ピクシブ百科事典

マプサウルス

まぷさうるす

白亜紀後期のアルゼンチンに棲息した大型獣脚類である。

概要

2006年に「大地の爬虫類」を意味する「マプサウルス・ロゼアエ」と命名されたこの獣脚類カルカロドントサウルス類に属する。全長は13メートルに達したが、近縁種のカルカロドントサウルスやギガノトサウルスと比べると比較的軽快な体型をしていた。
この恐竜の驚くべき点は、6メートルの亜成体から13メートルの成体まで少なくとも7体分の化石がまとまって見つかったことだ。他の恐竜の化石が発掘されていないことから、これが1つの群れであった可能性が高い。同じ地域では史上最大の竜脚類アルゼンチノサウルス」が発見されていることから、マプサウルスはこれらの大型恐竜を捕食するために群れを作っていたと考えられている。とはいっても一気に殺すのではなく、必要な分だけの肉を食いちぎっていたのではないかと考えられている。また、このケガによって命を落とした獲物を捕食することもあっただろう。


関連タグ

獣脚類 カルカロドントサウルス ギガノトサウルス アクロカントサウルス エオカルカリア

pixivに投稿された作品 pixivで「マプサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2204

コメント