ピクシブ百科事典

プリンス・カメハメ

ぷりんすかめはめ

プリンス・カメハメは、ゆでたまごの漫画『キン肉マン』および続編『キン肉マンII世』に登場する架空の人物。

佐藤正治(テレビ19 - 21・114話)
蟹江栄司(テレビ88 - 111話)
中村秀利(テレビ『キン肉星王位争奪編』)

概要

卓越した技術を持つベテラン超人で48の殺人技、52の関節技』などのカメハメ殺法100手を使いこなし、ハワイ超人ヘビー級のタイトルの防衛を999回も成功させた。その強さとココナッツ王族という出自ということもあり、ハワイでは神としても崇められていた。
キン肉マンを超人レスリング公式戦で初めて破った相手であり、後に師匠として技を伝授し、影響を与えた。
超人年齢70歳を越える高齢にもかかわらず、日々のトレーニングによって屈強な肉体を維持しているが、体力面での衰えからスタミナ切れになることもあった。ハワイの英雄と謳われており、テリーマンロビンマスクなど若い超人たちにも名を知られていた。超人医師ドクター・ボンベは主治医かつ親友であり、40年来の付き合い。

「夢の超人タッグ編」で、正義超人の友情パワーが奪われたことを察知し、タッグパートナーが見つからず苦悩するキン肉マンの元に現れ、キン肉マングレートとしてタッグチーム「マッスル・ブラザーズ」を結成しトーナメントに参加。
四次元殺法コンビを破るも、はぐれ悪魔超人コンビの猛攻からテリーマンを救うために駆けつけ、その結果サンシャインの呪いのローラーに放り込まれてしまい、テリーマンを二代目グレートとして、力尽き息絶える。
しかしその魂までは滅びはせず、テリーマンやキン肉マンを度々導いた。

「キン肉星王位争奪編」では、キン肉マンを倒すためにオメガマンが変身した姿で登場。
キン肉マンを52の関節技で苦しめるが、それは生前に叶わなかった52の関節技を伝授するためのものであり、結果としてキン肉マンをさらにパワーアップさせることになった。

キン肉マンII世』では、「究極の超人タッグ編」で霊として登場。
ザ・マシンガンズとの対戦を控えたキン肉万太郎に52の関節技を伝授する。

関連項目

キン肉スグル キン肉マングレート

pixivに投稿された作品 pixivで「プリンス・カメハメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10410

コメント