ピクシブ百科事典

白亜紀

はくあき

白堊紀とも。地質時代の一つ。約1億4500万年前から6600万年前。
目次[非表示]

概要

中生代最後にして最長の時代で、約1億4500万年前から6550万年前までの7900万年間を指す(これは白亜紀の終焉から現在までより長い)。命名由来は地質年代測定が行われた石灰岩白堊)の地層から。

ジュラ紀に2つしかなかった大陸は分裂し、配置は異なるものの現在ある大陸と同じ構成になった。
先代のジュラ紀と同じく温暖な時代で、極地に氷河はなかった。火山活動が活発な時代で、たびたび海の酸素が無くなって海洋生物が死に絶えている(海洋無酸素事変)が、これは火山活動で二酸化炭素が大量に放出されたことと関係しているらしい。大気中の酸素濃度は上がり続け、古生代末から続いていた低酸素状態は解消された(このことが呼吸能力が恐竜に比べ劣っていたため低酸素環境下でハンデを強いられていた哺乳類の台頭に繋がる)。

生物相

ティラノサウルストリケラトプスなどの超メジャーな恐竜が登場した時代である。翼竜はこの時代の初期に最盛期を迎えるが鳥類の台頭に押されるようになり、この時代の後期には大型種だけが残った。空や海では古鳥類が繁栄を極め、現生鳥類の直系祖先も登場している。

海ではモササウルスサメ類が台頭し、これらに押されて首長竜は衰退。魚竜は海洋無酸素事変の煽りで恐竜よりかなり早く9000万年前に絶滅した。次代の覇者哺乳類は胎生を獲得した真獣類と後獣類が出現。初期はほとんどがネズミのような大きさ・生態だったが、時代を下るに従って形態や生態の多様化が進み始め、犬サイズのものや肉食のものも現れた。

陸上植物は大きなを咲かす被子植物が繁栄し始めるが、モクレンなどの原始的グループが中心で本格的な多様化は新生代に入ってからである。針葉樹マツ類など現在と大差ない形の種類が主流となる。

白亜紀の終焉

約6550万年前に、恐竜を始めとする多くの大型爬虫類(翼竜魚竜首長竜モササウルスなど)が死滅した。超巨大隕石の衝突であったとされる。

ワニ類は1種~ごく少数種(ヒラエオカンプサ属の一部)以外は全て絶滅するも、大型爬虫類では唯一、全滅を免れた。決定的な理由は分からないが、淡水を生息の場とし、何でも食べ、長期間の絶食にも耐えられたことが要因と考えられる(恐竜が内温性動物であれば外温性であるワニよりも多くの餌を必要としたであろう)。しかし、爬虫類でも当時から繁栄していた有鱗類(トカゲやヘビ)は小型種ばかりだったせいか影響は軽微で、新生代に入ると一層の繁栄を遂げた。

鳥類も多くの系統が絶滅し真鳥類の一部のみが生き延びた。哺乳類も小型種以外が絶滅するなど大きな打撃を受けたが主要な系統が生き延び、この両者が新生代の覇者となった。

なお海洋環境は陸上以上に過酷な激変に襲われたようで、白亜紀の海で繁栄を極めた大型サメ類も死に絶え小型種だけが残った。海洋のプランクトンも多数が絶滅している。無脊椎動物ではアンモナイトが完全に絶滅したのをはじめ二枚貝類なども大半の種が絶滅した(おそらく酸性雨が降り注いだことによる海洋酸性化が原因)。しかし硬骨魚類は比較的痛手は少なかったと考えられており、海洋環境の激変が収まると、棘鰭上目(新生代の硬骨魚の主流で、白亜紀末期に現れた比較的新しいグループ)が適応放散を遂げた。

主要な古生物

恐竜

獣脚類


竜脚類


鳥脚類


装飾頭類


鎧竜


翼竜


首長竜


海トカゲ


その他の爬虫類


魚類


鳥類


哺乳類


関連項目

古生物 過去 

ジュラ紀 ← 白堊紀 → 第三紀

関連記事

親記事

中生代 ちゅうせいだい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「白亜紀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38212

コメント