ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

CV:山本百合子(劇場版) 富沢美智恵(王位争奪編)高木早苗(Ⅱ世)


身長163㎝
体重43㎏
出身キン肉星・ホルモンシティー
超人強度10万パワー
特技剣術、ホルモン・ソバット、色仕掛け

キン肉星の外れ「ホルモンシティー」出身の正義超人の女性(空も飛べる)で、キン肉マンの婚約者。

年齢は初登場時16歳で1964年生まれ(キン肉マンの4つ下)。

外見は原作では茶髪に鳶色の眼だが、劇場版だと金髪碧眼、TVアニメでは金髪緑眼と見た目が変わっている。

キン肉族と敵対していたホルモン族の王女であり、母親は過去にキン肉族との闘いで戦死している。

父である族長ホルモン・ヤーキの命令でキン肉マン打倒の刺客として送り込まれるが、逆に彼の思いやりに触れて恋に落ちてしまう。

以降は彼を「スグル様」と呼び慕いキン肉ハウスに押しかけるようになった。

一時キン肉マンの気を引くためかキン肉マンと仲の悪い地球防衛軍の一員になった事もあった。


その後もキン肉マンとはそれなりに仲が良かった(『Ⅱ世』によればこの二人の親密さを微笑ましく思い、初期のキン肉マンのガールフレンドだった二階堂マリは自ら身を引いたことが語られている)ものの、王位争奪戦において運命の五王子の一人キン肉マンスーパーフェニックスから求婚され、強引にキスされてしまう(キン肉マンはあまりのショックに気が動転してロビンマスクにキスをせがんでいた)。それまで特に美人と言われておらず、知性などを磨く余裕があった筈もないが、フェニックスは自分に似合う才色兼備と見ていた(だってゆでだから・・・

ショックを受けながらも「王位争奪戦を制したものと結婚する」と覚悟を決め、スグルの勝利を見守る。

そしてキン肉マンはフェニックスを倒し、王位争奪戦は終了。

二人がキン肉星に帰還してから半年後に結婚し、キン肉マンの妻となる。


Ⅱ世でのビビンバ

続編『キン肉マンⅡ世』にも登場しており、本作の主人公である一人息子・万太郎を授かっている。

トレーニングをしていたスグルの練習相手を蹴り飛ばす、万太郎を心配するあまり「嫌じゃ~ワシも地球に行く~!」とダダをこねるスグルに「いけません!」と一喝するなど気の強さをみせ、スグルから「死んだママに似た鬼婆になってきた」と言われていた。

初登場時は白髪でスグル同様に老け込んでいたが、その後再登場するたびに若返っている

ちなみに料理の腕前は、万太郎曰く「牛丼とカルビ丼が得意だが、それ以外の料理はまるでダメ」らしい。

あと、おかゆも作れる。


容姿

ちょっとぼさぼさした長い茶髪が特徴。

初登場時は降ろしていたが、それ以降はポニーテールにしている。

アニメ版では下記の通り金髪


アニメ版での扱い

第一作のTVアニメ版二階堂マリが終始ヒロインとして登場したため本編では出番が無く(原作初登場となる第二次怪獣退治編がまるまるカットされている)、劇場版に登場したのみであった(本編における恋敵だったシシカバ・ブーと結ばれている)。

また原作でウォーズマンを気にする事はナツコが代わりにやった。

続く王位争奪編にて本編登場を果たしたものの前述通りやはりキン肉マンとは結ばれず、最終回で改心したキン肉マンスーパーフェニックスと結ばれた。


アニメ版Ⅱ世ではストーリーが正史(原作設定)に準拠しているので、原作同様にキン肉マンの妻として登場。


ホルモン族とは

キン肉星の4大種族の一つであり、正義超人開祖・シルバーマンの末裔の一つ。

元々はキン肉王家を始めとするキン肉族より勢力が大きかったが現在は完全に落魄しており、ホルモンシティーで細々と族長の一族が暮らすのみ。

スグルとビビンバが結婚した後はキン肉族と和解している。

男性はキン肉族やバーベキュー族のようにマスクを被っているが、女性は素顔のままである。


関連イラスト

ビビンバ!センシティブな作品

君(肉)闘うのよ


関連タグ

キン肉マン ヒロイン ムチムチ ハイレグ 裸エプロン

キン肉スグル

キン肉マンⅡ世 キン肉万太郎 巨乳


キン肉マン(アニメ)/キン肉星王位争奪編(アニメ) 不遇

関連記事

親記事

キン肉マン きんにくまん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27389

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました