ピクシブ百科事典

怪人二十面相

かいじんにじゅうめんそう

江戸川乱歩の少年探偵団シリーズに登場する架空の怪盗。

そのころ、東京中の町という町、家という家では、
ふたり以上の人が顔をあわせさえすれば、
まるでお天気のあいさつでもするように、怪人「二十面相」のうわさをしていました。
(江戸川乱歩『怪人二十面相』冒頭)

 江戸川乱歩の少年向け作品「少年探偵団シリーズ」ほぼ全巻に登場する怪盗。当初「怪盗二十面相」となる予定だったが、「盗」の字が少年向けに不適切とされ、「怪人」になった。
 同シリーズは第一作の題名も「怪人二十面相」であり、その活躍やダークヒーローとしての人気から、真の主役としても過言ではないかもしれない。
 「紳士的怪盗」とも呼ぶべき典型を確立・一般化したキャラクター、乱歩の言う「今一つの世界」の象徴とも言いうるだろう。

設定

 変装の名人。老若男女を問わず変装でき、至近距離でも見破れない。「二十面相」という名前も「二十の異なる顔を持つ」という意味。変装が上達したとして一時期「四十面相」を名乗るが、数巻で元に戻った。ちなみに、シルクハットや黒マント等のイメージは挿絵によるもので、本文中には見られない。アジトでくつろいでいる場面では金モールで飾られた将軍のような服がお気に入りのようである。
 その変装のバリエーションを研究者が数えたところ全111種類に及んでいる。
 盗品による美術館の創設を念願としており、原則として美術品だけを盗む。また、盗む際には犯行予告を行う。しかし、シリーズ後半になると、様々な怪物宇宙人に変装(?)し、世間や少年探偵団を騒がせる事が目的としか思えない愉快犯的な行動が多くなる。
 流血沙汰が嫌いとされ、実際に窮地の小林少年を助けた事もある。しかし、シリーズ後半の幾つかの巻では一部の人間に対して殺意を明確に示しており、二十面相複数説の根拠の一つとなっている。
 反戦主義者のようで戦争による大量殺人より人を傷つけず美術品を愛する自分達の方がましだと主張している。居直りのような気もするが。
 ある巻で明智小五郎に本名や出自を暴露されるが、全巻共通の設定なのか否かは不明。
 巻末で捕縛されるか絶体絶命の状態に陥るが、次の巻では平然と登場する。脱獄の様子は一度だけ描かれた。ある巻では警官隊に包囲された鉄塔から投身自決しており、これも複数説の根拠となっている。
 明智小五郎が評したところでは明智と互角の能力の持ち主。その割にはいつも明智にしてやられているが……

 ポプラ社版旧全集に収められた大人向け作品のリライトには本来別人である悪役キャラクターを二十面相に書き換えたものもあり、残虐な行為を平然と行う悪人二十面相が登場してしまっている。

主な派生作品

 少年探偵団シリーズは何度も映画・ドラマ・漫画化されており、アニメ・ゲーム化も一度づつある。
 北村想『怪人二十面相・伝』と続編『怪人二十面相・伝 青銅の魔人』は、怪人二十面相を主人公として乱歩の原典を再解釈した作品。『K-20 怪人二十面相・伝』として映画された。
 パロディ・オマージュ・ネタは無数にある。pixiv百科事典の記事では、CLAMP20面相におねがい!!』、小原愼司『二十面相の娘』、『探偵オペラミルキィホームズ』(トゥエンティ)が確認できた。
 また、作品ではないが、グリコ・森永事件の犯人は「かい人21面相」と名告っていた。ちなみに、乱歩が現実の犯罪を嫌っていた事は言うまでもない。
 その他、江戸川乱歩明智小五郎の項も参照。

pixivに投稿された作品 pixivで「怪人二十面相」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 123496

コメント