ピクシブ百科事典

キン肉マンスーパーフェニックス

きんにくまんすーぱーふぇにっくす

キン肉マンスーパーフェニックスとは、ゆでたまごの漫画『キン肉マン』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

プロフィール

分類運命の5王子
出身地 / 代表国キン肉星サーロイン村 / オーストラリア
生年月日1960年4月1日
身長190cm
体重114kg
超人強度1億パワー
CV池水通洋


キン肉星王位争奪編『運命の子供たち!!の巻』にて初登場した運命の5王子の一人で、『キン肉マン』旧シリーズにおけるラスボスとも呼ぶべき存在。

邪悪五神の一柱・知性の神に乗り移られたフェニックスマンが変貌した姿で、生まれついての優秀な頭脳に加え、知性の神から与えられた1億パワーを駆使し闘う頭脳ファイター。知性チームを率いてキン肉星王位争奪戦に参戦する。

因みに作中での表記は「キン肉マンスーパー・フェニックス」であるが、pixivでは本項での表記が主に使用されている。

容姿

キン肉マンことキン肉スグルに酷似したデザインのマスクを着用しているが、その目付きは鋭く黒目がない。また、額には肉マークの代わりに翼を広げた鳥(=フェニックス)の姿が描かれている。顔や体には幾何学的なライン状の模様があり、どことなくウルトラマンを彷彿とさせる。
衣装はタイトなトレーニングパンツの上にホットパンツを穿いた出で立ちで、右膝(アニメ版では両膝)にニーガードを装着している。

アニメ版では、ソルジャーを見限った残虐の神が憑依したことで肌が茶色に変色し、さらに終盤には超人閻魔も憑依したことで紫色になるなど禍々しい変化を見せた。

人物

フェニックスマンと知性の神が混在した人格の持ち主。
素体であるフェニックスマンが幼少期より常人から逸脱した天才的な頭脳の持ち主であり、生まれて僅か数ヶ月の内に世界各国の言語を2日で理解し、12桁の暗算をこなし、幼稚園に入る頃には既に大学生レベルの学問を習得していたという。

一方で、幼少期より感じていた生まれた家柄や幸運による格差に対するコンプレックスを抱いており、そこからなる対抗意識がそうさせるのか、ときには手段を選ばぬ非情の精神で相手を苦しめる卑劣さを持つ。チームメイトに対しても、闘えなくなった者は容赦なく切り捨てるなど利己的な姿をみせるが、唯一の肉親である母・シズ子を前にするとそうした振る舞いに躊躇する場面もみられた。

実力

「知性こそ超人格闘技の源」という考えを持ち、科学的理論に基づいたレスリングを得意とする。知性の神が憑依した恩恵により、超人強度も95万パワー(奇しくもスグルと同じ数値)から1億パワーまで上昇している他、キン肉族三大奥義のひとつ「マッスルリベンジャー」を修得している。後に他の神々を憑依させたことで「マッスルインフェルノ」も使いこなすようになる。

さらに、王位継承者の証である「フェイスフラッシュ」までも使用することができるが、これは幼少期に母・シズ子に連れられて筋肉の滝(マッスル・フォール)から流れる知恵の水を刷り込まれたことで体得したらしい。

その強さは脅威的であり、『キン肉マンⅡ世』の時代においては、悪魔将軍マンモスマンとともに「三大最強悪行超人」に数えられている。

来歴

キン肉星第8病院にて、キン肉スグル(および他の王子たち)と同じ日に誕生する。父はフェニックス太郎、母はフェニックスシズ子。生後間もなく入院していた病院が火災となるが、他の赤ん坊たち共々、それぞれの母親の手で救出される。

貧しい家庭であったが、心優しい両親の下で愛情深く育てられ、生まれてから僅か数ヶ月でその天才的な頭脳の片鱗を見せ始める。その有望な人材を保護しようと進言されたことにより、苦学の末に本来貴族でなければ入園できないとされるキン肉星王立幼稚園に特待生として入園が許される。そこで王族であるキン肉スグルと出会い、何の苦労もなく裕福な人生を送る彼に嫉妬し対抗意識を燃やすようになる。

後にスグルが(両親にブタと間違われて捨てられたことで)失踪し、王子不在の事態を危惧した王家により、養子を取る目的の「キン肉星新王子決定マッチ」が催される。フェニックスはその頭脳を駆使したファイトスタイルで勝ち進み決勝戦へ進出するも、その最中に父・太郎がビルの工事現場で足を踏み外し転落死したことを知り、病床の母を看病するために泣く泣く決勝を辞退する。加えて、その間もなく後に地球で発見されたスグルが王子の座に返り咲き、どんなに努力しても最後は運を持つか持たぬかによって人生は決定されるという事実を痛感する。

精神的に打ちのめされたフェニックスを見かねたシズ子は、かつて彼が生まれた病院で起こった火災で、もしかしたら王子であるスグルと間違えて救い出したのがフェニックスだったのかもしれないという話をする。この言葉を受けたフェニックスは、以来部屋の片隅で考えを巡らし不敵な笑みを浮かべることが多くなったという。

作中での活躍

キン肉スグルのキン肉星大王即位を好とせぬ邪悪五神の策謀により、前述の病院火災により出自が不明瞭となった5名の王位継承候補者の一人として見出され、知性の神に乗り移られキン肉マンスーパーフェニックスへと変貌を遂げる。その後は母に別れを告げ、他の候補者たちと共に王位継承戴冠式に乱入。真の王子が誰なのかを団体戦による勝負で決しようと提案し、「キン肉星王位争奪サバイバル・マッチ」の開催を決定させる。

サバイバル・マッチでは、マンモスマンプリズマンオメガマンサタンクロスといった強豪超人たちで構成する知性チームを率いて参戦し、その圧倒的な実力差と、知性からなる様々な策謀で相手チームを苦しめた。

第一回戦では会津若松城キン肉マンビッグボディ率いる強力チームと対戦。
先鋒として登場したマンモスマン一人で相手チームを圧倒し、副将戦でマンモスマンがわざと引き分けに持ち込んだことで、次鋒として控えていたフェニックスとビッグボディによる王位継承者候補同士の対戦が実現。試合では、フェニックスが終始優位に立ち、ビッグボディに見せ場を全く与えぬまま、三大奥義の一つ「マッスルリベンジャー」を極め圧勝。その実力の高さを他の候補者や観客達にまざまざと見せつけた。

第二回戦では名古屋城にてキン肉マンソルジャー率いる超人血盟軍と対戦。
先鋒サタンクロスがザ・ニンジャを倒し、アシュラマンと引き分ける。その後、舞台が関ヶ原格闘城に移り、空中に浮かぶ立方体リングを利用した「6人タッグ・キャプテン・ギブアップ・マッチ」を展開する。ここでフェニックスは様々な策謀を巡らし、立方体リングに隠された二つのリングで相手チームを分断させたり、リングを落下させて見守る観客やキン肉マンもろともソルジャーを葬ろうとさえした(バッファローマンによる決死の活躍でその策謀は中断されたが)。同時にこの試合の最中、現在対戦している相手が残虐の神が憑依した本物のソルジャーとは別人の偽者である疑惑が浮上する。

その後は両チームの選手がほとんどリタイアとなり、フェニックス・ソルジャーによる一対一の戦いが展開される。真の実力を発揮したソルジャーにあと一歩のところまで追い詰められるも、息を吹き返したマンモスマンが「超人預言書」のソルジャーの正体に関するページを屋外のたいまつの中に放り込んだことで彼の身体が消滅を始め形勢が逆転。思うように動けなくなったソルジャーをレイジング・オックスで痛めつけ、それに耐えかねた現大王・キン肉真弓の口から、ソルジャーが25年前に家出した長男(スグルの実兄)・キン肉アタルであることが明言される。発言を受けたフェニックスは、部外者であるアタルが王位争奪戦に参加していることをダシに自身の行為を正当化し、アタルの未完成版「マッスルスパーク」を耐え抜き、反撃の「マッスルリベンジャー」で撃破する。
試合後、実兄の最期を看取ったキン肉マンに「王位継承に割り込んできた邪魔者を葬ってやったから感謝しろ」と言い放った。

大阪城でのキン肉マンチームとの決勝戦では、キン肉マンを貶めるために様々な罠を張り巡らせるものの、彼の仲間たちの決死の協力もありその尽くが突破され、その表情に焦りの色が見えはじめる。オメガマンの秘技「Ω・メタモルフォーゼ」により、キン肉マンの格闘技の師でもあり、全盛期には最強の超人と謳われたプリンス・カメハメを召喚し、火事場のクソ力を失ったキン肉マンを心身ともに追い詰めて倒そうとするが、カメハメは戦いの中で愛弟子キン肉マンに生前伝えられなかった「52の関節技」を伝授し、オメガマンを圧倒するほどまでに成長させてしまう。

その後、1対1の戦いでは知性の神だけでなく先に倒された運命の王子達に乗り移っていた邪悪神達の力を借りてキン肉マンを圧倒し心臓停止にまで追い込んだが、偽りの王子は心臓の病で死ぬとの予言通り、心臓病の症状が悪化。
先の闘いで存在を消滅させられたキン肉アタル達四人の正義超人が邪悪大神殿に封印されていたキン肉マンの火事場のクソ力を解放した事によって復活したキン肉マンのマッスルスパークを食らい、最後までキン肉マンに勝てなかった自分の運命を自嘲しながらKOされ、知性の神共々死亡した。

その後、キン肉マンのフェイスフラッシュで蘇生され、これまでの所業をキン肉マンに謝罪する。キン肉マンはこれを許し、フェニックスもまた自身の家族であると言葉をかけ、うなだれる彼を抱き上げながら共に故郷であるキン肉星へと帰った。

アニメ版

原作ではフェニックスマンの段階でスーパーフェニックスの容貌に近かったが、アニメ版は原作と異なり、変貌前は精悍な顔立ちで描かれている。

シズ子から病院火災の話を聞かされたのは知性の神が介入する直前とされており、シリアスな場面の最中に屁を漏らすなどコミカルな一面もみられた(これに対して「間違いなくこの臭いは王子だ」と発言する邪悪神も大概だが)。

性格に関しても、原作では徹底したリアリストとして作中で顔に大怪我を負ったビビンバにあっさり見限りをつけていたのに対し、アニメでは彼女への特別な情を伺わせる仕草がみられ、同じ場面で自ら手を差し伸べないにしろ、キン肉マンが彼女を助けることを見据える描写があった。

最終回では真の黒幕であった超人閻魔が深紅のマントに封印された後フェニックスマンの姿に戻り、キン肉マンと和解。キン肉ハウスでの会合にも参加しビビンバと相思相愛になった。

新シリーズでは

2017年から開始された新シリーズ『サタン編』にて再登場。
王位争奪戦後、新たにキン肉星大王に即位したキン肉マンから、自身の補佐官としてキン肉星の行政の中枢を担う人材になってもらいたいと誘われていたが、フェニックスはその申し出を固辞し姿を消していた。
以降は知性の神から力を授かる以前の名前「フェニックスマン」を名乗り、辺境の惑星にて一人黙々と開拓に勤しんでいた。登場時には髪がマスクから溢れ出るほどボサボサに伸び、泥まみれでボロボロになった粗末な衣類を着用しており、かつての王位継承候補者としてのカリスマ性は殆ど見られない質素な出で立ちとなっていた。

そんな自戒とも取れる過酷な生活を送っていた彼の前に、突如として死んだ筈の知性の神が姿を現す。警戒するフェニックスマンに対し、知性の神は「古い友人がこの世を揺るがす暗躍を始めた」として、再びスーパーフェニックスとして力を貸すことを求められる。

スペインのサグラダ・ファミリアで正義の五本槍オメガ・ケンタウリの六鎗客が戦いを繰り広げている最中、東京の国立超人博物館に展示されている5王子のマスクの前に、同じく他の邪悪の神々に導かれた「元・王位継承者候補」の3人と共に現れ、各々が装着していたマスクを強奪(この際、唯一ソルジャーだけがいないことを示唆している)。

その後、サグラダ・ファミリアにたどり着いたキン肉マンと、五本槍で唯一生き残ったウルフマンの二人が、改めて六鎗客に挑みかかろうとする場面に落雷と共に降臨。「神の意志」に従い、魔王サタンと共謀する六鎗客の鎮圧を宣言する。

キン肉マンに対し自らの詳しい事情は伏せつつも、かつて自分たちが敵味方に分かれ戦った「キン肉星王位争奪戦」にて、六鎗客のリーダー格であるオメガマン・アリステラの弟・ディクシア自身のチームに加わっていたことなどを鑑みて、彼らの計画がその以前から始まっていたことを伝える。
同時に、「オメガの民」と呼ばれる六鎗客たちの経緯についても既に凡その情報を掌握していることを仄めかし、その祖先らと縁深い世界各地の名城を指し示してみせる。これには六鎗客たちも、当初は戦う理由がないとしていたフェニックスたちに対しても捨て置けぬと目の色を変え、彼が先んじて指し示した地を新たな戦場として定め、暗雲に乗ってそれぞれの地に渡り王子たちの挑戦を受ける姿勢をみせる。

王子たちは、彼らの残したロープを伝い各々の待つ戦地に赴くことになるが、フェニックスが選んだロープの先は、六鎗客のリーダー格アリステラの待ち構える日本・滋賀県にある安土城跡地であった。フェニックス曰く、彼の地はかつてオメガの民たちが最後の砦を築いた地であるという。既に城もなくなり殺風景な場所となっていたが、アリステラの合図と共にリング下の地面からかつての安土城が姿を現した。

関連項目

キン肉マン 運命の5王子 

知性チーム
サタンクロス プリズマン マンモスマン オメガマン(オメガマン・ディクシア)

pixivに投稿された作品 pixivで「キン肉マンスーパーフェニックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33027

コメント