ピクシブ百科事典

バロサウルス

ばろさうるす

中生代ジュラ紀後期の北アメリカに棲息していた大型の植物食恐竜である.

データ

属名は「重い爬虫類」を意味する。全長23~27m、体重20tほどにもなるディプロドクス科の大型竜脚類である。化石はアメリカのユタ州やサウスダコタ州で見つかっている。かつてはタンザニアにも生息していたと考えられていたが、現在ではそちらは別種としてトルニエリアという名前が付けられている。

とても長いやがっしりとした胴体が特徴。外見は近縁種のディプロドクスによく似ているが、バロサウルスの方が首が長く、逆にが少し短めである。は頑丈だが、後ろ足はやや細めであった。その後ろ足と尾を支えにして立ち上がった復元図が有名で、ニューヨークのアメリカ自然史博物館ではその姿勢での復元骨格が展示されているが、関節の構造などから本当にそのような姿勢が取れたのか疑問視する研究者もいる。

関連タグ

恐竜 竜脚類 ディプロドクス

関連記事

親記事

ディプロドクス科 でぃぷろどくすか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バロサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 482

コメント