ピクシブ百科事典

アシュラマン

あしゅらまん

ゆでたまごの漫画『キン肉マン』および『キン肉マンⅡ世』に登場する超人。
目次[非表示]

概要

“魔界の王子(プリンス)”と謳われる悪魔超人のエリート。阿修羅像の如く、三つの顔と六本の腕を持っているクモの化身超人。

顔はそれぞれ「笑い面」「冷血面」「怒り面」の三種類があり、それぞれの顔を入れ替えることでファイトスタイルを変えているが、実はその三面すべてがマスク(覆面)であり、マスクの下には「泣き面」が隠されている。

六本の腕は本人のものではなく、死者の腕を奪ったもの。また、闘いの中で血に染めた超人の腕を奪うこともできる。
このため、試合中に腕を失っても再生が可能。

必殺技は「阿修羅バスター」「阿修羅稲綱落とし」「阿修羅魚雷」「竜巻地獄」等。

作中での活躍

黄金のマスク編

悪魔六騎士5番目の刺客として、ウォーズマンの体内にてテリーマンと対峙。
ここで初めて六本腕を初披露し、それらの腕はかつてキン肉マンたちが戦った7人の悪魔超人から奪ったものだった。さらに試合中にテリーマンの両腕を奪い、彼の攻撃パターンを大幅に封じるが、テリーマンがバッファローマンの両腕などに助けられたこともあり、両者リングアウトという結果で試合は終了する。

悪魔将軍登場後、六騎士唯一の生存者として同じバスター使いであるキン肉マンと対戦。六本の腕によりキン肉バスター以上に強力な必殺技「阿修羅バスター」でキン肉マンを圧倒するが、首のロックの甘さを見抜かれ、さらに試合終盤キン肉マンがとっさの判断で繰り出した変形ツームストン・ドライバー(後のキン肉ドライバー)を喰らい敗北を喫した。テリーマンの両腕は本人の元へ戻った。

夢の超人タッグ編

悪魔将軍の敗北をキッカケに、サンシャインとともに六騎士を離反し“はぐれ悪魔超人コンビ”を結成。正義超人から奪った友情が封じられた「呪いの人形」を使い正義超人たちの強さの源である友情を崩壊させようと暗躍し超人タッグトーナメント優勝の栄冠を狙う。

正式な参加チームだったビッグ・ボンバーズを瞬殺してトーナメントに参加表明し、1回戦ではかつてお互いが苦渋を飲まされたジェロニモとテリーマンのタッグ「ニュー・マシンガンズ」と対決。サンシャインの呪いのローラーによる弱点克服や、お互いの能力を活かしたコンビネーションによるツープラトンでその雪辱を果たした。

しかし、準決勝でマッスルブラザーズと対戦することになるが、彼らの友情を目の当たりにする内に悪魔コンビは徐々に士気が下がっていき、アシュラマンはかつて悪魔である自身に愛や友情を説いた家庭教師サムソン・ティーチャーとの記憶が蘇り、とうとう公衆の面前で本来の素顔である「泣き面」を晒してしまう。試合に破れ、敗北後にヘル・ミッショネルズにより呪いの人形を奪われ、アシュラマンは三つの面を剥がされてしまう。

キン肉星王位争奪編

キン肉マンソルジャー(キン肉アタル)の男気に惹かれ彼のチーム超人血盟軍の一員となる。スーパーフェニックス率いる知性チームサタンクロス(正体は子供時代に格闘技を教えた家庭教師サムソンティーチャー)と対戦することになる。この試合は結局引き分けに終わったが、アニメ版ではこの試合がカットされた(一説には腕と足が両者合わせて16本にもなり、作画が面倒なためとか)。
その後、決勝戦で知性チームの罠に苦戦するキン肉マンチームの助けとなり、「血縄縛りの門」で絶命したが、最終回でキン肉マンのフェイス・フラッシュにより復活している。

無量大数軍編

王位争奪戦が終了した後、超人委員会が正義・悪魔・完璧の三勢力間の平和条約を制定し、アシュラマンは悪魔超人代表として記名し魔界へ帰る。

しかしその後、正義超人たちの開いた式典に突如「完璧・無量大数軍(パーフェクト・ラージナンバーズ)」が乱入し、完璧超人たちの主領格である完璧超人始祖の存在と悪魔将軍(ゴールドマン)との関係が明かされる。

アシュラマンは再び悪魔六騎士として悪魔将軍の下に就き、仲間たちとともに始祖たちの拠点である超人墓場へ入る。各々が始祖の一人を追いワープトンネルを突き進むが、アシュラマンが進んだその先は彼の故郷である魔界で、そこで待ち構えていた完璧・陸式ジャスティスマンと対戦することになる。

ジャスティスマン曰く、かつてアシュラマンの一族は他の超人たち同様2本腕しか持たない超人であったが、ジャスティスマンの弟子・ミロスマンとの決闘で勝利した際、彼の腕を奪い現在の4本腕(アシュラマンたち王族は6本腕)になったという。そのため、その腕にはミロスマンの遺伝子が浸み込んでおり彼を教授したジャスティスマンはアシュラマンの攻撃をことごとく見切ってみせ、アシュラマンは良いようにあしらわれ4本の腕をもぎ取られてしまう。それでも阿修羅稲綱落としを仕掛けるも、4本の腕を失った状態では威力は半減しジャスティスマンには通用しなかった。

心折れかけたアシュラマンだったが、バッファローマンの激励で立ち上がり、残った2本の腕をあえて捨てて、先の戦いで死んでいった悪魔超人達(プラネットマンステカセキングアトランティススプリングマンスニゲーターミスターカーメン)の腕を得てジャスティスマンに立ち向かう。しかしその力をもってしてもジャスティスマンには通じず、完璧・陸式奥義ジャッジメントペナルティを受けて敗北。逆にジャスティスマンの圧倒的な力を知らしめられる結果となってしまった。

しかし、試合の決着が付いた後でもジャスティスマンの「裁きの天秤」は有罪か無罪かを決めかねており、試合には完勝したジャスティスマンの心を揺るがせている。

サタン編


実は生きており、三つの面に包帯を巻いた状態で鍛錬してた。


キン肉マンⅡ世』悪魔の種子編

魔界にて結婚し子供を授かっており、妻はイボンヌ、一人息子はシバという。
アシュラマンは、シバを立派な正義超人に育て上げようと、厳しくも優しい指導を続けていたが、シバは次第に悪魔超人としての残虐性に目覚めていき、ついに実の母を手に掛けてしまう。アシュラマンは魔界の長としてすぐにシバを処刑するが、同時に「悪魔として高い素質を持ちながら、己が正義超人であるが故に彼の命を絶ってしまった」と自責の念にかられ、以降は再び悪魔として生きようと決意した。

その後は長い年月により他の伝説超人同様老いさらばえていたが、恐怖の将から受け取った「ジェネラル・ストーン」の力により、老獪なベテラン超人レスラーの頭脳と若々しい20代の肉体を合わせ持つ再生(リボーン)・アシュラマンとなり、「悪魔の種子(デーモンシード)」最後の刺客として登場。

改良・阿修羅バスターからさらに進化を遂げた新必殺技「アルティメット・阿修羅バスター」を引っさげ、パートナーであるボルトマンとともに万太郎たち新世代超人を苦しめる。

最期は万太郎との死闘の末にマッスルグラビティを食らって敗北。
デーモンシードが敗北したら手を引くと言う約束を違えてミートの頭部を奪い再生を果たそうとする恐怖の将を阻止した為にジェネラルストーンを破壊され元の老人に戻されてしまった。
その後は「悪魔にも友情はあるんだぜ」と手を差し伸べたかつての同志サンシャインと共に改めて正義超人打倒を誓い去って行った。


声優

郷里大輔二又一成(少年時代)
・テレビアニメ『キン肉マン』など(少年時代はテレビ版のみ)
石森達幸山口健平松晶子(少年時代)
・テレビアニメ『キン肉マン キン肉星王位争奪戦』

関連キャラクター

悪魔六騎士


関連項目

pixivに投稿された作品 pixivで「アシュラマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 643034

コメント