ピクシブ百科事典

GACKT

がくと

日本の男性シンガーソングライター、俳優、声優。
目次[非表示]

別名は神威楽斗(かむいがくと)。ファンからの愛称は『がっくん』『がくちゃん』と様々。
自身が生み出したVOCALOIDがくっぽいど/神威がくぽを知る人からは中の人という意味で『父上』とも呼ばれる。
本人の一人称は『僕』『がくちん』など。ちなみに意外にも出身は沖縄県

概要

1973年生。生年に関しては以前は「450歳」とかネタ設定もあったのだが、現在は実年齢を公表している。幼少期に沖縄で暮らし、その後は関西に移住(ごく稀にTVのトークでも関西弁の片鱗が出ることがある)。
もともとはドラムを習っており、基礎から教室に通ってやっていたため、後にMALICEMIZER時代に本職のドラマーであるkamiに基礎練を教えたこともある。
京都を中心に活動したCAINS:FEELというインディーズバンドでドラムをやっていたが、CAINS:FEELの最初のヴォーカリストが脱退したのを機にヴォーカルに転向。1995年にMALICEMIZERの2代目ヴォーカルとなる。
1999年にMALICEMIZERを脱退。理由については当時音楽誌で所属事務所などとの軋轢を語っている。その後はソロ活動に転向し、俳優やタレント業にも進出。
ライブでのこだわりがすごいことで有名で、安全面からぶら下がれない舞台でも交渉を重ねて無理やりぶら下がったり、東京ドームで乗馬して大赤字を出すなどの逸話を持っている。
(ちなみにその時の乗馬っぷりを認められ、大河ドラマ風林火山』のオファーがきたらしい)
バイトの係員にさえライブの世界観に合わせた衣装を着用させたり、対バンライブでのゲスト出演でさえ大量のダンサーを引き連れるなど、とにかく徹底している。

以前から様々なCMに出演しているが、味覚糖などのCMでは美形が台無しな面白役を演じることが多く、本人がガンダムを筆頭にかなりのアニメ・漫画好きな事、及びバラエティ番組などでかますトンデモ言動などから残念な美形」「美しき馬鹿」と呼ばれることも。
その上裸族

格付けチェック

この様に常になにかしらの「伝説」を作ることでも有名で、特に正月特番の『芸能人格付けチェック』にて09年・10年・12年~15年と出場し、合計36問連続正解かつ六連覇達成記録を打ち立てた事が一番有名である。ちなみに2009年ではまさかの一人勝ち
しかしそんなスゴすぎる記録故か、彼とチームを組んだ相手はGACKTの連続正解更新をストップかつ一流の椅子からふるい落としてはならないというある意味ランク落ちよりも恐ろしいプレッシャーがかかってくるため、一緒に出てくれる相手が見つからなくなりそうなのが本人(と番組スタッフ)の悩みだそうな。(実際、2017年では彼自らオファーを何人かに入れた所全部断られたらしい)
一方当人にとってもプレッシャーになっているらしく、収録時期になると胃が痛くなる、10円ハゲが出来るなどの症状まで出ている。

2016年の格付けチェックは若手ジャニーズと参戦。この年からは「GACKT様が部屋へ来れば勝ったも同然になる現象」を避けるため、彼専用の正解部屋を用意し、入室後は完全モザイクをかけ、格付けマスターが入るまでは視聴者にも出演者にも結果が分からないという演出が施された。ところが、GACKT様の解答権のない問題でこの二人が不正解を選択し、「チームとしての」連勝記録が39で止まり、普通芸能人に落ちてしまうという異常事態が起こってしまった。(しかも当の本人はちゃんと正解していた)。このまさかの展開にGACKT様も一時的メンタルズタボロ状態に陥ってしまったが、次の問題をものの見事に正解し一気にメンタル回復、そして最終的には「個人としての」連続42連勝記録を打ち立てた。やはりGACKT様はGACKT様であった。
(しかもその次の問題がGACKT様が二番目に苦手な盆栽で、これには出演者が総立ちして見守る事態が起きた)

2017年のペアの相手はホリエモンこと堀江貴文「個人としての」連続連勝記録は48に伸ばしたが、2016年の時と同様、GACKT様の解答権のない問題でホリエモンが1問不正解を選択したため、最終結果は2年連続の普通芸能人となった。同年4月4日に放送の「常識チェック」にも途中から参加し、答えた3問とも正解したが、団体戦・連帯責任による出演者全員格下げを食らって画面から消えちゃった
これには流石のGACKT様も憤慨したのか「何しに来たんだ俺…」とボヤいている。

2018年は本人が尊敬してやまないX JAPANYOSHIKI氏と参戦(本人曰く「5年前から出演をお願いしていた」との事でYOSHIKI側も興味を持っていたがレコーディングのために断っていた。なお、今回はレコーディングより優先した。この年はYOSHIKI氏にも専用部屋ルールが適応された。そして結果は二人揃って全勝、彼自身は個人連勝記録を55に更新。例の苦手な盆栽問題もなんとかクリアしている。

2019年格付けもYOSHIKI氏と参戦。この年は前半まで余裕があったのか、専用部屋でYOSHIKI氏と自撮り大会を繰り広げるというなんとも可愛らしい光景が見られた。(ちなみにこの時撮った写真と動画は、実際に両者のTwitterおよびInstagramに投稿されている) その後最終の牛肉問題で若干迷いはあったもののやはり二人とも安定の全問正解。GACKT様は個人連勝記録を58に更新した。

余談だが、GACKT様は盆栽問題と並んで甘いものが大の苦手という事実が当番組で発覚しており、毎回挑戦する前に「おもてなし」として出されるお菓子 (当然一流芸能人用なので恐らくはそれなりの銘店のもの)に手をつける事が全くない。
スタッフはそろそろ気づくべきではないだろうか…

2020年格付けは2015年にもコンビを組んだゴールデンボンバー鬼龍院翔と再びペアを組み、第2問『吹奏楽』にて鬼龍院が解答権を持った。
ここで事件が発生する。
多くの解答者がBと答える中、ただ1人Aを選択した鬼龍院。答えはBだった。
他の問題で間違えるならまだしも、自分が本職としている音楽の分野で不正解という歌手としてあるまじき行為をやらかしてしまった。
当のGACKT様は、鬼龍院が解答を考えている最中から「嫌な予感がする」とスタジオから一時退室。答えが発表された瞬間スタジオの外で「クソっ!!!!」と大声をあげた。
こうして2人は普通芸能人へと格下げされ、正解者が喜んで正解者用の扉から帰ってくる中、鬼龍院は1人不正解者用の扉から小走りで出てきてGACKT様の前にスライディング土下座をした。
その後一時撮影の休憩時間となったのだが、2人はスタジオのセットに残りGACKT様のお説教が始まった。
「ここで間違う?」 「ミュージシャンだぜ お前」
などなどたっぷりお説教をくらった鬼龍院はすっかり縮こまってしまった。
※この時に限らず、自チーム他チーム問わずGACKTは音楽問題でミュージシャンが間違う事には非常に厳しい。過去には他チームのDAIGOも音楽問題間違えた(上に蘊蓄たれた)のを見て「あいつミュージシャンやめた方がいい」と批判している(ちなみに鬼龍院にも言っている)。

その後は2人で解答する問題が続き、昨年同様専用部屋で2人で自撮りをする様子が見られた(当然昨年のような和やかさはない)。

そして最終問題。解答権は鬼龍院翔にあった。
今回の問題は【肉】で選択肢は3択。そのうち1つは外したら絶対にありえへんな肉で、その肉を選んだら即『映す価値なし』に格下げされてしまう。
先程の失敗で緊張する鬼龍院にGACKT様は「もし『絶対ありえへん』を選んだら、僕がこいつを消します」と追い討ちをかけた。
当の鬼龍院翔はパニックのあまり番組のシステムをド忘れするほど追い込まれていたが、一流を獲得した事がある大御所二人が見抜けなかった『絶対ありえへん』肉を見抜くことは成功した。
残された2つの選択肢で、鬼龍院は過去の格付けでGACKT様が牛肉を正解した時の判断基準を思い出し、それを頼りに選択肢をひとつに絞った
しかし、再び誰もいない部屋へと行ってしまい不正解。
2人は三流芸能人へ格下げされてしまった。
番組冒頭ではGACKTへのインタビューがあったのだが、この時GACKT「知識はアップデートしなければならない」と語っており、皮肉にもその発言の通りになってしまった。
格付け部屋から恐る恐る戻ってきた鬼龍院に対し、「まぁ人生色々あるわな」「いや大丈夫 何が悔しいってお前のことじゃない。あまりの桐谷の嬉しそうな顔がムカつく」と責めるようなことは言わなかった。
この年でGACKT様は個人連勝記録を62に更新した。

俳優・声優活動

本業はミュージシャンだが近年では俳優・声優としても活躍。
特に俳優業は音楽同様徹底した役作りを行い、準主役上杉謙信を務めた大河ドラマ『風林火山』では、従来の剃髪に白頭巾というイメージを覆した、長髪に狩衣という今までにはない上杉謙信を見せた。
この時のプロデューサー繋がりで、アニメ『殿といっしょ』でも上杉謙信役を演じている(ただしこちらは生粋のギャグだが…)。

声優として一番有名なのは機動戦士ガンダム エクストリームバーサス
ラスボスエクストリームガンダムを駆るex-役を演じている。
さらに、ゲームDIRGE of CERBERUS -FINAL FANTASY VII-に関しては実写で出演した(Gと呼ばれるその人物の正体は、CCFF7で明らかになる。)

頭文字Dを原作としたセガのアーケードゲーム『頭文字D ARCADE STAGE』のファンでもあり、2012年に「筐体ごとくれ」とセガに言ったがセガ側から「なにか見返りになるものを」と言われたため頭文字D ARCADE STAGE 7 AAXにて「情熱のイナズマ」(白露-HAKURO-(ドラマ版戦国BASARA主題歌)のカップリング)が提供された。

hydeとの関係

GACKTを語る際に最も欠かせない存在がL'Arc-en-Cielのヴォーカリスト、hydeである。
彼とは自身が監督、主演を努めた映画『MOONCHILD』での共演をきっかけに交友関係となる。
しかしGACKT本人がある雑誌の取材で彼との関係を「キス仲間」と称するなどただの友人なのかどうかはかなりうやむやである。

またガンダム繋がりでT.M.Revolution/西川貴教とも仲が良い。→西ガク
2014年正月スペシャル格付けチェックでは「チームアーティスト」として出演し、正解した時には抱き合って喜ぶなどの仲の良さが見られた。またGACKT様自身がつけたあだ名『毒キノコちゃん』はファンの間では有名。
またゴールデンボンバーの鬼龍院翔とDAIGO舎弟と称している。特にDAIGOの方は共演を通じて奥さんとも仲良し。

主な出演

声優

屍鬼(桐敷正志郎)
SKETDANCE(伊達聖士)
ドラゴンネスト(ベルスカード)
EXVS(ex-(エクストリームガンダム)
DIRGE of CERBERUS -FINAL FANTASY VII-(G)
CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-(ジェネシス容姿のモデリングも兼用)
『TRICKSTER-江戸川乱歩「少年探偵団」より-』(怪人二十面相)

俳優

仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー(結城丈二)
※仮面ライダーディケイドでは本編、劇場版とも主題歌を担当。
風林火山(上杉謙信)
Mr.BRAIN(竹神貞次郎)
テンペスト(徐丁垓)
戦国BASARA(織田信長)
悪夢ちゃん(志岐貴)
タイムスパイラル(辰巳愁夜)
翔んで埼玉(麻実麗)

関連タグ

hyde 上杉謙信 MALICEMIZER がくっぽいど/神威がくぽ 頭文字D ARCADE STAGE

関連記事

親記事

シンガーソングライター しんがーそんぐらいたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「GACKT」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 821766

コメント