ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV乃村健次
出身地イタリア
身長200㎝(変装時203㎝)
体重137㎏(変装時167㎏)
超人強度138万パワー


元はd.M.p(デーモンプラント)に所属する悪行超人。どの派閥出身かは不明だが、超人強度とサンシャイン一味との関係性から察するにおそらく旧残虐超人の一派と思われる。

初登場時はマフィアのような巨漢のオーバーボディを着ており、“スカーフェイス”の名前はその顔に大きな傷があることから由来している。
その下の顔は整っており、人気投票ではボーン・コールドやケビン同様にイケメン超人と呼称されていた他、究極の超人タッグ編でも80年代の観客からジェイド共々美形と呼ばれていた。

d.M.p壊滅後は組織再興の為に、正義超人養成学校H.F(ヘラクレスファクトリー)に潜入し、内部から新世代超人達を始末しようと目論んでいた。
同じ悪行超人だったケビンマスクは彼の正体を知っていたが、かつ訓練の最中にスカーに命を助けられた恩義からスカーの正体を密告することができずにいた。
スカーはケビンを助けたのは「恩を売っておけばいつか役に立つと思ったから」と語っているが、正義超人入りしてからの描写から、ケビンとは悪行超人時代から、信頼関係があったことがうかがえる。また、万太郎と対戦した際には「万太郎、お前には、d.M.pの仲間たちの怨念を受けてもらう」と発言していたことから、d.M.pには愛着を抱いていた様子。

ジェネレーションEX』として一期生・二期生入れ替え戦に出場した際には1回戦でテリー・ザ・キッドと対戦。オーバーボディを破壊して、真の姿になった後、キッドを徹底的に痛めつけて撃破。そして2回戦で同期の桜であるジェイドを心理戦で苦しめた上、右腕を切断(アニメではへし折る描写に変更)して圧勝。
万太郎との決勝戦で本性を表しながらも敗北するが、圧倒的な強さを読者に見せつけ、人気投票では読者から「初代、Ⅱ世両作品合わせて3本の指に入る強さ」と非常に高く評価されることにもなる。
万太郎との試合で今までの血みどろの戦いでは味わえなかった満足感を感じ悪魔の種子編では、アイドル超人軍を率いて疲労に倒れた万太郎の救援に現れ、ハンゾウやイリューヒンら元残虐超人たちと共に結界を突破。
同じく結界をすり抜けた、悪行超人時代からの仲であるケビンと共にタッグチーム・B(ブラッド)-エボリューションズを結成し巌流島再生アシュラマンボルトマンのザ・デモリッションズと戦った。
結果としては敗北し、ボルトマンに殺されてしまったが、このときの正義超人としてのスカーの姿は非常にかっこいい。

B-エボリューションズ


その後、リボーンダイアモンドにより復活し、時間超人と闘った。この時ジェイドと「スーパートリニティーズ」というタッグを組んでいる。ちなみにチーム名は「技・力・の三位一体」が由来……おい。

本名は『マルス』だが、作中では正体がばれた後も“スカーフェイス”で通している(仲間達からはよく『スカー』と呼ばれる)。

能力・技

髪の毛のような部分「スワローテイル」は強力な刃であり、蛸足のようにうねり相手を突き刺す。
この特性から「学研の図鑑 超人」では型超人に分類されていた。

何tもあるコンクリート塊をゴムボールのように蹴飛ばすほどの類稀なる筋力に加え、戦闘センスは抜群で、テリー・ザ・キッドの得意技、スピニング・トゥ・ホールドを「スピニング・ダブル・トゥ・ホールド」に、カーフ・ブランディングを「バッファロー・ブランディング」にアレンジして叩き返し、彼のプライドをボロボロにした。
さらには万太郎キン肉バスター「アルティメット・スカー・バスター」に昇華してみせたが、これが新技「マッスルミレニアム」の開発を促すことになり、最初の犠牲者となった。
加えて蒼白色の脳細胞と称されるほど冷酷無残な知能を有し、ジェイドとの戦いでは「ブロッケンJrが養親を殺した悪人たちの親玉ではないか」と嘯いて混乱させるなど、非常に頭の回転が速い。


関連タグ

キン肉マンⅡ世 d.M.p アイドル超人軍
ケビンマスクB-エボリューションズ
ジェイドスーパー・トリニティーズ

関連記事

親記事

ジェネレーションEX じぇねれーしょんえくせれんと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スカーフェイス(キン肉マンⅡ世)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3389

コメント