ピクシブ百科事典

明智小五郎

あけちこごろう

江戸川乱歩作品に登場する探偵。
目次[非表示]

江戸川乱歩が創作した探偵日本を代表する名探偵

概要

 大正14年(1925年)発表の『D坂の殺人事件』で初登場。この作品では、服装や居室の整理に気を配らない貧書生風の奇人として描かれており、後に横溝正史が創作した金田一耕助のイメージに近い。乱歩自身は単発の登場人物と考えていたが、周囲の評判が良かった為、続く『心理試験』や『屋根裏の散歩者』等に登場した。物的証拠より心理的証拠を重視する傾向が強い。
 乱歩が通俗長編を書くようになると、明智小五郎も現実離れした活劇調のスーパーヒーローと化していく。服装も紳士然としたものとなり、近代的なアパートに自宅兼事務所を構えるようになる。『吸血鬼』では『魔術師』で出会った女性と結婚し、小林少年を助手としている。外国の有名な某怪盗や、文字通り半獣半人の怪物(人間豹)とも対決した。
 更に、少年探偵団シリーズでは、怪人二十面相達に立ち向かう小林少年と少年探偵団を助ける頼もしい名探偵、終盤に姿を現わして怪人達を一網打尽にする一種のデウス・エクス・マキナ的存在となった。

主な派生作品

 映画・ドラマ・舞台化が多数ある。
 前述した「金田一耕助との類似」に関して、芦辺拓パスティーシュ小説『明智小五郎対金田一耕助』があり、『金田一耕助VS明智小五郎』としてTVドラマ化もされた。ちなみに、乱歩・横溝両者の遺族・関係者に公認されている。
 名探偵の代名詞にもなっているため、パロディ・オマージュ・ネタも無数にある。pixiv百科事典の記事では、『探偵オペラミルキィホームズ』(明智小衣小林オペラ)、サクラ大戦物語明智小次郎)、『ペルソナ5』(明智吾郎)が確認できた。
 その他、江戸川乱歩怪人二十面相黒蜥蜴の項も参照。

外部リンク

明智探偵事務所

pixivに投稿された作品 pixivで「明智小五郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66647

コメント