ピクシブ百科事典

被子植物

ひししょくぶつ

植物の分類の主要な1グループ。主に陸上において最も繁栄した一群である。

中生代白堊紀に現れた植物であり、種子植物に含まれる。

定義と分類

「胚珠が心皮にくるまれて子房の中に収まった植物」というのがもともとの定義。平たく言えばを咲かせ果実がなる植物。種子果肉を被っている、という意味で「被子」。

伝統的な分類では単子葉類双子葉類に分かれる。単子葉類(ユリなど)はモクレンスイレンなどの原始的な双子葉類が枝分かれした後に進化しているので、新しい分類では原始的な双子葉類を「基部被子植物」として狭義の双子葉類(真正双子葉類)から分けている。

ただしイチョウイチイのように、一見果肉を持つが裸子植物に属するものもある。逆に目立った花を咲かせず(風媒花なので)、種子に果肉らしいものが無い(退化消失したと考えられる)稲やなどのイネ科植物が被子植物だったりもする。

ヤシなんかは、表面的な特徴だけを見れば裸子植物より原始的なシダ植物ではないかとすら思えるが、単子葉植物に属し、被子植物の中でも進化した部類の植物である。

関連タグ

果物 フルーツ  植物 種子植物 裸子植物

関連記事

親記事

種子植物 しゅししょくぶつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「被子植物」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2469

コメント