2022年7月7日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

データ

正式学名は「最も巨大な爬虫類喰らいの王」を意味するサウロファガナクス・マキシムス。1941年に命名された時はサウロファグスと命名されたが、後にこの属名は現生鳥類のタイランチョウ科の一種に使われていることが分かり、1995年にサウロファガナクスに改名された。

化石はオクラホマ州で部分的なものが発見されているのみだが、全長は11~13メートル、体重2~5トンに達したと推測されており、トルヴォサウルスと並んでジュラ紀最大の肉食恐竜とされている。この巨体を武器に、ディプロドクスブラキオサウルスなどの竜脚類を捕食していたかもしれない。

ちなみに僅かな化石しか見つかっていないため、近縁種アロサウルスの一種に過ぎないと主張する研究者も多い。しかし脊椎や血道弓に僅かな違いが見られるため、現在のところは独立種として認められている。復元骨格も製作はされているものの、多くの部位はアロサウルス・フラギリスを参考に作られている。

古代王者恐竜キング

DSソフト「7つのかけら」の付属カードとして登場。強さ2000・必殺わざはチョキ・炎属性・超こうげきタイプで登場。固有名詞付き恐竜を除けば唯一超のつくバトルタイプで、「厳密には架空の恐竜」を除けば最も攻撃力が高い。ショルダーネームは「暴君の刺客」

  • 予約特典として「マグマブラスター」「ビッグファイアボム」「ボルケーノバースト」のわざカードが3枚セットになったトリプルスラッシュカードがついていた。「7つのかけら」ではレベルアップさせるとこのわざカードが手に入る。

「7つのかけら」1週目の最後の敵としても登場。2周目以降もソーノイダが使用し、猛威を振るう。

関連記事

親記事

アロサウルス科 あろさうるすか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「サウロファガナクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7268

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました