ピクシブ百科事典

闇王ギル

やみおうぎる

闇王ギルとは、『救急戦隊ゴーゴーファイブVSギンガマン』に登場する怪人にして災魔兄弟の本当の長男。
目次[非表示]

CV:大友龍三郎

概要

「闇」の属性を持つ闇地獄の支配者にして大魔女グランディーヌの息子。災魔兄弟の本当の長男で、冥王ジルフィーザの兄にあたる。
赤ん坊の身で母であるグランディーヌの命を狙う謀反を起こし、その結果ピエールによって頭陀袋の中に詰め込まれ、無数の闇の亡者がいる闇地獄の中へと突き落とされた。
しかし、それで死亡するどころか闇の亡者の頂点に君臨し、闇地獄の王となって復活。
髑髏を思わせる醜悪な外見をし、闇の亡者と呼ばれる戦闘員を引き連れている。
グランディーヌ以外で彼を認知しているのは呪士ピエールと彼に接触した龍皇子サラマンデスの二人のみで、コボルダディーナスは存在すら知らなかった。
かつて世話をしていたピエールも「恐ろしいお方」と震え上がっている。なお当のギルは自らの体内に流れる災魔の血を「呪わしき血」と呼んで忌み嫌っている。
サラマンデスからは「地上を焼きつくした暁には地上の王にする」と契約を交わし(当然、サラマンデスに約束を守る気など無く、事が済み次第グランディーヌの力で闇地獄へ強制送還する手筈となっており、コボルダやディーナスも謀反人である彼を兄などとは思わなかった)、暗闇獣と呼ばれる巨大怪獣を復活させる為、とあるホテルの一室をアジトに、そこを訪れた客を生贄として血液を収集し、ピラミッド型の装置の中に集めていた。
ギンガマンのアース技以外の攻撃を受けても無限に再生する亡者を無数に連れている為、ギンガマンと合流する前のゴーゴーファイブをも苦戦させた。

ゴーゴーファイブとギンガマンが合流した後も剣を武器に驚異的な戦闘力で苦しめたが、 生贄の血があと一人分足りず、ゴーレッドが放ったVモードパンチで大ダメージを追う。
その後、剣で自らの体を貫き付着した血を最後の生贄分とし暗闇獣に捧げて滅び去った。

余談

彼の起こした謀反が切っ掛けでグランディーヌは非情な毒親と化し、忠誠を誓う弟、妹達の運命を大きく狂わせる元凶となった。
スーパー戦隊VSシリーズでは初めて前年度の戦隊敵勢力に関わる敵キャラが登場しなかった本作だが、それに加えてグランディーヌの人格形成、ひいては本編終盤の展開に影響を及ぼした災魔兄弟の真の長男であるギルがメインの敵を張っている点から、本作は「災魔一族側の第0話」とも言うべき側面も担っていると言えよう。

声を担当した大友龍三郎氏は昨年の『星獣戦隊ギンガマン』にて怒涛武者の声を担当しており、スーパー戦隊シリーズへの出演は3年連続となる。また、翌年の『未来戦隊タイムレンジャー』にてドン・ドルネロの声でレギュラー出演した。
さらにVSシリーズのゲスト怪人繋がりでいえば、「デカレンジャーVSアバレンジャー」にてギンジフ星人カザックの声も担当した。

関連項目

災魔一族 闇属性 全ての元凶

戦隊VSシリーズ敵キャラリンク

グレゴリ艦長/魔獣ゲルマディクス/ヒズミナ→闇王ギル/暗闇獣/闇の亡者殺人ボクサー・ボリバル/合成災魔ボリピエール

バッカス・ギル:『特命戦隊ゴーバスターズVSゴーカイジャー』に登場する、本編に登場した首領&幹部親子(こちらは前年度の作品)の血縁者にして、名前に「ギル」を含む繋がりの戦隊怪人の後輩。こちらの登場作品も小林靖子が脚本を担当している。

関連記事

親記事

災魔一族 さいまいちぞく

子記事

兄弟記事

コメント