ピクシブ百科事典

尾崎豊

おざきゆたか

尾崎豊とは日本のシンガーソングライター、ミュージシャンである。故人。

昭和平成初期にかけ、特に「若者の代弁者」として若年層にカリスマ的人気を誇った男性シンガーソングライター
肺水腫のため26歳で急逝したが、没後も根強い人気を誇り、特に平成3年リリースのシングル「I LOVE YOU」は、多数のミュージシャンによってカヴァーされている。尾崎裕哉は息子。

概要

1965年11月29日生まれ、東京都出身。青山学院高等部中退。
1983年にアルバム「十七歳の地図」とシングル「15の夜」でデビュー。
偏差値教育や受験戦争に違和感を覚え、その影響から若者挫折反感社会への反発と怒りをこめた楽曲を発表し「若者のカリスマ」、「十代の教祖」と呼ばれるようになった。
特に代表作「15の夜」の「盗んだバイクで走り出す」というフレーズは有名。

しかしながら、1990年代以降の日本少子化も手伝い学校が落ちついており、かつての「校内暴力」といった非行不良がダサいと見なされ出してもいた。よって彼の歌のような不良や反動は支持されず、むしろDQN中二病として軽蔑や嘲笑の対象になりがちでもあった。
なお、尾崎本人は登校拒否を続けていても、当時競争率20倍の陸上自衛隊少年工科学校(現在の高等工科学校)の一次試験に合格し、最終的に青山学院高等学部に進学した優秀なエリートである。父は自衛官であった。

1987年のライブ中に倒れコンサートツアーは中止となり、同年12月に覚醒剤使用で逮捕された。中止となったコンサートツアーには日本武道館公園も含まれていた。

1989年に長男が誕生してからはの内面を描いた楽曲やラブソングも著すようになった。

1992年4月25日死去。26歳という早すぎる死に数多くのファンが涙した。
4月30日に護国寺で行われた追悼式では雨の中、37500人ものファンが詰めかけた。
またこの年、自身初の日本武道館公演も予定されていたが、実は少年時代に試合で武道館のの上には上がったことがあった。


関連タグ

吉川晃司 岡村靖幸 藤井フミヤ:同年代の盟友
尾崎裕哉:歌手となった一人息子。歌声が父親に生き写しと話題に

関連記事

親記事

シンガーソングライター しんがーそんぐらいたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「尾崎豊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 619753

コメント