ピクシブ百科事典

彼岸花

ひがんばな

ヒガンバナ科の球根性植物。秋の彼岸の頃に花を咲かせる。全草有毒。
目次[非表示]

概要

ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根性の多年草
名前の由来は、彼岸の頃に咲くことから。

曼珠沙華マンジュシャゲ)、地獄花葬式花死人花ハッカケババア葉見ず花見ず狐花壱師の花など多くの別名を持つ。

生態

中国を原産とする史前帰化植物で、水辺に多く分布するのは洪水などで球根が流されてきたのではないかと推測される。
9月に花茎を地上に伸ばし、頂点に5~7個の赤い花が放射状に斜め上へ向かって咲き、炎を連想させる。
花茎が枯れた後、細長い深緑色の葉を茂らせる。他の植物が枯れた冬の間、陽光を独占して光合成で球根を太らせ、春になると葉が枯れ、秋まで休眠する。

毒性

全草有毒で、ネズミモグラなどに畦道を荒されないよう植えられたと言われる。
漢方では生薬石蒜(せきさん)として取り扱われる。
近年は有毒成分の一つであるガランタミンアルツハイマー病の治療薬として用いられている。
ヒガンバナの毒はアルカロイドで水溶性のため飢饉の際には球根を粉砕して長時間流水に曝して毒を流し、デンプンを食用としたとされる。

俗説

花の下に死体が埋まっているという俗説があるが、墓地に咲いている事からの発想である。
花が炎のような見た目のため、家に持ち帰ると火事になるという俗説もある。

園芸品種

日本の彼岸花は三倍体のため結実しないが、二倍体であるコヒガンバナショウキズイセンと稔性のある雑種を作ることが出来、これを利用して様々な園芸品種が作出された。
花の色はピンクオレンジ色など。
海外でもその美しさから人気で、属名のラテン語「リコリス(Lycoris)」の名で扱われることが多い。
なお、甘味料にも使われるマメ科のスペインカンゾウもリコリスと呼ばれるが、こちらは英語名のliquoriceにちなむ別物である。

仏教伝説

「曼珠沙華」という名称は、サンスクリット語の「マンジュシャカ」から。仏教伝説の天の花で見る者の悪業を払うといわれ、天人が雨のように降らすとされる。
しかし「マンジュシャカ」は白い花である。

花言葉

・赤い彼岸花
「情熱」「独立」「再会」「あきらめ」 「悲しい思い出」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」
・白い彼岸花
「また会う日を楽しみに」「想うはあなた」 など。

関連イラスト

彼岸花
女学生
ひがんばな
それっぽい彼岸花の描き方



関連タグ

植物  赤い花  園芸 ガーデニング
 秋分の日 彼岸 秋の風物詩
新美南吉 ごんぎつね 彼岸花の咲く夜に 踊る彼岸花 郡千景
ヒガンバナ(花騎士) リコリス棲姫艦隊これくしょん

関連記事

親記事

はな

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「彼岸花」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12277452

コメント