ピクシブ百科事典

キン肉アタル

きんにくあたる

キン肉アタルとは、ゆでたまご作の漫画『キン肉マン』および『キン肉マンⅡ世』に登場する超人。
目次[非表示]

あきらめるなスグル…!!

私がついている!!

概要

CV:千葉繁(王位争奪編)、竹本英史(Ⅱ世)

初登場は、キン肉星王位争奪編『ソルジャー登場の巻』。キン肉マンことキン肉スグルの実兄で、キン肉星王家の長男。超人強度108万パワー。
名前の由来は、キン肉スグルが日本の野球選手「江川卓」であるため、彼の弟「江川中(アタル)」から名付けられたと思われる。


幼い頃に、両親のスパルタ教育に耐え切れなくなり家出したため、アタルの存在は真弓夫妻と極一部の側近以外には病死と言う形で隠匿され、弟・スグルにも知らされていなかった。
(後にロビンマスク息子ケビンマスクも似たような理由で家出してしまっている)

しかし、弟・スグルの闘いをずっと見守っており、スグルの火事場のクソ力が邪悪神によって封印された事や、正義超人たちの友情が、他人に依存しすぎて一人では何もできないただの馴れ合いになっていると感じたアタルは、
彼らに喝を入れ、馴れ合いを捨てて個々の自立心を尊重し合う『真・友情パワー』を伝授するべく行動を開始。
自らのマスクと引き換えに、倒したキン肉マンソルジャーソルジャーマン)に成りすまし、キン肉星王位争奪サバイバル・マッチで25年ぶりに姿を現した。

経験豊富な先輩超人として、キン肉スグルはもちろん他の正義超人たちからも一目置かれる存在。
正体発覚後は「アタルさま」と最大限の敬意を表して呼ばれていた。
馴れ合いではない真・友情パワーを提唱し、火事場のクソ力の原型ともいえる「業火のクソ力(アニメでは元祖・火事場のクソ力)」を持つ。

なお、「キン肉マン77の謎」によれば家出したのは若干9歳の時だったらしい。
王位継承者としてのスパルタ教育はかなり厳しかったそうだが、そのおかげもあってか9歳にしては体も大きく(ハイスクール入学時点で母・キン肉小百合の身長を追い越している)、フェイスフラッシュ肉のカーテン、「業火のクソ力」なども早くからひと通り習得。
飛び級でキン肉星のハイスクールに合格しているなど、弟・スグルが遅咲きの天才なのに対し、早熟の天才であったことが伺える。
そして(仮にも)超人強度一億パワーを誇る本物のソルジャーとそのチームメイト達を、誰の力も借りずにたった一人で全て倒したり、超人預言書とマンモスマン邪魔が入らなければスーパーフェニックスを完全に倒せていた事から、
あらゆる超人の中でも最強クラスの実力者である事には違いないだろう。
同じく劇中トップクラスの実力者であるマンモスマンでさえも、アタル相手では(ナパーム・ストレッチの妨害以外では)ほとんど手も足も出ず一方的にやられていた。
もしもシングルマッチで対戦していた場合、マンモスマンは惨敗していたと思われる。

しかし、それでも当時のアタルがまだ9歳の少年に過ぎなかったのも事実であり、自由に遊びたい盛りであった彼が、異常なまでの束縛や、次期王位継承者のプレッシャーに耐え切れず、出て行ってしまうのも、仕方のなかった事なのかもしれない。
その点に関しては、スパルタ教育を受けず、幼少期はアタルよりも自由に生きられた弟・スグルの方が、多少は幸運だったのかもしれない(尤もと間違われて地球で孤児になってしまったと、やはりこちらもかなりの不幸であったが…)。

その完全無欠に等しい強豪ぶり故に、続編の『キン肉マンII世』でも、前作に全く劣らない強さを維持しながら悪行超人達と過酷な戦いを続けており、王位を継承しないながらも兄の偉大さを読者達に見せ付けている。
また、本来のマスクはソルジャーに扮する以前に捨てている為(後の設定でキン肉族は一度選んだマスクは同じデザインのものを一生付けなくてはならない為、この時点で王位継承者の地位を完全に捨てた事になる。)、現在もアタルはキン肉マンソルジャーとして活動しており、身内や過去に共闘した者達以外では、現在のソルジャーがキン肉マンの兄で王族である事は気付かれていない模様。

なお、スグル本人は正体発覚前からアタルに関して本能的に感じるものがあったようで、彼の忠告を腰を抜かしながら素直に聞いていたり、彼が痛めつけられているところを見て悔し涙を流してさえいた。
(更にアニメでは、マリに「強い兄貴が現れて、おれを助けてくれる」という夢を最近よく見ると告白している。そしてその夢は正夢であった。
真弓が兄の正体を打ち明けた直後は、自分に兄がいた事へ少し衝撃を受けたが、すんなりとアタルの事を兄と受け入れている。

作者・ゆでたまごは当初はビッグボディら同様捨てキャラのつもりだったが、迷彩服が気に入り、重要キャラに変更したとの事。
そしてちょうど「キン肉マンの兄」と言うキャラを出したかった事、運命の5王子を考えていくうちにキン肉マンの仲間を引き込み、より王位を継承するのにふさわしいカリスマ性溢れたキャラとしてデザインし、キャラクターが固まるまで時間がかかったという。
しかし、その苦労もあり、描いているうちに次第に感情移入し、王位争奪編シリーズの中では彼らの試合が一番思い入れが強かったと語る。

なお、彼が牧師に扮して強盗(ボックマン)から人質子供を救出する場面は映画七人の侍』の主人公に扮してならず者から人質を救出する場面が元ネタと思われる。
さらに言えば、『七人の侍』のその場面は「本朝武芸小伝」の上泉信綱のエピソードが元ネタである。


得意技

  • ナパーム・ストレッチ

アタルのオリジナル技。相手を空中でカンパーナ(釣鐘固め)の体勢に捕らえ、そのままマットに胸部を激突させる。富士山で特訓中だった本物のキン肉マンソルジャーを含む残虐チーム5名全員をこの技で葬った。
ちなみに上記の強盗・ボックマン相手でもこの技を使っているが、この時は手加減していたようでボックマンは一命を取り留め、その後は改心して真面目に働いているとの事である。
弱点らしい弱点もなく、劇中ではマンモスマンの妨害がなければスーパーフェニックスをもK.O.できていた為、恐らくシングル技としての完成度は最高クラスである。

ナパーム・ストレッチ



キン肉族三大奥義のひとつマッスル・スパークの50%版。空中で相手を丸め込み、自身はブリッジの体勢で相手の腕と足を捕らえ、背中と後頭部をマットに激突させる。
残念ながら肉体が半分ほど消滅していたため、スーパーフェニックスを倒せるには至らなかったが、ロビンマスクやラーメンマンでさえも「完璧な殺人技」と心底戦慄させた。
キン肉マンII世では「マッスル・スパーク”地”」と呼ばれている。

地獄車(残り使用回数1)



キン肉マンの火事場のクソ力の原型とも言える技。一時的に身体機能を回復させ能力を限界まで引き出す。

♦



その他、上記のスーパーフェニックス戦では散っていった仲間たちの無念を晴らすために彼らの必殺技の数々を再現している。
また、キン肉族の正当な王家の血を引く者であるため、肉のカーテンなど一族に伝わる闘法や、マスクをめくってのフェイスフラッシュも使いこなす。


関連キャラクター

血縁者

キン肉スグル
キン肉万太郎

キン肉真弓
キン肉小百合
キン肉タツノリ祖父

キン肉サダハル大叔父

シルバーマン先祖


超人血盟軍



関連タグ

キン肉マン キン肉マンⅡ世
キン肉マンソルジャー
超人血盟軍
アンタッチャブル

pixivに投稿された作品 pixivで「キン肉アタル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 222425

コメント