ピクシブ百科事典

Yahoo!知恵袋

やふーちえぶくろ

Yahooの提供する交流系コミュニティサービスの1つ。
目次[非表示]

概要

Yahoo!JAPAN公式サービスの一つ。ユーザー同士が自由に質問回答を投稿できる交流サイトである。2004年4月にベータ版が公開され、翌年11月に正式版のサービスが開始された。同類のサービスはYahoo!の各国語版にも存在する。

質問

トップページの「質問する」から質問投稿フォームに移動し、質問の内容を入力(全角2000文字まで・画像の添付も可能)。満足のいくBA(ベストアンサー)が得られた場合にお礼として回答者に渡す知恵コインの数、および回答して欲しい人の属性(性別、年代)を指定する回答リクエストもここで設定する。匿名での投稿も可能だが知恵コインが300枚必要となる。

質問の掲載期間は7日間で、回答がつかぬまま期限を過ぎても質問は再度掲載される。質問者はBAを選択することができ、「投票」によってBAを決めることもできる(現在はその機能は廃止されている)。質問者が何も選択しないまま期限を過ぎた場合は「受付終了」となるが、その後もBAを選択することは可能。ただし回答への返信はできなくなる。

投稿した質問に回答が付くとトップページの右上にあるユーザーのアイコンに件数が数字で表示されるようになり、質問ページにて回答者に対するコメントの投稿やベストアンサーの決定を行う。ベストアンサーが選ばれた質問は「解決済み」となり、質問投稿フォームで指定した知恵コインがお礼として回答者に支払われ、手持ちのコインから消費。以降、コメントの投稿はできなくなり、ベストアンサーの再選定も不可能となる。

回答

検索フォームからの検索結果や「あなたにおすすめのQ&A」、各種ランキングなどに表示される質問ページを選択し、回答投稿フォームに回答内容を入力(画像も添付可)。投稿した回答内容についての補足や質問者からの返信に対しての回答は可能だが、同じ質問に対して2回以上回答することはできない。また、「投票受付中」「解決済み」になると返信内容の取り消しができなくなる。回答した内容に対して質問者からベストアンサーに選ばれると質問は解決済みとなり、質問者がお礼として設定した知恵コインが手持ちの数にプラスされる。

問題点

知恵袋は15年以上の歴史があり、多くの利用者と膨大な情報量ゆえに重宝され、そして以前では面白い質問や質の高いネタ回答の類が話題になったりした。しかしながら現在は、質問になっていない荒らし釣り煽り、(本来ならば自分でやるべき学校の)課題・宿題の丸投げ(解答のヒントや考え方を質問するならまだしも、○○の解答を教えて下さい、レポートの内容を代わりに考えてくださいなど『何の為に学校行ってんの?』と言いたくなるような質問があまりにも多い。特に夏期、冬期の長期休暇前にはその種の質問が林立する傾向にある)、知恵コイン稼ぎ目的での回答になっていない回答、アニメや特撮のエア視聴と思われる物、懐古厨、質問者への罵倒や高圧的な意見、業者による広告的な利用、特定の人々や特定の職業に従事する人々への差別やヘイト、誤解を招くような印象操作、有名人などに対する誹謗中傷アンチ活動にあたる質問・回答が増えすぎており、かつての2chのような場になってしまった。(現在は後述にあるような問題が顕在化しており、それ以下とすらいえる状態)

そのため良心的なネットユーザーが離れていき、新たな投稿数や閲覧数も昔に比べて伸びにくくなっており、過疎化が囁かれている。どのカテゴリも荒れ放題で質の低下が深刻化している。それに拍車をかけたのがID非公開と返信機能、ブラックリスト登録機能の悪用である。

返信機能についてはもともと質問者が回答内容が不十分だった場合、さらに詳細な回答を個別に回答者に求める為に実装されたのだが、返信できる回数に制限がなく、質問が解決済みになるか受付終了にならない限り無限に返信し続ける事が出来る為、「質問に対する回答、それについての補足質問と回答」ではなく「質問者VS回答者の議論」になってしまうことが多々あり、Q&Aサイトとしてのそもそもの存在意義を無くしてしまっている。双方がきちんと「議論」の体裁を守って、冷静にやり取りしているなら、まだ有益と言えるが、そんな利用者ばかりなら、上記のような問題は起きない。

ID非公開機能はその名の通り、IDが非公開になる機能である。(というか、そもそもIDなんだから、匿名性は担保されてるのにさらにそれを非公開にする意味が分からない、という意見は実装当時から一定数ある)
勿論、特定利用者に対する荒らしや粘着を防げるのでそれ自体は有益な機能ではあるのだが・・・。

知恵袋ではIDをクリックすると、その利用者の個人ページを閲覧でき、過去にどのような質問をしたのか、どのような回答をしているのかを見る事が出来た(現在は廃止。これもまた荒らしや釣りが跋扈する一因になっている)。それによってその利用者の為人(釣りや煽りや荒らし、ステマが目的なのか)をある程度事前に把握できたのだが、ID非公開が導入されたことにより、その種の利用者は素性(というと語弊があるが)を知られることなく、荒らしやステマ活動が行えるようになり、知恵袋の質の低下の加速に一役買うこととなってしまった。

ブラックリスト登録については、ID非公開とともに本来荒らしや粘着を防ぐ目的で実装され、正しい使い方をする限りは有益な機能なのだが、一方で下記のような致命的な問題点を抱えており、未だに改善はされていない。

気にいらない回答や自分の意にそぐわない回答(たとえそれが正しい回答であっても)をした回答者、あるいは自らの質問の不備や違反行為などを指摘してきた回答者を返信で一方的に罵倒、直後にブラックリスト登録して反論できなくする(登録されるとその質問に対しては同じIDでは以後の返信ができなくなる。つまり登録した側はされた側を罵倒し放題になり、された側は回答を取り消すか、わざわざ新たなIDを取り直して回答なり反論するしかなく、最悪イタチごっこになる)ということが普通に起きる。

さらには気に入らない回答をした回答者を(答えが正しかろうが正しくなかろうが)わざとBAに選んで、お礼コメントで罵倒・中傷して逃げる輩も後を絶たない。(お礼コメントについては一度書かれてしまったらどうやっても反論できない)

こんな正気の沙汰とは思えない卑怯極まりない行為や本来、利用者を保護する為であるはずの匿名性の担保を逆手に取った悪質行為が日常茶飯事で横行し、運営がそれをほぼ黙認しているのだから、利用者のモラルの低下や、荒らし行為が起きない方が不思議である。

後、一概には問題、とは言えないのだが、BAを質問者の『任意』で選べるため、それが間違っている回答でもBAになってしまうことがしばしばある。「意見募集系」の質問なら、質問者の納得できた意見がBAになるのは当たり前であるのだが、(むしろそれについては文句を言う方がおかしい。一概に問題とは言えない、としたのはこの為)法律や医療など、実際にBA回答の通りに行動したら、問題にならないわけがないような回答が質問者が一番納得できたから、とBAになってしまうことも少なくなく、「知識を共有する」という知恵袋本来の趣旨からすれば、看過できない欠点も露呈している。これについて運営は「回答の信ぴょう性は保証しない=何が起きても自己責任」としている。

もっとも最盛期に比べれば過疎化してきているといえ、それでも1カテゴリに付き一時間あたり数百~多ければ千件以上寄せられる質問に対する回答の正誤を逐一精査して対応しろ、というのも無理な話ではあるのだが・・・。

くわえて利用登録に際し、個人情報を入力する必要があるのだが、別に本人確認書類などの提出が義務付けられているわけではないので、名前から年齢から性別、職業までデタラメ書き放題である。それ自体は問題ないが(そもそも匿名性が売りのコミュニティなのだから)、一方で弁護士や医師など「難関系の国家資格保持者」を詐称する輩が跋扈する原因ともなっている。(ちなみに弁護士を詐称するのは軽犯罪法違反、弁護士を名乗って質問に回答する行為が非弁行為に当たるかについては、非弁行為は報酬を得る目的でなければ成立しないので、回答=直ちに弁護士法違反にはあたらないが、医師については医師を詐称すること自体が医師法に違反し、軽犯罪法違反よりも重い刑事罰の対象になる)

こうした状況に対し、知恵袋の運営も、複垢を大量作成できないようにしたり削除基準を大幅に引き上げたり(またこの基準が不明瞭。同じ文言でも削除されたりされなかったりする)等の対応してはいるものの、知恵袋ユーザーのモラルは向上していない。現在ではTwitterLINEなど多様なSNSが普及したことにより知恵袋の重要性は低下した。正確な統計は不明ながら、若年層はSNSを好む傾向があり、逆に知恵袋に利用し続けているユーザー層は高齢者が多いとも言われている。



Yahoo!知恵袋 - みんなの知恵共有サービス

関連記事

親記事

Yahoo!JAPAN やふーじゃぱん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Yahoo!知恵袋」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15177

コメント