ピクシブ百科事典

葛西敬之

かさいよしゆき

JR東海名誉会長。国鉄出身。平成期の政界に強い影響力を持つ財界人の一人とされる。

1940年10月新潟県に生まれ、東京都で育つ。東京大学卒業後は国鉄へ入社し、分割民営化後はJR東海社長会長を経て現在は名誉会長を務めている。

国鉄時代は松田昌士(のちJR東日本社長・会長)、井手正敬(のちJR西日本社長・会長)と並ぶ「国鉄改革3人組」の1人として知られ、国労社会党の反対を押し切って現在の形にJRが分割された背景には、当時の中曽根康弘政権との関係をてこにした「国鉄改革3人組」の暗躍があったとされる。

JR東海社長に就任後は、ワンマン経営を推し進め東海道新幹線を徹底的に強化する路線にシフトした。葛西はJR東海の在来線冷遇の姿勢やJR他社(特にJR貨物)への敵対的な姿勢の元凶と考えられ、沿線住民や鉄道ファンから批判の対象となることが多い。一方で、東海道新幹線への集中投資により大幅な増収増益を達成し、最新型の新幹線や運行管理システムの積極的な導入を行うなど、その手腕を評価する声もある。

余談

  • 財界における代表的な保守論客の一人。フジサンケイグループ読売新聞などの保守系メディアや、自民党との関係も強い。また、民主党日本維新の会の保守系議員とも繋がりがある。
  • 政治的思想は保守。親米反中であり、日米同盟の強化を支持しているが、歴史問題ではアメリカの対日姿勢を批判している。「リニアは日米同盟の強化になる」として、リニア新幹線技術のアメリカへの輸出を提唱。一方で、中国に対する新幹線技術供与には反対した。
  • 安倍晋三を熱心に支援しており、安倍政権に強い影響力を持っている財界人とされる。第一次安倍政権時には教育再生会議委員に就任した。また、第二次安倍政権での籾井勝人のNHK会長就任は葛西の強い推薦で実現したとされる。

pixivに投稿された作品 pixivで「葛西敬之」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30

コメント