ピクシブ百科事典

ブロントサウルス

ぶろんとさうるす

ジュラ紀後期に棲息した植物食恐竜の一種であり、似た形態を持つ恐竜族の総称でもある。
目次[非表示]

データ

19世紀にアメリカ西部のジュラ紀後期の地層から発見された、全長20メートル以上に達する大型の竜脚類。ブロントサウルスとは「爬虫類」を意味するギリシャ語に由来する。「雷の~」と名付けられた背景については、アメリカの伝承に登場する、稲妻を伴って天空を疾走する巨獣「サンダーホース」の伝承に因む説や、足音が雷のように轟きそうな巨体だという説など、諸説ある(竜脚類をカミナリ竜というのはこのため)。

かつては体が重いので水中で生活していたと考えられていた。

ひみつの海で


現在では横隔膜がないことから否定されている。

分類について

この恐竜は長年アパトサウルスの同属異名(ジュニア・シノニム)のひとつとされ、属としての独自性が否定されていた。しかしこの名称に愛着を持つ研究者が多かった事から、現在ではアパトサウルスも含む竜脚類の通称として名前が残される事となった。

だが2015年ポルトガルの研究チームが、ブロントサウルスにはアパトサウルスとは別属である証拠が多いという論文を発表し、再びブロントサウルスの名が復活したのである。
アパトサウルスの5種の内、A.アジャックスとA.ルイザエはアパトサウルス属のままだが、かつてブロントサウルスの模式種(基準になる種類)とされたエクセルスス種とパルブス種、発見当初エオブロントサウルスとされたヤナピン種がブロントサウルス属に再分類された。
この「属」というのは「科」の下、「種」の上にある分類で、今まで「アパトサウルスの仲間(亜種)だ!」とされてきた連中の中に「コイツはアパトサウルスとは別なんじゃね?」というヤツがおり、新種として独立したというわけだ。

フィクションでの扱い

怪獣王子」の主人公、伊吹タケルの相棒ネッシーはブロントサウルスという設定。火を吹くが、アメリカ側の要望によるもの。本作では怪獣と恐竜の線引きは曖昧になっている(敵側もしかり)。

のび太の恐竜」ではブロントサウルスの群れが火口湖から現れる。舞台年代は白亜紀なので、「のび太の恐竜2006」ではアラモサウルスに差し替えられている。

ダイアクロンの恐竜ロボのブロントサウルスは水陸両用の機体という設定。

恐竜ロボはトランスフォーマーダイノボットに転用され、ブロントサウルスのそれはスラージ。密林戦士という設定。地割れを抑えるパワー自慢。

トランスフォーマーV」の恐竜戦隊の海魔兵ライリュウはブロントサウルスのサイボーグを相棒とし、水中戦が得意という設定。

勇者エクスカイザー」のスラージの変形を踏襲した海将サンダーガイストは海では俄然強みを見せる。

関連項目

恐竜 竜脚類 アパトサウルス ディプロドクス

関連記事

親記事

ディプロドクス科 でぃぷろどくすか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ブロントサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30729

コメント