ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概略

依存症の一つでアルコール)を飲まずにはいられなくなるもの。

酒ッ!飲まずにはいられないッ!


酒!飲まずにはいられないッ!」とは少し違う。

一般には「アル中」と言う。(「アルコール中毒」は少し意味が違うが。)

酒(アルコール)がもたらす効果により、脳は快感や安定感を憶え、快感物質を放出するようになる。

(アカン)


※画像はイメージです(だいたいあってる

酩酊による高揚感や浮遊感は、こうしたことから発せられるが、同時に脳機能も低下を起こし、それが日常的になると脳や内臓へのダメージが蓄積していく。

解説

酒の飲みすぎで最もダメージを負うのはアルコールを直接受けるや、消化の際にアルコールの分解物質を解毒する肝臓だが、依存状態まで来ると脳や心臓、腎臓へのダメージも深刻になる。

アルコールそのものの害だけでなく、酒に耽溺して栄養バランスが悪くなることでのビタミン欠乏による栄養失調もしばしばみられ、糖分の多い酒だと糖尿病などを併発することもある。さらに過度の飲酒は脳卒中系や心筋梗塞など循環器系の病気のリスクも上げる。手が震える、アルコールが切れると情緒不安定となるなど、重篤な状態になると日常生活さえ危うくなる。

そして違法薬物に手を出すなど、依存症を複数併発する場合も少なくない。

その他にうつ病などの精神の病にかかるリスクも高くなり、これらの病気で死亡したり自殺しやすくなる。また、周囲に暴力暴言を働くようになることも多く、家族の精神的負担も大きい。特に子供のいる家庭だと子供の情緒にも大きな悪影響を及ぼす。こうした被害にあった子供が成長して、トラウマから親と同様の依存症になってしまう悪循環がしばしばである。

アルコール中毒の最も恐ろしいところは、お酒を飲める人なら、誰でもすぐなり得るというこの点に尽きる。

日本人を含む多くの民族の文化において、酒は切っても切れない縁で結ばれた存在であり、多くの人は成人する前後から「付き合い」で飲み始めることが多いが、アルコール依存症は飲酒開始年齢が若いほど短期間で発症するケースが多いという。明治から大正期の日本(1922年に未成年者飲酒禁止法が施行される前)は子供も飲酒する風習が蔓延しており、アルコール依存は現代よりはるかに深刻な社会問題だった。現在でも青少年の飲酒率の高い沖縄県では(未成年を含めた)飲酒に寛容な地域性に加え子連れで酒場へ出入りするような文化や「頼み買い」という酒や煙草を未成年に頼まれて代理購入する成人の慣習が多く残り、全国の数倍の比率の依存症患者がいるといわれる。また同県はDV発生率や離婚率の高さの原因の1つとしてアルコールが指摘されている。
青森県でも元々塩分の多い食事を好む傾向と漁村地帯を中心とした深酒の傾向が重なって依存症やそれに伴う脳卒中などの病気は多く、短命県のワースト記録を重ねる要因となっている。

もちろん世界的にもアルコール依存症の蔓延が深刻な国は多く、「暑い気候」でラム酒などの強い酒を飲むことにハマりやすいインドやアフリカ、中南米諸国では特に深刻な問題となっている。ロシアのように「長い冬」に娯楽の少なさから強い酒を飲む習慣が定着した文化圏でも依存症患者は多い。インド南部のケララ州では「犯罪の7割が飲酒がらみ」という統計もある。諸外国の有名人では、違法薬物中毒とアルコール依存症を併発した例も珍しくない。

なお全く酒を飲めない下戸の人の場合は、一口でも酒を口にすると途端に悪酔いするためアルコール依存にはならないが、下戸でも少しお酒を飲める人の場合は、アルコール依存になることがある(それでも少し飲みすぎると悪酔いするので酒に強い人よりは依存症になりにくいが)。

アルコール依存症を予防するには

セルフコントロールが効かない状態が依存症であるため、陥らないようにすることは簡単ではない。
しかし、「酒量が多いな」「自分は依存体質かもしれない」という自覚が多少なりともあるなら、飲み過ぎの癖をつけないよう、飲酒量の記録をつけたり肝臓の検査値を気にする習慣をつけたい(沖縄県が制作したスマホアプリもある。県外の人も利用可能)。

健康リスクを増やさないアルコール摂取量の目安としては「1日20グラムまで、週に2日は休肝日」とされる。また、酒は手元に置かず、面倒でも「今日飲む分だけ」を購入したい。この量では物足りない、というのなら酒は他人と飲みに行くだけにして、家では飲まないようにするか、いっそのことアルコール依存になる前に断酒してしまうのも一つの手である。

アルコール依存症になったら

当事者本人はもちろん、「家族や身近な人が依存症患者になってしまった」「毎日飲んでいて、暴言も酷くなり依存症かもしれない」という場合はくれぐれも自分たちで抱え込まず、専門の病院の診断を速やかに仰ぎ、一日も早く治療にかかること。

依存症の診断は基本的に精神科か心療内科で出す為、他科の病院では「依存症」の診断を出してくれないところも多くある(専門外のことに断定的な診断を出すことに躊躇するのが医師の考えでもあるので)。精神科でも病院により得意分野がまるきり異なる為、依存症問題に詳しい精神科病院をあたり相談することが大事。

入院しても治療は長期戦になり、本人にも相当の努力が必要となる。
専門病院では依存症患者同士のミーティングなども行われ、酒に手を出してしまう己の弱さと向き合うプログラムも実施される。

治療プログラムを受けて退院してきてもまたお酒に手を出してしまう「スリップ」も多くそれだけに素人判断は厳禁である。基本的には一度依存症になったら断酒を目指すしかなく、一生ものの戦いである。

かつて夫がアルコール依存症になりDVやモラハラの被害にあった西原理恵子も「子供とその家族は、この問題を決して自分たちで抱えてはいけません。医者と専門家しか対応してはいけないんだという知識を身につけてください。」と断言している。

また、お笑い芸人のカンニング竹山は、アルコール依存症に陥った後輩を更生すべく自分の弟子に付け、「2年アルコールを我慢出来たらうちの事務所(サンミュージック)で雇って貰うよう掛け合う」と宣言する。そして折を見て監視しつつ、ついに約束通り2年の我慢を実現させ、事務所との契約に漕ぎつけさせた。
しかし竹山はじめ、歓迎ムードの事務所の面の前で後輩が突然号泣し始め、実はこっそり酒を飲んでいたと告白。結局、契約は白紙化し、竹山も「やめようと思っても簡単にやめられないものだ」とアルコール依存症の厄介さを痛感したという。

アルコール依存症を取り扱った作品

自伝的小説

  • 酔いがさめたら、うちへ帰ろう。鴨志田穣
    • 映画化もされた。
  • 失点・イン・ザ・パーク ECD

エッセイ漫画


アルコール依存症患者の著名人

芸能人や作家は付き合いで酒を飲む機会も多く、業界風土的にも過度の飲酒を容認する風土が強いため依存症になった患者は多い。
ミュージシャン系も昔は「打ち上げで酒の付き合いをするのが当たり前」という風土が強かった(近年ではそれほどでもないが)ため依存症になった者が多い。
依存症をようやく克服しても既に体がボロボロになってガンなどで死去に至った者もまた多い。

関連タグ

飲酒 アルコール
依存症 アルコール中毒

外部リンク

新日本製薬運営のサイト。依存症のセルフチェックや、対応する病院検索が可能。

関連記事

親記事

依存症 いそんしょうまたはいぞんしょう

pixivに投稿された作品 pixivで「アルコール依存症」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 193631

コメント