ピクシブ百科事典

オメガマン

おめがまん

オメガマンとは、ゆでたまご作の漫画『キン肉マン』に登場する超人である。
目次[非表示]

プロフィール

名前 : ジ・オメガマン
出身 : オメガ・ケンタウルス星団
年齢 : 不明
身長 : 231cm
体重 : 208kg
超人強度 : 8600万パワー

概要

CV:山口健

キン肉星王位争奪編』に登場した超人。
キン肉マンスーパーフェニックス率いる知性チームの一員であり、宇宙に散らばる犯罪超人を狩る超人ハンター。そしてネプチューンマンと同じ完璧超人でもある。

王位争奪戦に参戦したのは、スーパーフェニックスに命令されたことと、超人閻魔からネプチューンマン及びキン肉マン正義超人たちの抹殺指令を依頼されたことの二つの理由がある。

最初はミステリアスパートナー2号としてその姿を隠していたが、王位継承サバイバル・マッチ決勝において、次鋒戦終了時にその正体を現した。
中堅戦では城壁を模ったリングでジェロニモと対戦しΩカタストロフドロップで勝利する。
そして決勝戦最終試合では変身能力であるΩメタモルフォーゼを駆使し、ネプチューンマンとキン肉マンを苦しめた。
キン肉マンによりリング外の物体への変身を封じられるも、キン肉マンのイメージを利用しプリンス・カメハメに変身。
しかし、この変身が仇となり、カメハメがキン肉マンに52の関節技を伝授する手伝いとなってしまう。
隙を付いてキン肉マンへかけたΩ・カタストロフドロップをネプチューンマンがかばい、そのままネプチューンマンを下すも、キン肉マンの「完璧マッスルスパーク」によって敗死。
その躯はフェニックスの乱心波によって幾度かフェニックスを助ける。
最期は超人預言書の消失で姿を消すも、敵も味方もないとして駆け寄ってきたキン肉マンの手を握り、何かを託したかのように消え去っていった。

原作漫画とアニメとで外見、口調や性格が大きく違うのが特徴的である。
原作では終始フェニックスの部下として振舞うが、アニメではフェニックスに力を貸した知性の神が自分同様超人閻魔の部下である為、フェニックスと対等な態度をとっている。

マッスル・リターンズや連載再開後を除けば、
名前通り『キン肉マン』における主要超人の中で最後に登場した(姿を現した)キャラクターでもある。

能力・技

Ωメタモルフォーゼ

あらゆる物体、超人に変身できる能力。全身を変身させることも、体の一部だけを変身させることも可能。他人に変身した時は、その人物の胸の中央にオメガマンの顔が浮かび上がる。
作中では送電塔を取り込んで電撃を食らわせる、背中の手の指を今までハントした超人の顔に変えて噛みつき攻撃を仕掛ける、キン肉マンが思い浮かべた「最も強い超人(=プリンス・カメハメ)に変身するなど、多彩な使用法を見せた。

Ωカタストロフドロップ

空中で相手を捕え、背中の手で自分ごと握りながら落下。着地した後に指を開くと、相手を逆さに捕えて地面に叩きつけた体勢が明らかになるという技。

扉絵での紹介やネプチューンマンの回想では、ライフルを使って超人たちを狩っていたが、作中で使用することはなかった(さすがにレスリングで飛び道具は反則だろうし)。
また、超人強度は8600万パワーときわめて高い。これは、神の宿った運命の五王子や、元・神であるザ・マンを除けば、全シリーズ通して最大の数値である。

台詞

初登場時の凄まじく長い自己紹介に始まりよく喋る。

「フォーフォフォ!
 我こそは 遠く1万6千光年の宇宙のかなたオメガ・ケンタウルス星団から フェニックスさまの命を受け
 おまえたちキン肉マン・チームを皆殺しにするためやってきたオメガマンだーっ!!
 また オメガマンのΩ(オメガ)とはギリシャ語の最終文字で最後と言う意味もある…
 …まさに わたしはフェニックス・チーム最後の戦士としてキン肉マン・チームよ
 おまえたちの前に立ちふさがったのだーっ!!
 そして わたしにはおまえたちキン肉マン・チームを倒し
 フェニックスさまをキン肉星の王の座に就かせる任務のほかに…
 もうひとつ大切な目的があってやってきた…
 まあ それについてはおまえたちをひとりずつ血祭りにあげながら おいおい説明してやるぜ
 フォフォフォ」

新シリーズでは

完璧超人始祖編に続く新シリーズで突如復活。
魔王サタンの指示で、サグラダ・ファミリアの地下に眠るサイコマンの遺産を奪取すべく5人の仲間を率いて正義超人を襲撃した。
直前に登場した悪魔超人達が何の説明もなく復活していたことからいつものゆで仕様かと思われたが、背中に背負う手の形が左右逆についているなど、デザインが変更されている部分もあった。

復活!!オメガマン!!!


実は本人ではなく、オメガ一族の現当主にして双子の兄であるオメガマン・アリステラであった。
かつて王位争奪編で登場したのはであり、本名は「オメガマン・ディクシア」という。
ちなみに委員長の回想でディクシアの姿も載っていたが、アリステラはそれに比べて目元や膝当てなど各部の装飾がよりシャープで鋭利なデザインになっている。

224話でマグネットパワー火事場のクソ力(友情パワー)を報告書に記載、アリステラに送っていたことが判明し、「完璧超人界に潜入したスパイ」であることがほぼ確定した。

余談

超人閻魔の精鋭部隊として無量大数軍が登場したがオメガマン・ディクシアとの関係はわかっておらず、「普通に無量大数軍の一員説」、「完璧超人始祖のサイコマンと同じ独自の役割を持った完璧超人説」、「超人閻魔の弟子説」等様々な推測がされていた。

関連イラスト

黒歴史晒し・ジ・オメガマン
Ω血煙牙ーーーーッ!!



関連タグ

キン肉マン
知性チーム キン肉マンスーパーフェニックス
完璧超人 ネプチューンマン
超人閻魔

pixivに投稿された作品 pixivで「オメガマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45932

コメント