ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

仏教で、が死後7日目に渡るとされる。 呼び方は俗称で、本来は葬頭河(そうずか)。三瀬川(みつせかわ)、渡り川とも呼ばれる。
三途の川の河原は「賽の河原」と呼ばれる。
名前の由来は、三つの途(みち)があるということから。
 
三途の川の渡り方は三つある。
1.善人は金銀七宝で造られた橋を渡る。
2.罪の軽い悪人は、山水瀬と呼ばれる水が膝の下までの浅瀬を渡る。
3.罪の重い極悪人は、川の流れが速く、波は山のように高く、川底には大蛇が潜んでいる強深瀬(江深淵)と呼ばれる深瀬を渡る。

平安時代の末期頃までは前記のように橋を渡ったが、室町時代以降からは船に乗って渡ることになっている。
川を渡るためのに乗るには六文銭がいると言われている。
また、三途の川には懸衣翁奪衣婆という老夫婦の係員がおり、六文銭を持たない死者が来た場合に渡し賃の代わりに衣類を剥ぎ取ることになっていた。
因みに、群馬県甘楽郡甘楽町を流れる三途川は行基が名付けたものであると言われている。

女神転生シリーズ

女神転生Ⅱ真・女神転生真・女神転生Ⅱ真・女神転生If...真・女神転生Ⅳデビルサマナーに登場。
詳しいメッセージなどは女神転生シリーズの死亡シーン集を参照。

侍戦隊シンケンジャー

伝承と異なり、あの世に行く亡者が渡るのではなく、敵組織(?)の怪物、アヤカシ達が棲むこの世ならざる世界という設定。そのため懸衣翁や奪衣婆は登場しない。
昼とも夜ともつかない真っ赤な空間で、嘆きと穢れに染まった水は血のように赤く、この世の清らかな水とは相容れない。
アヤカシはこの穢れから自然発生的に生まれるらしく、定期的に沐浴を行わなければならない。
人々の嘆きや苦しみによって水嵩を増すため、この世に溢れ返った状態を作り出してこの世を蹂躙し支配することが目的。

東方Project

妖怪の山の裏側に位置する川。幻想郷此岸(この世)で、川の向こうは彼岸、つまりあの世である。
流れが少なく、音もほとんどしない静かな場所で、生き物の音は一切聞こえてこない。時々、暢気な死神の歌声が聞こえてくる程度である。
この川には既に絶滅した魚が棲んでいるが、全て幽霊だからか釣り上げる事ができないらしい。
三途の川は深い霧に覆われ、昼も夜もない。三途の川を泳いで渡ろうとしても体が水に浮かばないので不可能。渡るには死神に賃金を渡すしかないが高価格。
川を渡ってしまったら、次の生を受けるまで戻って来られないという。

関連タグ

仏教 冥土 地獄 六文銭 賽の河原 彼岸花
死神 泥沼 ドロドロ 豪雨 洪水 氾濫/反乱
閻魔あい 小野塚小町 女神転生 半熟英雄 幽遊白書 外道衆
ゲームオーバー 女神転生シリーズの死亡シーン集
聖闘士星矢-ハーデス編にて星矢が三途の川を泳いで渡ろうとしたが亡者達に妨害され川底に引きずりこまれそうになる
天の川/ミルキーウェイ…こちらは男女(カップル)を引き離す川

参考文献

三途川(Wikipedia)
三途の川(やさしい仏教入門)
東方求聞史紀(東方Project)

関連記事

親記事

冥土 めいど

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「三途の川」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 256286

コメント