ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避


概要

医学的に心肺停止脳死状態などで意識を失っている状態から生還した人間が語るもので、意識を失っていたにもかかわらず、意識によって体験した何らかの記憶が残されている。


身の回りや距離の離れた場所で起きていることを視覚聴覚で把握していたり、別世界に行ってきたり、死んだはずの知人と再会したり、いわゆる走馬灯を見たりなど。民族で若干の違いはあるが、世界各地で報告される体験談はおおよそ前述の話が共通している。


体験者の多くは生還した後に人格や価値観に変化が見られることも多く、ほとんどが穏やかで優しい性格に変化し、物の所有や名声などにこだわらなくなり、死への恐怖が無くなったり減少し、環境問題に興味を示す様になったり、新たな能力や趣味に目覚めたり、超常的存在を肯定するようになったりする。


臨死体験と思われる話は古代ギリシャ時代から存在し、その他昔話古典など古代から数多存在する。時代の変化によって内容にも変化は起こっている。例としては、例えば日本でなら大昔なら閻魔大王と出くわした話だったが、今では三途の川のような場所の話が多い。


この現象の解明や解釈は数多くされ、が起こした錯覚幻覚、つまりの類ではないかとされてきたが、脳が機能停止状態にもかかわらず、脳が動いてなければ見れないはずのものを見ている例が多い。また、自分が昏睡状態の最中の周囲の状況を回復後に正確に報告したり、盲目の人物が周囲の状況を詳細に報告した、などの事例もある。そのため、霊魂死後の世界にいきかけて戻ってきたという解釈を肯定派の大半が主張している。


似た様な事例は、例えばお迎え現象でも見られる。


関連動画


関連タグ

超常現象 死後 瀕死 幽体離脱 霊魂/

関連記事

親記事

瀕死 ひんし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 346461

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました