ピクシブ百科事典

臨死体験

りんしたいけん

死に際の状態から生還した人々が体験した超常現象のこと。

概要

医学的に心肺停止脳死状態などで意識を失っている状態から生還した人間が語るもので、意識を失っていたにもかかわらず、意識によって体験した何らかの記憶が残されている。

身の回りや距離の離れた場所で起きていることを視覚聴覚で把握していたり、別世界に行ってきたり、死んだはずの知人と再会したり、いわゆる走馬灯を見たりなど。民族で若干の違いはあるが、世界各地で報告される体験談はおおよそ前述の話が共通している。

体験者の多くは生還した後に人格や価値観に変化が見られることも多く、ほとんどが穏やかで優しい性格に変化し、超常的存在を肯定するようになったりする。

臨死体験と思われる話は昔話古典など古代から数多存在し、時代の変化によって内容にも変化は起こっている。例としては、大昔なら閻魔大王と出くわした話だったが、今では三途の川のような場所の話が多い。

この現象の解明や解釈は数多くされ、が起こした錯覚幻覚、つまりの類ではないかとされてきたが、脳が機能停止状態にもかかわらず、脳が動いてなければ見れないはずのものを見ている例が多い。そのため、霊魂死後の世界にいきかけて戻ってきたという解釈を肯定派の大半が主張している。

関連タグ

超常現象 死後 瀕死 幽体離脱 霊魂/

pixivに投稿された作品 pixivで「臨死体験」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35564

コメント