ピクシブ百科事典

ディプロドクス

でぃぷろどくす

中生代ジュラ紀後期に生きていた大型の植物食恐竜。所謂「カミナリリュウ」の一種。
目次[非表示]

概要

属名は「二又の梁(はり)」と言う意味であり、背骨の形態にちなんでいる。和名は「梁竜(りょうりゅう)」。いくつかの種がジュラ紀後期の北米西部から発見されている。
全長22~24メートル、体重10~20tにもなる大型の恐竜である(近縁種のセイスモサウルスをディプロドクス属に統合する学説が近年有力であり、その場合は全長33メートル、体重は40tほど)。但し、竜脚類としてはかなり体重は軽い方である。これは全体的に華奢な体型である事に加え、骨の各所が軽量化されている事による。
長い頸と長い尾が特徴で、通常時はこの頸と尾を水平に保った状態でバランスを取りながら、ゆっくりとした歩調で歩いていたと想像される。長い尾は高速で振りまわす事も可能で、肉食恐竜に対する強力な武器ともなったとされる(が、これに反対する意見もある)。
保存状態のよい化石が多数発見されており、各国の博物館で復元骨格を見ることができる。

ディプロドクスに近縁な竜脚類


関連タグ

恐竜 竜脚類 ディプロドクス科

pixivに投稿された作品 pixivで「ディプロドクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3721

コメント