ピクシブ百科事典

マグネットパワー

まぐねっとぱわー

漫画『キン肉マン』に登場する能力。
目次[非表示]

概要

完璧超人ネプチューンマンビッグ・ザ・武道(ネプチューンキング)が使用。
その名の通り肉体から「磁気」を発生させる能力で、周囲の金属類を磁気で引き寄せたり、逆に突き放したりすることができる。
本編では、友情を失った正義超人たちが流す汗「アイアン・スウェット」の効果もあり試合を有利に進めた。

また、パートナー同士がそれぞれ「+」と「-」の磁気を発することでより効果を高めることも可能で、「クロスボンバー」「磁気嵐クラッシュ」などバリエーションに富んだ強力なツープラトンの発動を助ける。
より強力な磁気嵐を発生させれば、天候や時間すらも操れるようになる。

新章『完璧・無量大数軍編』では、元々は完璧超人始祖の一人・サイコマンが発見したものであったことが判明した。
かつて無量大数軍に身を置いていたネプチューンキングはサイコマンに師事し、マグネットパワーの扱い方を伝授されていた。

その正体は地球という惑星そのものが持つ生命力のようなものであり、これを超人パワーと一体化させることで凄まじいパワーを生むことができる。
完璧・無量大数軍を含めた完璧超人の面々のほとんどが他の属性の超人と比べ、異様に高い超人強度を有している(ミートくん曰く「パワーが一般超人の20倍はある」)のは、マグネットパワーと超人パワーの融合の結果だと考えられる。
(ネメシスの一件を見るに、完璧の洗礼によって姿が変わるのも、これに由来するものだと思われる。ちなみに、超人強度は生まれついてのもので、原則上昇することはない。
そこを踏まえると、自らのうちにある力で、かつ、超人強度を瞬間的に上げることのできる火事場のクソ力を、管理者としての立場を取る完璧超人たちが危険視していたのも頷ける)

これを発見し有効活用することを提案したサイコマンに対し、他の始祖たちは完璧超人の矜持に反することやその危険性から戦闘に使うことを否定するも、唯一ザ・マンのみが賛同。研究の続行と、マグネットパワーの管理をサイコマンに任せることを一方的に決定する。これが始祖たちに亀裂を生むきっかけの一つとなった。

後にサイコマンは研究によりマグネットパワーによる超人パワーの強化からさらに踏み込んだ「超人パワーそのものの生成」に到達、文字通り超人の生と死の境目を崩壊させる力となってしまう。やがてこれが超人墓場というシステムを生み、超人閻魔が部分的とは言え命を支配する事となった。

シルバーマンは許されざる世界樹でのサイコマン戦の最中にも「命を弄ぶような力なんて使うもんじゃない」とまで言い切っており、始祖達にとってもこの事はかなり歪な物として映っていらしい。

他の始祖のマグネットパワーについての見解

  • アビスマン

「そんな手品みてぇなやり方でパワーを増強させて何が楽しいってんだ?ほとんどドーピングじゃねえか!」

  • ペインマン
「研究自体は否定しないが、少なくとも己の肉体を鍛えて得たものではない。借り物同然の力を闘いに組みこむ考えには賛同しかねる」
  • ジャスティスマン
「マグネットパワーの使い方は慎重に議論されるべき」というペインマンの発言に無言の同意を見せる。
  • ガンマン
「誰がきさまなどの考えに……」
(発言自体はサイコマンに遮られたが、おそらく自分自身の力ではないマグネットパワーを使うことは自らを偽ることになるため反対している)
  • シルバーマン
「世紀の大発見だけど封印すべき。これは神の領域だ」
「命を弄ぶような力なんて使うもんじゃない」
  • ザ・マン
「何があろうと私たちが使い方を誤ることはない」
「むしろ私たちこそ率先して研究していくべきだ、私たちは完璧なのだから」

ちなみにザ・マンが賛成の意を示した際、サイコマンの表情は喜びではなく、他の始祖と同じく驚愕に染まっていた。サイコマンにとっても、彼が賛同することは完全に想定外だったのだろう。

関連タグ

キン肉マン
完璧超人 磁石 マグネット
ネプチューンマン ビッグ・ザ・武道 / ネプチューンキング サイコマン
ゆで理論

pixivに投稿された作品 pixivで「マグネットパワー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41865

コメント