の瞬間までもディオを親として信じ続けていた。
しかし悲しいことにディオからすれば、ジョースター卿は最初から利用価値のあるだけの存在としか思われていなかった。そしてジョースター卿もディオの本性や彼の父親への憎しみを見抜けず、親として彼の信頼を勝ち取っていたとは言えなかった。ディオを、よりにもよって彼にとって気が狂いそうになるほど憎い父ダリオの墓の傍へ埋葬することをジョナサンに勧めたこともその一つの証拠と言える。尤も、ディオほどの『生まれついての悪』をどうにかできるとも思えないので致し方ないことである。
だがディオが自分を利用するためだけに義息として取り入ってきたことも、彼が実父であるダリオを殺すほどまでに憎んでいたことを知ったとしても、きっとジョースター卿は「親としてディオを正しい心を持った人間へと改心させることができなかった」ことに大いに責任を感じていたことだろう。
様々な悪党を幼い頃から見てきたスピードワゴンが、ジョナサンとセットで「最高の大甘ちゃん」と讃えるほどの大人物だったのだから。


ネットでは「逆に考えるんだ」のAAで有名。

声優

磯部勉 (劇場版・PS2版)
菅原正志 (テレビアニメ版)

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 ジョジョ JOJO ジョースター家
1部 ファントムブラッド ジョナサン・ジョースター ディオ・ブランドー
逆に考えるんだ ダリオ・ブランドー お人好し

関連記事

親記事

ファントムブラッド ふぁんとむぶらっど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョースター卿」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 447996

コメント