ピクシブ百科事典

ダリオ・ブランドー

だりおぶらんどー

ジョースタ家との因縁を創った元凶。一巡後の世界を描いた『スティール・ボール・ラン』にも同名の人物が登場する。
目次[非表示]

CV:宮澤正(TVアニメ版)

概要

物語の主人公の一人ディオ・ブランドーの父親なのだが、親子関係は最悪で、ディオ自身も自分の父親の墓に唾を吐き捨てるほど最悪である。
ディオ曰く「醜くってずる賢い」らしい。妻が居たらしいが相当迷惑をかけていたらしく、それが原因かすでに他界している。

性格は最悪で、病気だろうが、薬よりも酒をせがむ程のアルコール依存症。死んだ妻の服を売っぱらって酒を買えというほど。
そのせいでディオの逆鱗に触れ、じわじわと毒を盛られて殺されることになった。

しかしながら、死期を前にしては思うところもあったのか、遺言として自分が死んだらジョースター家に行くように促し、ジョースター卿宛に「どうか息子を頼みます…」という文面の手紙を贈っている。
そして死の間際に「誰にも負けねえ一番の金持ちになれ」という言葉を彼なりの息子への激励として言い残したが、惜しむらくはその最後の最期で見せた父としての息子への愛情が、当人には間違った形で伝わってしまった事と言えるかもしれない。


ジョースター家との関係

もう一人の主人公であるジョナサン・ジョースターの父親のジョースター卿はダリオ・ブランドーの事を命の恩人と思っている。(実際ダリオが見つけなければジョースター卿もジョナサンも間違いなく死んでいたので、結果的には間違ってはいないが)
その理由はジョジョの父親の乗った馬車が事故にあった時ダリオ・ブランドーはジョースター卿がすでに死んでいると思い、金目の物を盗もうとした時、指輪を盗もうとしたのだが、ジョースター卿が目を覚まして、近くにいたダリオ・ブランドーが自分を介抱してくれたと思い込んだのが切っ掛けである。
その後、ダリオは指輪を質に流そうとして逮捕されたが、ジョースター卿の親切心により釈放されている。
原作第2巻(アニメ版は第3話)では、警部らしい人物が「あの時、ディオの父親を流島の刑にしていれば、ディオを養子にすることもなかった」と言っているため、この人物がジョースター家とディオの因縁を創った原因であるともいえる。

一応、それからはコソ泥のマネはやめて、ジョースター卿にもらった礼金で酒場を経営し、彼なりに真人間になろうとはしていたようだが、商才はなかったようで店はつぶれ、結局妻と息子を不幸にしてしまったのは因果と言える。
だがそれでも、ジョースター卿にお金の援助の申し出をしなかった辺りは、彼なりに自分を庇ってくれた事への負い目があったのだろう。


スティール・ボール・ラン

一巡後の世界を描いた第7部『スティール・ボール・ラン』にも、ディエゴ・ブランドーの父親として同名の人物が登場。
生活が苦しかったため、生まれて間もないディエゴを捨ててしまうが、原典のダリオと比べればまともな人物と言える。


関連ダグ

ディオ・ブランドー ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド SBR 
ジョースター卿
テナルディエ-「レ・ミゼラブル」に登場する悪役。モデルと思われる。

関連記事

親記事

ファントムブラッド ふぁんとむぶらっど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダリオ・ブランドー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8792

コメント