2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

現人神的タレント。黙れ小僧!!

御真影

グロースシャルツォグ・フリードリヒ・フォン・バーデン?
グロースシャルツォグ・フリードリヒ・フォン・バーデン?
グロースシャルツォグ・フリードリヒ・フォン・バーデン?
グロースシャルツォグ・フリードリヒ・フォン・バーデン?


美輪さん
美輪さん


グロースシャルツォグ・フリードリヒ・フォン・バーデン?
グロースシャルツォグ・フリードリヒ・フォン・バーデン?
グロースシャルツォグ・フリードリヒ・フォン・バーデン?
グロースシャルツォグ・フリードリヒ・フォン・バーデン?



長崎県出身のシンガーソングライター俳優、演出家、タレントとして知られる。
現在のお姿は上のようになっていますが、お若い頃は三島由紀夫「天上界の美」と絶賛したり、マスコミからは「神武以来の美少年」「シスターボーイ」と称されるなどその美少年っぷりが話題になりました。

若き日のご尊顔

美学


シンガーソングライターとして

近年は紅白歌合戦で披露した「ヨイトマケの唄」でシンガーソングライターとしての再評価も高まっておられます。

美輪明宏



その他 三輪さんの使徒


冗談はさておき三島由紀夫吉行淳之介野坂昭如大江健三郎中原淳一遠藤周作寺山修司なかにし礼ら文化人の支持を集め親交のあった生ける文化遺産のようなお方であります。
ゲイであることをいち早くカミングアウトなされた、日本のLGBT界の神でもあられます。

黙れ小僧!!

少年の日に見た惨状

1945年8月9日の長崎市、B-29による原爆投下によって浦上地区を中心とした凄惨かつ壊滅した恐ろしい光景は当時10歳であった明宏少年の心に深く刻まれた。当時の長崎市は異国情緒溢れるモダンな美しい街並みであったが、それが一瞬で失われたのである。そして彼も核兵器がもたらす放射能の悪影響を受け若き日に苦しんだ事もあった。
そんな悲劇を生きた経験を持つ経験者が高齢により年々少なくなっている現在でも生き証人として反戦・反核の意思を現在も抱いている。

LGBT差別を見た過去

さらに青年期にはゲイに対する世間の風当りが凄まじかった時代に体感した悲しい出来事があった。
それは若き日に働いていたお店で馴染みのあるお客さんから「自宅へ遊びにおいでよ」とお誘いがありそのお客さんの邸宅へ出掛けたら、なんとそのお客さんのところでは家族会議が行われていた。そのお客さんがいわば無理矢理な縁談を家族から押し付けられている光景を目の当たりにしたのだった。お客さんもまた同性愛者であった為に理解されずに絶望してしまい、やがてその日のうちに自ら命を絶ってしまったのだという。
同性愛の不理解が尊い命を奪った事に強い怒りを持ち、美輪さんはLGBT差別と戦い、啓蒙の道を歩んだのである。
こういった事も踏まえて侮辱語となる「オカマ」の言葉を人一倍嫌い、たとえ自身と同じ境遇の人間であっても「オカマ」を自称する人間を嫌っている。事実、某双子の兄弟とは絶縁していると公言した事もある。
その為、ソッチの気を醸し出す人物に対しては「組合の方?」とジョークを交えて聞く事もある。

その他

  • 実は水木しげるのファンであり、ソフトガレージから刊行された『妖鬼化 作画活動50周年記念出版原画集 第5巻世界編』の巻末では対談も実現した。
  • 落ち着いた佇まいに反して、童心を持ち合わせているようで、『トリビアの泉〜素晴らしきムダ知識〜』で『ウルトラマンVS仮面ライダー』が紹介された際にはその荒唐無稽さを『私、こういう馬鹿馬鹿しいの大好きッ!』と絶賛していた。



関連タグ

黙れ小僧 美輪さん CV:美輪明宏 
ゲイ LGBT ミワセウス アルセウス
もののけ姫 ハウルの動く城 ヨイトマケの唄
花子とアン・・・ナレーション

黙れ・・・ごきげんよう、さようなら

関連記事

親記事

シンガーソングライター しんがーそんぐらいたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 443502

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました