ピクシブ百科事典

黒蜥蜴

くろとかげ

江戸川乱歩の小説。三島由紀夫による同作の戯曲化。両作に登場する女賊の通称。

乱歩奇譚」の登場人物については「黒蜥蜴(乱歩奇譚)」、
文豪ストレイドッグス」に登場する団体については「黒蜥蜴(文豪ストレイドッグス)」を参照。

小説

 江戸川乱歩が「日の出」1934年1月号から12月号まで連載した長編小説。左腕に黒い蜥蜴刺青がある美貌の女賊「黒蜥蜴」と名探偵明智小五郎が、「恐ろしくトリッキイでアクロバティックな(by乱歩)」対決を繰り広げる物語。対立する両者が互いに惹かれあっていくというロマンティックな展開から、乱歩の通俗長編の中でも人気の高い作品である。現在は青空文庫でも公開されている(作品ページ)。

戯曲

 三島由紀夫が「婦人画報」1961年12月号に発表した、乱歩の同名作の戯曲化。大筋は原作と同じだが、舞台や脇役の設定が変えられている他、「会話は三島式警句の連続(by乱歩)」となり、黒蜥蜴と明智の精神的同質性が強調されている。翌年にサンケイホールで初演され、黒蜥蜴役に水谷八重子(初代)、明智役に芥川比呂志。近年では美輪明宏の主演・演出する舞台が有名。

関連記事

親記事

江戸川乱歩 えどがわらんぽ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「黒蜥蜴」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 118994

コメント