ピクシブ百科事典

ウォーズマン

うぉーずまん

ゆでたまご作の漫画『キン肉マン』および『キン肉マンⅡ世』に登場する超人。ファイティングコンピューター。
目次[非表示]

天国のパーパ、マーマ見てくれてますか
ようやくニコライは、ここまできました

パーパの果たせなかった宇宙最強の夢が
もうすぐ手に届こうとしているんだ…


概要

本名は、ニコライ・ボルコフ。「ウォーズマン」は超人レスラーとしての名前で、ロシア語で「ヴァイナー・ムシーヌイ」。
その名の通り、たったひとりで一個師団を壊滅できるロボ超人"アジーン(1号)"。
地肌はアニメ版ではダークグレー、原作だと褐色。

当時最強の残虐超人であったラーメンマンを倒し、一度は残虐超人界の頂点に立った男。
第21回超人オリンピックにおけるキン肉マンとの戦いの後、正式に正義超人軍団の仲間入りを果たす。
他の超人同様、飛行も可能。

プロフィール

出身ロシア(ソビエト連邦)
本名ニコライ・ボルコフ
生年月日1957年10月1日(1981年時点で24歳。10月1日はコーヒーの日)
血液型A型
身長210cm
体重150kg
スリーサイズB132 W81 H98
超人強度100万パワー
趣味民族楽器バラライカの演奏
好物ボルシチ


ソビエト連邦のSKGB(超人レスラー国家保安委員会)の出身。
(アニメ版では、やられ専門のレスラー養成機関「蛇の穴」の出身。)

個人タイトル歴

  • レニングラード超人ヘビー級
  • 第21回超人オリンピック ザ・ビッグファイト準優勝


関連用語

ロボ超人

ワタシキレイ?


ウォーズマンは、ロボットでもなく超人でもなく人間でもない。
後天的に改造されたサイボーグではなく、半機械の体で生まれた生来のロボ超人なのである。
従って他の超人(完璧超人始祖無量大数軍でないものを差す)のような年の取りかたをせず、21世紀末(ヘタすりゃもっと後)が舞台のSCRAP三太夫でもフツーに登場していた。

母親は人間だったが、超人だった父親のミハイルマンが無限の強さを求めソ連の改造超人計画に賛同し、自らの身体を機械化したため、そのハーフである彼は「ロボ超人」なるどっちつかずの姿で生を受けてしまったのだという。
正確に言えば、機械部分はロボット、身体能力は超人、生身部分は人間、といったように三者と部分的に共通する機能を持った存在なのである(だから髭剃り散髪をする必要もある)。

なお、人間の母体から普通に赤ん坊として誕生し、幼年時代から青年期までは、人間や生身の超人と同じ経過年数で成長した。

「君ならば超人格闘技の世界チャンピオンになれる」という嘘を信じ込まされ、SKGB(ソ連→クレムリン)で生体兵器にされそうになっていたが、ある日花瓶の水を代えようとした時に教官の陰口を聞き、自分が騙されていたことを知る。憤激の末に教官たちを打ち据え、施設から脱走。そこに駆け付けたロボ超人化された戦友・カマーンダスに足止めを喰らい、再びSKGBに連れ戻されそうになるも、(こっそりSKGBに潜入していた)ロビンマスクから指摘を受け、後述のパロスペシャルでカマーンダスを撃破。チャンピオン・キン肉マン打倒のためにロビンマスク(バラクーダ)に弟子入りし、修業を積んだ。
ロビンマスクの指導により如何なる感情をも表さない氷の精神を持ち、相手の呼吸や手足の動きから次の行動を正確に読み、言葉を発することなく無慈悲に相手を仕留める事から、「ファイティングコンピューター」の異名を持つ。
その後は、キン肉マンとの闘いをきっかけに氷の精神が消えて再び言葉を発するようになった。

恐怖の感情を露わにしバッファローマンのハリケーンミキサーに怖気づき「こ、こわい…」と弱音を漏らしたりネプチューンマンとの戦いでは「アワワ…」等と人間としての反応を示す一面もある。
己の素顔が醜いことに長年コンプレックスを抱いていたが・・・。

ベアークロー

ウォーズマン


ウォーズマンの拳に内蔵されている鉄の爪。手首ごと取り外すことも可能。両腕から出すこともできる。

キン肉マンは「ベアー・クローを使わない方が強い」と評している。

ウォーズマンスマイル

コーホー


鉄仮面の口の部分が開き、笑っているような表情を見せる。
この笑顔は当時の募集超人の「スマイルマン」の表情が元となっている。

ウォーズマンが笑う時、対戦相手は概ね死ぬ。よほどの実力者と出会った時しかださない。
超人ファン感謝デーでは風船割り競技にこの顔で子供たちと接していたことも。

"天使のように細心に" "悪魔のように大胆に"

攻撃の極意。
これは師であるロビンマスクの教えであるが、後にロビンの息子ケビンマスクに受け継がれることとなる。

SKGB(超人レスラー国家保安委員会)

通称「狼の部屋(ヴォルグ・コームナタ)」。ソ連全域から選りすぐられた超人たちが、最強という栄誉のために寝食以外は敵をたたきつぶすために、肉体と精神を鍛える地獄の特訓場。
母子家庭で貧乏していたウォーズマンは「思いっきり体を動かせ メシだって好きな物を食べ放題 あたたいかい毛布だってある」と逆に「天国」だと発言している。
"国威発揚のための超人レスラー育成"と言うのは建前で、本来の創設理由は西側との戦争用のロボ超人兵士の育成にこそあった。

アニメ版ではロビンマスクと会うまでは、やられ専門レスラー養成機関「蛇の穴」にいたが、闘う本能が負けることを許せず相手を打ちのめし脱走したという経歴を持っている。

必殺技

スクリュードライバー

上述の「ベアークロー」を突き出し、きりもみ回転しながら相手を突き貫く技。

以下の計算式により、全身のエネルギーをフル稼働させた捨て身のパワーアップが可能。
 ベアー・クロー二刀流により、100万パワー+100万パワーで200万パワー、
 いつもの2倍のジャンプ力がくわわって、200万×2の400万パワー、
 そして、いつもの3倍の回転をくわえれば400万×3の1200万パワーとなり、
 ウォーズマンの体が1200万パワーの光の矢となる。

PS2ゲーム『ジェネレーションズ』では上記の技は「二刀流スクリュードライバー」と呼ばれ、ポーラマン戦で両手を使ったスクリュードライバーは「W(ダブル)スクリュードライバー」と呼ばれた。

パロ・スペシャル

高度なテクニックを要する幻の必殺技。元々はロビンマスクが使用していた。"ツンドラの墓石"とも異名され、脱出不可能の「アリ地獄ホールド」とまで呼ばれている。
普通は腕をへし折るくらいだが、本気になれば腕が千切れるぐらいに強烈な技である。

アニメでは、巨大な野生熊(超人のファンか?)が使用していたり、他にもワンシーンのみバッファローマンがキン肉マンに使用していたが、使いこなせずキン肉マンの体から離れてしまった。

PS2ゲーム『マッスルグランプリ』ではパロ・スペシャルの状態からリングに叩きつける「パロ・スペシャル ジ・エンド」へと派生できる。後にこの技は原作へと逆輸入された。

弱点

ウォーズマンの最大の弱点は30分しか戦えない事である。
師のロビンマスク曰く「ウォーズマンはどんな相手でも30分以内で倒してきた為、知らないうちに相手を30分で倒すプログラムしかされていない」らしい。つまり、長らく30分以内に倒せる戦術を練り続けた弊害で、完全に30分しか処理機能できないコンピューターとなってしまい、35分以上戦うと処理や計算ができなくなってショートする特異体質と化した。

アニメでは30分以上ではなく、数時間以上という設定にされている。

この弱点が露わとなったのは初の大舞台である超人オリンピック決勝。
キン肉マンと対戦するのだが、ウォーズマンは必殺のパロスペシャルをキン肉マンに掛け勝利に王手をかける。ギブアップを口にしかけたキン肉マンは、ラーメンマンの激励を受け火事場のクソ力を発動する、いつもならクソ力で逆転勝利となるパターンだがウォーズマンは一味違った。
「火事場のクソ力返し」で火事場のクソ力をも攻略してしまうのである。キン肉マンは完全に打つ手無しとなり、ウォーズマンの勝利が決まったと思った矢先、試合から35分経っていた為上記の弱点が発動し体中から煙が吹き上げマスクにひびが入ってしまう。素顔にコンプレックスのあるウォーズマンはパロスペシャルを外して顔を覆ってしまい、その隙を突かれキン肉バスターを受け敗北してしまうのであった。
なお、アニメ版ではキン肉バスターを受けても立ち上がり、もう一戦繰り広げるが「風林火山」でK.Oされている。

これに対し、ロビンマスクは「チッ ウォーズマンのウスノロ野郎 これで奴との師弟関係もご破算この次はオレ自身がキン肉マンをたおしてやる!!」と、全力を尽くした弟子に対し余りに冷たいコメントを残している(ただし後に販売された新装版などではこのシーンはカットされている)。
(超人オリンピック終了後のマスコミへの見解より)
にも関わらず、超人オリンピック終了後に始まった7人の悪魔超人との抗争ではほんの少し前に罵倒した事を忘れたようにウォーズマンと共闘している。このことから、ファンの間では、あの酷いコメントはスポーツ新聞の飛ばし記事だったのではと解釈される。また、不遇が続いてヤサグレてしまったとは言え、本当の悪党超人に対する正義超人の心までは、ロビンマスクの中に失われていなかったとも当時は解釈された。
アニメではキン肉マンの実力の査定も兼ねて自分の雪辱を晴らそうとしたが、ウォーズマン敗北後は二人にお詫びの言葉を贈り和解している。この設定は後の完璧超人始祖編にて逆輸入された。

なお、フルタイムで闘えない・動けないというのはあくまでも戦闘モード時であり、練習モードのトレーニングやスパーリングであればこれ以上の時間をぶっ続けで稼働することも可能(一睡もすることなくソ連から日本まで走破したり、太平洋を泳いで渡ったりしている程超人としてスタミナは優れている)。普段の生活における行動などとは、戦闘時のコンピューターの機能は働き方が違うことも描写で明らかとなった。

ザ・マンリキ戦のようにこの弱点を逆手に取って勝利した試合も存在するが、弱点の根本的解決はキン肉マン二世でも行われる事は無かった・・・が。

超(スーパー)友情モード

ポーラマン戦で発現したウォーズマンの新しい境地にして、キン肉マンとの試合体験でコンピューターにプログラムされた火事場のクソ力能力が、独自に発達した状態でもある。

上記の通り35分経つと戦えなくなってしまうウォーズマンだったが、超友情モードを発動させる事で更に5分間通常時よりパワーアップして戦うことが出来る用になった。なんと10倍のパワーが発揮できる。

2世での新星ヘル・イクスパンションズ戦のような30分超えても気合で頑張って戦うのとは違い
5分間更に強くなる所がミソである。
尚、顔のコンプレックスも克服したようでポーラマンにマスクを剥がされても「超人はツラで勝負しているわけじゃない!」と全く動じなかった。

オモイヤリ+ヤサシサ+アイジョウ+シンジルココロ

この試合が終了した時に、体内でコンピューターモードが戦闘から通常に移行されれば、戦闘時の経過時間の蓄積もリセットされて、30分以上戦った後でも普通に動けることが明確になった(既に過去の戦いや描写でも、ショートした直後に試合終了して休養すれば、普通の生物と同じ生身部分の疲労は自然回復し、併せてメカ機能も復旧するらしきことは示唆されていた)。

戦績とその扱い

  1. ティーパックマン
  2. ペンタゴン
  3. ラーメンマン
  4. ×キン肉マン
  5. ×ステカセキング(非公式戦)
  6. ×バッファローマン
  7. 宇宙一凶悪コンビ
  8. ×ヘル・ミッショネルズ
  9. ザ・マンリキ
  10. ×マンモスマン(非公式戦)
  11. ポーラマン


勝率自体は低くないものの、後半ではやたらと強敵相手のかませ犬にされることが多く、キン肉マンⅡ世で行われた人気投票では(ほとんど出番がないにもかかわらず)「Ⅰ世の時の終盤での扱いは許しがたかった」「カッコいいのにいつも負けてばかりで可哀そう」などと大量の票が集まりなぜか3位にランクイン主人公のキン肉万太郎に勝った


関連イラスト

ウォーズマン
ウォーズマンも、運動の後には飲んでます。きっと


むちむち



関連キャラクター

クロエ
…『キン肉マンⅡ世』でのウォーズマンの変装した姿。
ロビンマスクバラクーダ
…ウォーズマンの師。多くの戦闘テクニックを伝授される。
また、タッグチーム「超人師弟コンビ」のパートナーでもある。
ケビンマスク
…恩師ロビンマスクの息子。師に恩を返すために、彼のコーチ兼セコンドに付き、
超人オリンピック優勝へ導く。
ラーメンマン
…第21回超人オリンピックにて対戦。スクリュー・ドライバーによってこめかみを貫き、
植物人間にする。後にこの出来事がラーメンマンにとって大きなトラウマとなる。
キン肉マン(キン肉スグル)
…第21回超人オリンピックにて対戦。結果敗北するものの、彼とのファイトを通して、
ウォーズマンは正義超人に目覚めることになる。
マンモスマン
…旧作“王位争奪編”では決勝戦での対戦を想定して特訓に励むが闇討ちされた。Ⅱ世“究極のタッグ編”にてタッグチーム「ヘルズ・ベアーズ」を結成するが…
ネプチューンマン
…旧作“夢のタッグ編”とⅡ世“究極のタッグ編”の二度にわたり苦杯を喫した仇敵。一方、旧作“王位争奪編”では密かに特訓の出助けをしてもらった事もあった。

関連項目


余談

花粉症の時期にはマスクが欠かせない。そんな中、リアルウォーズマンが出演するCMが制作された。この会社は前例として、リアルロビンマスクも起用してのCMを放送した経歴を持っている為、ある意味でも本気を見せてくれるであろう。

詳しくは、以下のリンクを参照していただきたい。
株式会社アラクス内の特設サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「ウォーズマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2197449

コメント