ピクシブ百科事典

赤城みりあ

あかぎみりあ

ゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ』の元気っ娘アイドル。
目次[非表示]
  • 1 プロフィール
  • 2 カード一覧
  • 3 概要
  • 3.1 人物像
  • 3.2 容姿
  • 3.3 他のアイドルとの関わり
  • 4 各種カード
  • 4.1 ノーマル(初期実装)
  • 4.2 バレンタイン
  • 4.3 しっぽもふもふ
  • 4.4 ニュースマイル
  • 4.4.1 ニュースマイル・S
  • 4.5 ちびっこアクマ
  • 4.6 CDデビュー
  • 4.7 シンデレラドリーム
  • 4.8 キラキラ☆ジャンプ
  • 4.9 ポッピンポップ
  • 4.10 ないしょのステップ
  • 4.11 凸レーション
  • 4.12 ちびっこナース
  • 4.13 お花のプリンセス
  • 4.14 マーチングバンド
  • 4.15 おてんばピエレッタ
  • 4.16 サーカスパフォーマー / スマイリーパフォーマー
  • 4.17 おりこうメイドさん
  • 4.18 スイートウィンター
  • 4.19 夏のはじまり
  • 5 参加ユニット
  • 6 スターライトステージ
  • 6.1 ハッピーホイップ
  • 6.1.1 SSRまでの道程
  • 6.2 メイクミー・キスユー
  • 6.3 shabon song
  • 6.4 ポッピン・ハイ☆
  • 6.5 一夜の魔法
  • 6.6 青空エール
  • 6.7 その他イベントへの出演
  • 7 ビューイングレボリューション
  • 8 メディアミックス
  • 8.1 アイドルマスターシンデレラガールズあんさんぶる!
  • 8.2 DNAコミックアンソロジー・パッションなドラマCD
  • 8.3 リアル346プロ企画
  • 8.4 グランブルーファンタジー
  • 8.5 アイドルマスターシンデレラガールズU149
  • 9 アニメ
  • 9.1 アイドルマスターシンデレラガールズ
  • 9.2 シンデレラガールズ劇場
  • 10 みりあP
  • 11 関連タグ
  • 12 外部リンク
  • プロフィール


    「○○プロデューサー! あのね、私といっしょにお話しよ! まだまだたくさんお話したいんだ♪」
    みりあもやるー!」

    タイプパッション
    年齢11歳
    学年小学5年生
    身長140cm
    体重36kg
    BMI18.37
    B-W-H75-55-78
    誕生日4月14日(みりあ生誕祭)
    星座牡羊座
    血液型AB型
    利き手
    出身地東京都
    趣味おしゃべり
    CV黒沢ともよ
    初登場2011/11/28(ゲーム稼働開始から)
    CDデビュー2013/05/22(No.017)
    ぷちデレラ実装2014/10/30
    ぷちデレラ初期ステータスVo58/Da63/Vi57
    ぷちデレラ最終ステータスVo3850/Da4225/Vi3775
    「アイドルトーク」対象白坂小梅
    第2回総選挙37位
    第5回総選挙49位
    第7回総選挙(中間Pa15位)

    カード一覧

    枚数:18種34枚+差分2種3枚(太字はローディングキャラ付)

    レアリティカード名コストMMMAPMMMDP特技効果
    N/N+ぴょんぴょんきょんしー82415/36581785/2704無し無し
    R/R+バレンタイン104515/98383675/5566好奇心全開ッ!!Paの攻 小アップ
    SR/SR+しっぽもふもふ169975/151068715/13198ポップンタイムPaの攻 大/特大アップ
    SR/SR+ニュースマイル115250/79506563/9939元気のお祈りCoPaの守 中/大アップ
    SR/SR+ちびっこアクマ1710815/1637810448/15821お羽ぱたぱた♪Paの攻守 特大/極大アップ
    SR/SR+CDデビュー104148/62815828/8825Romantic NowPaの攻守 中/中〜大アップ
    SR/SR+シンデレラドリーム1813650/206708400/12720夢のチカラ自分の攻 特大/極大アップ
    SR/SR+ニュースマイル・S148873/134377088/10733元気のお祈りCuPaの攻 大〜特大/大〜極大アップ
    SR/SR+キラキラ☆ジャンプ1912285/1860412180/18444キラキラのしずく全タイプの攻守 極大/絶大ダウン
    R/R+ポッピンポップ147245/109726983/10575ともだちの輪CuPaのフロント+バクメン1人の攻守 大アップ
    SR/SR+ないしょ のステップ2116328/2472511708/17729明日もまたねCoPaのフロント+バクメン3人の攻極大/絶大アップ
    SR+凸レーション161184514547夢のかけらCoPaの守特大~極大アップ
    SR/SR+ちびっこナース2114963/2265814385/21783元気になぁれ!CoPaのフロント+バクメン上位4人の攻守 極大/絶大アップ
    SR/SR+お花のプリンセス2217693/2679312495/18922そーっと触って♪CuPaのフロント+バクメン上位5人の攻 極大/絶大アップ
    R/R+マーチングバンド145933/89858400/12720元気のリズムCoPaのフロント+バクメン1人の守 大〜特大/特大アップ
    SR/SR+おてんばピエレッタ2318480/2798414175/21466ブラブラびゅーん!全タイプのフロント+バクメン上位5人の攻 絶大/超絶アップ
    R+サーカスパフォーマー14119038970おどけてあいさつ全タイプのフロント+バクメン上位1人の攻 大アップ
    R+スマイリーパフォーマー14121909085おどけてあいさつ全タイプのフロント+バクメン上位1人の攻 大〜特大アップ
    SR/SR+おりこうメイドさん2419793/2997314963/22659いっぱいほめてねCuPaのフロント+バクメン上位5人の攻 絶大/超絶アップ
    R/R+スイートウィンター147350/111307088/10733ふんわりおすましCuPaのフロント+バクメン2〜3人/3人の攻守 特大アップ
    SR/SR+夏のはじまり2518795/2846218690/28302あつーい思い出全タイプのフロント+バクメン上位5人の攻守 超絶/究極アップ

    概要

    みりあおめ


    2011年11月28日の『アイドルマスターシンデレラガールズ』初期からノーマル(N)アイドルとして登場している。タイプはパッション。11歳の小学生。両親と、最近生まれた0歳の妹がいる(後述)。

    人物像

    趣味に「おしゃべり」とある通り、社交的で明るく、好奇心旺盛。台詞の語尾にも星や音符、「!」が頻発しているあたり、生粋の元気印。仕草や振る舞いは歳相応の可愛らしさにあふれている。アイドルになった動機も、カワイイ服に歌にダンスという、なんとも率直なもの。
    パッション年少組の中では珍しく、Pに対して敬語をしっかり使えていたりと育ちの良さも伺える。もっとも、仲良くなるにつれて早々にタメ口になっていくが……

    新しい衣装をPに褒めてもらいたがったり、LIVEを「いっしょに遊ぶ」と称して子供らしく楽しんでいるかと思えば、それでいてパフォーマンスに対しての向上心の高さを見せたりと、幼児のような純粋さと、妹がいるということもあってか年齢に関係なく姉のような寛大さを兼ね備えており、イロモノ揃いのPaキャラとしては珍しく、本当に珍しく、正統派のアイドルの素質を持っている。

    容姿

    容姿も性格に準じてか、髪は後続のイラストでも一貫してショート~ミディアム程度の長さに外ハネツーサイドアップと、女の子らしい快活さを醸し出している。
    身長は年齢にしては小柄ながら、胸囲は平均以上(参考1参考2)。弱冠11歳にしてB75と、トップサイズだけなら年少組(~12歳)では最胸。

    他のアイドルとの関わり

    対人関係に関しては全く物怖じせず、他キャラクターとの絡みは割と年の離れたキャラとのものが目立つ。上記のWebラジオ出演時の『シンデレラガールズ劇場 拡大版』では、レギュラーの島村卯月渋谷凛城ヶ崎美嘉から猫っかわいがりを受けていた。
    特に美嘉からは相当気に入られており、(中の人の影響による)ロリコン疑惑が浮上した発端になってしまう。2ndアニバーサリーエピソード「大人になりたい」では、かなり怪しげに迫られていた。美嘉とは妹を持つ者、つまり姉という立場に立つ者同士でありアニメ版では第17話にて、その点にスポットを当てた両者の絡みが見られた。
    また、難解な中二言語で話す神崎蘭子とも普通に会話している様子が見受けられる当たり、趣味の項目にふさわしいコミュニケーション能力がありそうだ。
    同じパッション属性であり、ユニット曲なども出している本田未央とは、アニメPVでもセットで映るカットがあった。

    事務所でも屈指の元気さと体力を備える日野茜から「私の熱さにも負けないくらい元気」と太鼓判を押されている。初期メンバー中唯一の同年齢(11歳)だった佐々木千枝とは、カード[バレンタイン][ちびっこアクマ]・ユニット「リトルスマイルズ」「L.M.B.G」・漫画「あんさんぶる!」「U149」など共演が多く、二次創作でも度々一緒に描かれる傾向がある。

    なお、友達感覚でタメ口をきかれてる珍獣といい、デュオになった時の年齢差を気にする永遠の17歳といい、年齢ネタの比較対象にされている雰囲気すらある。天真爛漫なキャラ特性故、えぐる傷も深そうだ……

    各種カード

    ノーマル(初期実装)

    あかぎみりあさん
    モバマス


    2011年11月のサービス開始時からの初期実装N。
    最速で池袋Cエリア(13-5 グルメ番組ロケ)にて出会うことができるほか、ローカルオーディションガチャからも出現する。
    特訓前は全カード共通の仕様である特訓前=プライベートの姿、特訓後=アイドルとしての姿の例に漏れず、みりあの記念すべき1枚目のカードであるこのカードも、私服姿のカード化となっている。
    服装は普段着としてのお気に入りなようで、着用しての姿ではないが、後のカードのイラストの隅っこに写っていたりもする。
    特訓後は衣装が数人ずつ揃えられていたが、彼女の大きな鈴がついた衣装「ぴょんぴょんきょんしー」は他に似たような服を着ているアイドルがおらず特徴的(カラーリングや袖の感じ的に同じパッション系ノーマルの並木芽衣子とお揃いの可能性はあるが)。
    そのおかげか、影が薄くなりがちなN+衣装の中ではイラスト投稿数も多く存在感がある方。
    SOFでのライバル役として登場することとなった『アイドルマスターシャイニーフェスタ』にも、このイラストで出演した。

    バレンタイン

    DEATHイーツロード!
    カラフルみりあちゃん


    2012年2月8日からのイベント「バレンタインパーティー」にて、イベント限定のRアイドルとして再登場。
    相変わらずの攻撃型なものの、イベント報酬のRだけあって性能は控えめ。付随する特技は「好奇心全開ッ!!」。攻撃力の高さは好奇心が根源らしい。
    2013年5月10日、先行でボイス収録された新SRに続いて、みりあの各種カードにもボイスが付いたが、イベントRにボイスがつかない通例がこのカードにも当てはめられ(ボイス収録されるカード枚数にも関係していると思われる)、このカードへのボイス追加とは相成らなかった。魅力的な台詞の多いカードなだけに残念である。
    特訓前の衣装は、入手手段である衣装アイテム、「カラフルマカロン」の名の通り、パステル地の生地各部に、ビビッドな彩色が施された彩り豊かな衣装。お菓子のラッピングを基調としたデザインに、胸部と首元にはマカロンを模したと思われるアクセサリーが添えられている。
    みりあ自身の衣装への感想は上記の通り「おいしそう」。……まあ、間違ってはいない。
    特訓後も相変わらずマカロンを模した肩紐とヘッドセットに、特訓前とは打って変わって肩周りの露出度を高め、カラーリングも黄色のビビットカラーとチョコレートを基調とた活動的な衣装に変化した。花びらを模したレースや、アイマス界隈では意外とアタマにつけての使用がめずらしい(首にかけているパターンが多い)ヘッドホンなど、N+と同じく細かい意匠に恵まれたイラストといえるだろう。
    バレンタインの時期を想定した台詞が組まれているため、「ちょっと寒いかも!」などのセリフも……

    しっぽもふもふ

    ぴょーん!
    アイサバおつかれさまでしたんっ


    2012年6月7日からの「アイドルサバイバル in 動物園」にてイベント上位報酬として初のSR化、[しっぽもふもふ]赤城みりあと化した。その愛らしさと、コスト16から放たれる、実装当時最強クラスの攻撃力を求めて幾多の課金兵たちを地獄へ落とした。
    特訓前は動物園にて、アライグマと戯れる姿をカード化した物。
    よそ行きと思われる服は、無印の頃と比べるとだいぶ垢抜けた印象を受ける。かわいい
    だが、せっかくの服も、戯れるアライグマによって引っ張られ、好き放題されている。全くけしからん……イベント開催と同時に掲載された『シンデレラガールズ劇場』第12話にも登場。三船美優にアライグマをなでていいと言ったところ、なぜか自分がナデナデされたためツッコミを入れている。美優の「間違えちゃった…かわいい…」という反応には、画面外の紳士たちも多数同意したと思われるが、イベントで共演した日下部若葉(20歳)について「若葉ちゃんは、お姉ちゃんっていうよりもお友達だもん♪」と語る。年齢差9歳……

    なお、描かれている動物はアライグマということになっているが、その見た目はどう見てもレッサーパンダのそれ……。というものの、かの有名な『あらいぐまラスカル』のアニメ製作時、元々のアライグマに準じたデザインでは可愛くないということで、目の周りを白くしてレッサーパンダに近いカラーリングにしたという経緯がある。このため、日本では両者の区別がつかない人も結構いると思われる。このカードのイラストがそれを考慮した上でのものなのか、はたまた単純な制作上のミスなのかはのみぞ知る。
    この「ミス」は運営もある程度把握していたようで、CDのトークパートで「動物園でレッサーパンダを見たいな」という台詞が盛り込まれている。
    また、『スターライトステージ』のルームではなぜか名前が混ざっており、「レッサーアライグマ、見てきたよー!」という台詞がある。

    特訓後は自らもアライグマ(?)に化け、耳と尻尾が生える。そのうえ、縞柄のエリマキまでついたフカフカ仕様。「タヌキじゃないよー」
    カードのイラストには背景にパネルらしきものが見え、機材類のケーブルと思しきものも見当たるため、子供向けの番組の撮影か何かをしているようだ。
    アニメ第17話でも美嘉とのデート中にこのコスプレを披露し、思わず美嘉に抱きつかれている。
    346プロダクションファンクラブ会報「Cinderella Cafe Vol.4」掲載の漫画「密着!シンデレラ24時〜城ヶ崎莉嘉編〜」でも、「どうぶつフェア」の撮影の仕事にてこの格好になっている。

    ニュースマイル

    あけましておめでとうございます!2013
    ニュースマイル


    2012年12月27日からのイベント「新春アイドルプロデュース」にて[ニュースマイル]を冠し、通算4度目・SRとしては2度目の登場。今回はイベントにある程度参加すると入手できる、いわゆる完走報酬。また、これまでは攻撃力の方が高めに設定されていたが、今回は守備型のステータスとなった。
    [しっぽもふもふ]に比べて性能は低いが入手のハードルが大きく下がり、しかも台詞や表情の差分が多い「アイプロ」への出演ということでプレイヤーからは大いに喜ばれた。
    特訓前は初詣の様子で、いつもと違う夜中のお祭りにはしゃいでいるが、歳相応に夜更かしは苦手なようで、ちょっとおねむなご様子。
    ゲーム中や『劇場』第64話での台詞で、共演した新田美波「美波さんみたいに魅力的な女の子になりたいなあ…」「甘酒飲んでるだけなのにすごい色っぽーい!」と絶賛している。特訓後は巫女を基調とした衣装(本職の巫女からすれば違うと言いたくなりそうだが)にご機嫌な模様(「巫女さんって男の人に人気なの?ふ~ん…」)。

    ニュースマイル・S

    2013年11月28日「アイドルプロデュース the 2nd Anniversary」において、イエローシャッターチャンスと呼ばれるいわゆるガチャ景品として登場。SR。特訓前、特訓後とも『[ニュースマイル]赤城みりあ』のスマイル差分となっている。
    枚数は千枝加蓮(共にスマイル差分)と同じ1枚だが、残念ながら目玉アイドルとしては紹介されず(´・ω・`)

    [ニュースマイル]との性能面の違いは以下の通りである。

    • コスト:11→14
    • 特技:クール・パッションタイプの守 中アップ→キュート・パッションタイプの攻 ランダムで大〜特大アップ
    • ステータスが守備寄りから、攻撃寄りになっている。

    2017年7月19日、「第36回プロダクションマッチフェスティバル」のゴールドメダルチャンス報酬として復刻した。

    ちびっこアクマ

    お着替え みりあちゃん
    あくまっこ


    2013年4月30日開始の「悪魔っ娘ガチャ」にて、後述のCDの発売を前にして、ボイス付きでのSR化を果たした。17コストのバランス型と、最高級のSRからは1歩ひいた性能ではあるものの、スターダムパワーによる攻守発揮値4倍補正、ツアーで安定の両面特技により、同時開催の「アイドルLIVEツアー in スペイン」では猛威を振るった。
    また、2013年5月15日放送のWebラジオ、「デレラジ」内の『シンデレラガールズ劇場 出張拡大版』にて、最近妹が生まれたという事実が発覚。このカード内(特訓前)の、「私はお家じゃお姉ちゃんだから」という発言の詳細が判明した。同生放送内で掲載されたイラストにはツーショットの物もあり、既にみりあと同じクセっ毛の兆候を見せている妹さんの姿を拝める。
    特訓前は、ステージ用の衣装への着替え途中のシーンをカード化した物。ガチャのテーマやカード名にある通り、いつもの子供らしいファッションから一転、どこかで見たことのあるようなゴスパンな衣装に着替え……ようとしている。
    が、履きなれないニーソや、つけたことのないネクタイに悪戦苦闘している様子がセリフからは伺える。しかもそれにかこつけてプロデューサーに着替えを手伝ってもらいながら思い切り甘えたり、着替えが終わってなかったことを媚びでごまかしたりと、なかなかの天然小悪魔ぶりである。
    ガチャ開始と同時に掲載された『劇場』では、蘭子とともに衣装をプロデューサーに見てもらっている。特訓後のステージ衣装も、やはりどこかでみたことのあるようなパンキッシュな衣装。チュニックとスカートだった上半身はワンピースタイプに変わり、アームウォーマーとブーツを追加装備。総じて特訓前に着替えようとしていた衣装よりもさらに快活度が上がってるといえるだろう。苦戦していたニーソやネクタイは、みりあに合わせて外されたものと思われる。アクマらしい槍と羽、尻尾も完備。帽子もツノをイメージしたとんがりキャップとなっている。

    CDデビュー

    Romantic Now♪
    みりあちゃんお誕生日おめでとう!


    2013年3月15日に『THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 017 赤城みりあ』として日野茜安部菜々新田美波輿水幸子とともにCD第4弾のメンバーに抜擢された。同年5月22日の発売と同時に、これまでの通例に習い、CDの特典としてSR化された。

    特技名にもなるであろう記念すべき表題曲は「Romantic Now」。チップチューンをベースにラップ風のメロと、長く続くアイマスの曲の中でも割と異質な曲調だが、軽快に韻を踏む歌詞に、ウィットに富んだどこか懐かしいメロディの相乗効果が素晴らしい。
    黒沢ともよの子役経験・音楽経験に裏打ちされてか、ド安定の歌唱力、表現力、そして可愛さを発揮している。
    作詞・作曲はバンダイナムコのサウンド部門でも『塊魂』『リッジレーサー』などで数々の名曲を手がけた井上拓(名義は作詞がMC TC、作編曲がTaku Inoue)。アイマス関係では「Honey Heartbeat」「アップルパイ・プリンセス」での作詞を担当していたが、作曲・編曲での担当は今回が初となる。

    第1回総選挙の上位を占める強豪の多いPaの中で、異例とも言えるランキング外からのCD選抜を果たした(本田未央も境遇は似ているが、彼女の場合、このゲームの看板といえるニュージェネレーションというユニットに所属しているという選抜理由がある)。思えば完走SRの再録や、バンダイより発売されたカードガムのSR+枠への採用はコレの布石だったのだろうか……?
    CDでのカードの入手期限は2013年11月22日(金)の14:59までで既に終了している。
    これまでの特典SRと同じく、CDジャケットと同じイラストでの収録。
    そのイラストでは、水着風のかなり露出度の高い衣装に身を包んでいる。トレードマークのツーサイドアップにはジャケットイラスト自体のテーマにもなっている花型の髪飾りを装備。リボンを継ぎ合わせたような独特の構造に、バレンタインR+の時と同系統のビーズのリスト、極めつけは靴にあしらわれたアライグマと、そのデザインは過去の衣装を彷彿とさせる意匠がふんだんに盛り込まれている。
    カラーリングもシアンにイエロー、ローズピンクと総じてビビットカラーを主体とし、かなりの露出度をもちながらも、みりあの子供らしい活発さを良く表した衣装といえるだろう。それでいておへそ、控えめながらも確かに存在する谷間と、ちょっぴり背伸びした色気も伺わせるという、新たなアピールポイントを開拓している。
    特訓前のカラフルな衣装から一転して、白一色のドレス調の衣装になっている。胸元と髪飾りに四葉のクローバーのアクセサリーをあしらっている。

    シンデレラドリーム

    みりあちゃん!
    おめでとう


    2013年9月12日、イベント「第12回プロダクションマッチフェスティバル」の際に、追加要素「シンデレラドリームチケット」で入手できる新SRとして、三村かな子多田李衣菜とのトリオでの登場が発表された。特訓前はカラフルな柄のベスト衣装を着て、ソフマップを彷彿とさせるようなパネルをバックに記者達に明るい笑顔を振りまいている。
    特訓後はかな子&李衣菜とお揃いのピンクを基調としたドレス風の衣装を纏い、懐中時計のネックレス&冠風のカチューシャを身に着け、これまたカラフルな背景をバックに唄っている。
    その姿はまさしく『シンデレラドリーム』の名にふさわしいものであると言えよう。
    なお、上述2人が三つ星の髪飾りをつけているのに対し、みりあは赤青の球の髪留めを付けている。
    長らくシンデレラドリームチケットとの交換のみだったが、2014年4月16日にトレードが解禁された。

    キラキラ☆ジャンプ

    みりあChang!


    2014年5月13日からの「キラキラ☆ジャンプリミテッドガチャ」で登場した新SR。R枠は原田美世。カード名の通り、特訓前後ともに大きくジャンプしているのが特徴。服が思い切りめくれあがっているが、下は短パンなので問題なし。特訓前は[キラキラ☆ジャンプ]の主に「キラキラ」の方。噴水のある公園で元気よく、びしょぬれになって遊んでいる。画面外にはプロデューサーがおり、「いっしょに遊ぼうよ〜♪」と声をかけてくる。実に天真爛漫なお誘いだが、台詞の中には「スーツ脱いで! ネクタイがあれば大丈夫だよ!」という実行すれば即早苗になるものもあるので要注意。
    『劇場』302話では脱がずに遊んだ結果、スーツまでずぶ濡れになって事務所に帰るが、みりあのあまりのかわいさに千川ちひろをも怒る気にならなかった。
    特訓後は[キラキラ☆ジャンプ]の主に「ジャンプ」の方。
    客席に囲まれたステージでLIVE中。両手両脚を広げて躍動感に溢れている。
    さらに余談だがこの時のみりあのポーズやステージの構成などは2014年4月に開催されたシンデレラガールズ1stライブにおける黒沢ともよの魅せたパフォーマンスを再現したもの。
    このときの彼女のパフォーマンスや後の765組との競演から他のシンデレラメンバーから「感情表現の化け物」と評され尊敬されるほどである。

    ポッピンポップ

    *


    2014年12月18日「カドー・ド・ノエルドリームチャンスガチャ」のR枠で登場。直後に登場していた[ウィンター☆モード]城ヶ崎莉嘉の特訓前イラストには、白坂小梅とみりあがおり、3人で仲良く雪だるまを作って遊んでいるが、今回の[ポッピンポップ]はそれと連動したカードになっており、同じ服を着ている。
    特訓前は大雪が降ったのでスコップを片手に私服で遊びに出ようとしている。「みりあは風の子だもーん♪」と貫禄の短パン。かまくらじゃなくてお城を作ろうと、夢は膨らむばかり。
    他のアイドルに名前で呼びかけるような台詞は入っていないが、『劇場』の428話、432話を見れば莉嘉・小梅と一緒なのがわかる。雪にテンションが上がりまくるみりあの姿に、2人の友達からは「っぽい☆」「みりわんわん…」と称される。
    特訓後はアイドル衣装を「カワイイお洋服」と呼び、毎度のことながら大喜びし、右手にマイク、左手で敬礼を決めている。

    ないしょのステップ

    ないしょのステップ 赤城みりあ
    赤城みりあ合同誌②「Pop!Step!!Jump!!!」表紙


    2015年5月22日からの「ないしょのステップドリームチャンスガチャ」で登場した新SR。
    今までのかわいらしい服装から一転、城ヶ崎莉嘉がコーディネートしてくれたイエローを
    主体としたちょっとコギャルぽい衣装となっている。
    ヘソ出しルックスで胸元もけっこう開いており、JSとしてかなり際どい格好となっている。
    この格好でPとデート(?)していたらしいが…
    特訓語は特訓前とは一転、こちらはかわいらしい衣装となっている。
    とはいえ、これまた[CDデビュー]を彷彿とさせるような高露出である。
    赤黄緑のひし餅カラーなストライプが入ったもこもこの付いたセパレートの衣装を着て、
    写真撮影なのかファンシーなセットを背景に座り込みなポーズをとっている。

    凸レーション

    凸みりあchang!


    2015年7月18日、アニメ第14話放送終了後に「フライデーナイトフィーバーキャンペーン」の特典として配布された新SR。最初から特訓後の状態で、凸レーションのステージ衣装「ポップ&パーティー」をまとっている。

    ちびっこナース

    [ちびっこナース]赤城みりあ+
    な


    2015年11月20日「ちびっこナースドリームチャンスガチャ」でSR枠として登場。R枠は太田優
    特訓前は私服姿(ピンクの水色パジャマにクリーム色のコートを羽織っている)で朝のゴミ出しを手伝っている。寝間着姿ではあるが髪はきちんととかしている模様。
    「もうお仕事行く時間だった?」と驚いてる一面があるが「ママのココアで温まって」と気遣う一面も。
    特訓後は赤のラインに天使の羽を象ったナース姿で大きな注射器を構えている。
    「みんなー!お注射を怖がっちゃダメだよー!」と楽しむ一面も窺えるが「悪い子には、特大お注射!」ととんでもない一言。
    みりあもあのナースの大先輩の様にドSに目覚めてしまったのか……
    劇場第610話『お喋りに夢中で』でも登場し、Pとみりあのほのぼのとしたひとときが見られる。

    お花のプリンセス

    【デレマス】ログ 3


    2016年4月25日「第27回プロダクションマッチフェスティバル 」で上位SR枠として登場し、R枠はケイト
    劇場第697話『アドバイス通りに!』では、みりあは待ち時間の間に積み上げゲームで、ケイトは本を読むことで時間を潰してる一面が窺える。
    しかしながらみりあはPと『積み上げゲーム』で対決しても勝てないことで悩んでおり、ケイトに相談すると『リキまないために利き手じゃない方の手で積む』旨のアドバイスを貰う。アドバイス通り実践した結果ついに新記録達成!…と思いきや…。

    マーチングバンド

    みりあちゃん!


    2016年10月14日「プリンセス☆レディカウントアップガチャ」でR枠として登場。11月28日に恒常入り。
    『スターライトステージ』で先行披露されたL.M.B.G衣装のみりあがついにこちらにも登場した。
    SR枠は同じL.M.B.Gメンバーの古賀小春
    特訓前はカスタネットを演奏し、特訓後は黄色の「マーチング☆メロディーズ」。

    おてんばピエレッタ

    みりあ誕2017
    寝るまでサーカス気分


    2017年2月28日「アイドルプロデュース きらめきサーカス」のランキング上位SRとして登場。
    共演者はクラリス和久井留美真鍋いつき岡崎泰葉
    今回はサーカスに挑戦ということで、みりあは空中ブランコを担当する。
    劇場第862話『一緒にやろうよー!』では他の共演者のショーにも興味を示し一緒にやってみたいと言い出す。その内容は「綱渡りするクラリスを空中ブランコでキャッチ」「留美はみりあが持つリンゴめがけてナイフを投げる」「泰葉の掛け声でいつきが出した火の輪を動物みりあが飛ぶ」と共演者もドン引きのかなりハードなもの。みりあといつきはやる気満々だったものの、さすがに危ないからとPに止められるのだった。

    サーカスパフォーマー / スマイリーパフォーマー

    「アイドルプロデュース きらめきサーカス」後半からプロデュース対象になったことに伴い、レベル達成報酬として登場したR+。
    [スマイリー〜]は引換カード報酬で入手できるスマイル差分。

    おりこうメイドさん

    赤城みりあちゃん
    大正メイド赤城みりあちゃん


    2017年9月11日「おりこうメイドさんリミテッドガチャ」でSR枠として登場。R枠は持田亜里沙
    特訓前は水色のメイド服を着てモップを掛けている様子。特訓後は和風メイド服を着用。大正時代の電車に乗るシーンを撮影。

    スイートウィンター

    みりあ


    2018年2月8日「至幸の甘味 リミテッドガチャ」で限定R枠として登場。SR枠は鷹富士茄子。その他、「あま~い秋、見つけた♪スイートオータムガチャ」のアイドルも復刻した。

    夏のはじまり

    みりあと夏休み


    2018年6月30日「夏祭りDEドリームLIVEフェスティバル」のランキング上位SRとして登場。ランキング上位SRでは初のコスト25。
    共演者は氏家むつみ松原早耶小松伊吹

    参加ユニット


    スターライトステージ

    全5種。特訓後レベルと親愛度がMAXの時の値を示す。

    レアリティカード名HPVoDaViセンター効果特技ソロ
    N/N+なし22365821851737なし
    SR/SR+しっぽもふもふ43424444084272パッションエナジー(Paのライフ+20%)もふもふタイム(11秒毎、中確率で少しの間、PERFECTでライフ3回復)あり
    SSR/SSR+ハッピーホイップ44382146026970パッションメイク(PaのViアピール値+90%)ドレミファステップ(9秒毎、高確率で少しの間、コンボボーナス+18%)あり
    SSR/SSR+メイクミー・キスユー44709547003908パッションボイス(PaのVoアピール値+90%)おめかしリップでchu♪(4秒毎、高確率で一瞬の間、PERFECT/GREATのスコア+17%)あり
    SR/SR+shabon song39306637065658パッションメイク(PaのViアピール値+60%)パチンとウィンク(4秒毎、高確率で一瞬の間、PERFECTのスコア+15%)なし
    SSR/SSR+ポッピン・ハイ☆44465571823837パッションプリンセス(ゲストを含みPaのみ編成時、全員の全アピール値+50%)ワクワク☆ステップ(ゲストを含みPaのみ編成時、11秒毎、高確率で少しの間、PERFECTのスコア+16%、コンボボーナス+14%)あり

    新コミュ四コマ
    みりあちゃん
    絵茶清書
    三周年


    初期からNとSR[しっぽもふもふ]が登場。
    2017年12月27日15時に、他のライフ回復持ちSR、ライフ回復持ちSSR、ダメージガード持ちSR、一部のノーマル、レアアイドルと同様、SR[しっぽもふもふ]のボーカル、ダンス、ビジュアルの値がこれまでより高く調整された。
    2015年11月9日、みりあがメインのストーリーコミュ第15話「Fun! Fun!! Fun!!!」が追加され、閲覧後に「Romantic Now」がプレイできるようになる。
    この日はオフ。みりあは事務所を訪れ、プロデューサーに挨拶し、城ヶ崎莉嘉と市原仁奈に会う。その後電話を受けたプロデューサーから、握手会の代役を引き受ける。突然の出演者変更に握手会会場に不穏な空気が漂うものの、みりあは握手会を順調に進めていく。
    このストーリーでのセリフ「おこづかいの額は守るんだよ〜!」は、一部Pにとっては課金しすぎることへの戒めに聞こえたとか…

    ハッピーホイップ

    描いたら出る!
    Romantic Now!


    2016年1月31日〜2月10日の期間限定「メイドwith LOVE バレンタインデーガシャ」の限定SSRとして登場した。
    3DモードのLIVEではメイドさんスタイルのみりあを見ることができる。
    その後、2017年1月28日〜31日など、期間限定の復刻ガシャとして再登場した。

    SSRまでの道程

    実は、本ゲームでのみりあは少々変わった注目のされ方をしていた。
    SSRは『スターライトステージ』における目玉として強くフィーチャーされており、その実装はいわゆるシンデレラプロジェクトのメンバーを中心として増やされていった。そのためみりあも早い段階でSSR実装が期待されていた。

    しかし、2015年11月30日更新でアナスタシアが実装されたことでみりあ以外のCPメンバーSSRが一通り登場した一方、みりあだけ未実装のまま取り残され、以降6回もの間おあずけを食らうことになってしまった。
    (Paアイドルの実装は最初から順に 未央/きらり→愛梨(限定)→莉嘉→茜(限定)→仁奈→美嘉(限定)→友紀)

    SSRみりあ漫画



    結果、待たされたみりあのPだけでなくその反応を知ろうとした他のP達の影響もあって、ガシャ更新のたびにTwitterのトレンドに「みりあP」が入るほどであった。

    そしてついに2016年1月31日の更新で上記のとおりSSRが実装。しかしこの時、サーバーの不具合からか更新から1時間余りゲームにログインできないユーザーが出たばかりか、ログインしたユーザーからみりあのSSR実装が伝えられるや『デレステ』運営のTwitterアカウントに「早く課金させてください」という趣旨のコメントが多数寄せられる等、何ともカオスな様相を呈した。

    (え?SSRはもう一人いたって?一体誰d…)
            

    デレステにおける1月31日15時頃の通信障害の真相



    ちなみに初登場当時、期間限定でかつ1.5%という低確率、さらに言えばその1.5%をみりあ含め十数人のアイドルで分け合うという惨劇状態で引き当てるのは難しく、その中でイベント期間が終了してしまったカードが復刻される可能性は限りなく0に近かった…
    前述の通り無事復刻ガシャが行われたが、みりあに言われた通り「おこづかいの額を守った」上で出会ってほしいものである…
    しかしながら、無課金でかつ1度の10連ガシャで引き当てた猛者もいる。羨ましすぎる…

    メイクミー・キスユー

    祈願みりあ
    メイクミー・キスユー


    2016年1月10日、プラチナオーディションガシャに恒常追加された2種類目のSSR。
    特訓前は美波と美嘉の指導下でメイキング、特訓後はステージで投げキッスをしている。

    shabon song

    「もうこんなことできないと思ってた!」
    ♥


    2017年4月1日に開催されたイベント「LIVE Parade」の達成pt報酬として登場したSR。
    『デレステ』サービス開始から他のCPメンバーがイベント報酬として登場する中、一度でもイベント報酬として登場していなかったみりあがようやく報酬として登場した。
    こちらでもみりあのイベント報酬化はCPメンバー内では最後。
    (シンデレラプロジェクトアイドルの初報酬化の順は蘭子→きらり→未央/李衣菜→かな子→アナスタシア→美波→莉嘉/智絵里→卯月→凛→みく→杏→みりあ)

    スペシャルコミュでは小日向美穂城ヶ崎美嘉上条春菜相葉夕美と共演。
    バラエティ番組のコーナータイアップ曲として「shabon song」を歌う事になり、さらに1コーナーを貰え、恋に関わる芝居を演出する事になった。みりあが挑戦したのは「卒業式」。

    ちなみに、このコミュ内では二度のゲスト出演はの妹である。本人が主役の芝居でも姉役がある。

    ポッピン・ハイ☆

    みりあちゃん
    みりあちゃん!


    2018年3月3日〜3月12日の期間限定「みんなでポーズ☆きらきらキッズモデルガシャ」の限定SSRとして登場した3種類目のSSR。3DモードLIVEでは、ハートの「Kirakira Poppin★」のロゴが入っているパステルカラーの衣装をまとうみりあを見ることができる。ポーチは「Kirakira Poppin★」のマスコットであるタヌキのポピンちゃん。

    一夜の魔法

    みりあ
    一夜の魔法


    2018年12月31日~19年1月4日の期間限定「シンデレラフェス」で初登場した4種類目のSSR。同時登場SSRは緒方智絵里

    青空エール

    青空エール
    青空エールいろいろセット


    2019年5月31日に開催されたイベント「LIVE Parade」の達成pt報酬および動員数報酬として登場したSR。
    スペシャルコミュでは脇山珠美城ヶ崎美嘉緒方智絵里結城晴といった、ともに「青空エール」を歌ったメンバーが集結し、女子フットサル国際交流試合応援企画に参加することとなる。
    特訓前はプロフットサルチーム「チームあおぞら」との練習試合のためにユニフォームを着て5人で円陣を組む姿、特訓後は国際交流試合で智絵里の太鼓に合わせて学ランに手袋ハチマキという男子応援団風スタイルで「チームあおぞら」にエールを送る姿が描かれている。

    その他イベントへの出演

    2015年11月20日に開催されたイベント「Orange Sapphire」ではスペシャルコミュに出演。jewelries!での共演メンバーである城ヶ崎莉嘉諸星きらり城ヶ崎美嘉本田未央とユニット「トロピカル☆スターズ」を結成し活動する様子が見られる。

    2016年3月31日からの「LIVE Groove Dance burst」にも新曲「ハイファイ☆デイズ」を歌うメンバーの1人として登場。
    後述の『とときら学園』でも共演した佐々木千枝櫻井桃華龍崎薫市原仁奈と10人以上のユニット「L.M.B.G」の代表に選ばれたメンバーとして活動することとなる。

    ハイファイなーう



    2017年6月19日からのイベント「Yes! Party Time!!」では、「L.M.B.G」の代表メンバーとして5人が「ハイファイ☆デイズ」以来の再集結。スペシャルコミュでは、テレビ番組の企画でキャンプを行う。みりあはコミュ第2話でメインを務め、薫と桃華をリードするほか、第3話で千枝とともに薫のアシスタントを担当する。

    YPT!!



    ビューイングレボリューション

    Yes! Party Time!!


    PSVRソフト「ビューイングレボリューション」にも稼働初期から登場。
    テーマソングにあたる新曲「Yes! Party Time!!」のステージを島村卯月渋谷凛本田未央安部菜々との5人で披露する。

    メディアミックス

    アイドルマスターシンデレラガールズあんさんぶる!

    ゲーム内でもユニット「リトルスマイルズ」を組んだ、佐々木千枝横山千佳と共に19話へ出演。トリオの中ではリーダーなのか、オーディションに落選してしまい涙ぐむ千枝と千佳を慰める場面から始まる。その場に居合わせた島村卯月渋谷凛本田未央(ニュージェネレーショントリオ)から励まされたり、双葉杏が落選して働かずに済むと逆に喜んでいたのに驚いたりもした。
    みりあが思い描く自分達の未来は「5年後は卯月ちゃん達(凛・未央も含む)みたいな高校生に」「10年後は愛梨ちゃん達(十時愛梨新田美波を指す)みたいな大学生に」なれているのだとか。この人選の中で特に同じパッションの未央・愛梨はグラマーな事で知られており、願望が見え隠れしているが、確かにみりあも同じようになれる可能性は高いだろう。ところで、それ以上先はわからないと笑うみりあの背後に高垣楓川島瑞樹が描かれていたが何かの暗示だろうか…

    DNAコミックアンソロジー・パッションなドラマCD

    付録にCDがついてきたアンソロ。当時声が付いていたパッション属性のアイドルが登場しており、みりあも出演。その性質上当時の流行りネタを貪欲に取り込んでいる。
    それぞれのアイドルが企画を持ち込んで行うデレラジ風のラジオであり、みりあは「なぜなに? 教えてハテナ!」という先輩アイドルを呼んで日常の疑問に答えてもらうという企画。
    あこがれの先輩として城ヶ崎美嘉を最初は「美嘉さん」と呼んでいたがフランクに「美嘉ちゃんでいい」と言われてならばと「美嘉お姉ちゃん」と呼んだ。これによって美嘉が興奮して「ウチの子になる? あたし妹いるけど!」と発言。慌てた莉嘉は防音扉をドンドコ叩いて抗議。ふひひ★普及の土壌を均した。
    美嘉の名誉のために申し添えておくと上記の発言で興奮した後は真摯にみりあの悩みに向き合っていた。

    リアル346プロ企画

    みりあトランプ企画


    2015年に行われたサガン鳥栖とのコラボ企画「スターライ☆鳥栖☆ステージ」に、緒方智絵里城ヶ崎美嘉とともにイベントナビゲーターに抜擢、さらに脇山珠美も含めた4人でオリジナルCD「青空エール」をリリースした。

    グランブルーファンタジー

    ミリア


    奥義アビリティサポートアビリティ
    グリッターズ・ドリーム元気のお祈り/もふもふタイム/ともだちの輪一緒に遊ぼうよっ♪/みりあもやるー!
    2016年10月14日から始まった「シンデレラファンタジー」第6弾にて登場。貢献度キャラとして貸し出される。
    主人公やアナスタシアらと共に、雪山に現れる巨人を探す事になるのだが……?

    アビリティは攻撃アップ、回復、稀に即死ダメージとなっており、奥義の副効果「もふもふ」状態によって性能は上がってくる。ただし、もふもふ状態では通常攻撃ができない。
    そして、みりあの最大の特徴は「みりあもやるー!」である。ランダムにサブメン状態から戦場に乱入してくるといアビリティなのだが…これが大問題となった。
    グラブルはバトルメンバーの入れ替えは戦闘不能か特定のアビリティでしか出来ないため、メインの4人でガチガチにシナジーが形成されるよう組むのがセオリーだが、この「みりあもやるー!」が発動すると突然メンバーがみりあに変わってしまい、戦術が成り立たなくなってしまう。
    コラボキャラの都合上、信頼度上げのために低レベルの状態で下手すると属性違いのパーティのサブに入れられることも少なくなく、ガチ戦の途中に突然メンツが入れ替わり戦線が崩壊するケースが続出。
    それにより、騎空士の中には迷惑がたってる人も多い。「結構可愛らしいのに」とする人もいた様だが……

    不便が過ぎると判断された様でこの効果は停止される事となった。
    後の調整で「みりあもやるー!」の効果はサブメンの時にもたまに「元気のお祈り」が発動される、に変更された(これにより元々あった「元気のお祈り」の効果は一部削除)。ノーコストでメインのキャラをサポートしてくれる優良な支援キャラになった。
    そして今度は即死効果が特定条件下では強マルチボスにも効いてしまう不具合が発生し、並みいる強敵を即死させまくるグランドアサシンみりあが跳梁跋扈した。極端なんだよ……
    (ただしこれは新たに実装されたジョブの弱体化確率UPが即死にも対応していた、という不具合なので、みりあは悪くない)
    そしてそしてそんな記憶も薄れ始めた2018年1月31日、年年歳歳煩相似たりのボスが耐性設定ミスで即死することが発見されるや否や修正までのあいだ再びグランドアサシンみりあが大活躍。もともと大人気のキャラ(?)がさらに(ネタ的な意味で)強化された上、火属性が有利な風属性で登場し、さらに経験値効率が非常に良かったためPくうしさまが血眼になってお話しまくった。煩悩を払うための戦いのはずが当のプレイヤーたちが誰よりも煩悩まみれという皮肉であった。もしや狙ってたんじゃあるまいな。

    アイドルマスターシンデレラガールズU149

    【C94】U149赤城みりあ本新刊サンプル
    みりあちゃん*
    ドレみりあちゃん


    サイコミ連載のコミカライズ『U149』ではメインを務める第3芸能課のアイドルの1人に抜擢。
    本編第8話〜第10話にわたってメインを務めた。
    原作に準拠した明るさと積極性が前面に押し出されており、佐々木千枝古賀小春といった大人しいメンバーもグイグイ引っ張っていくムードメーカーぶりを発揮する。
    家族構成からくるお姉さん気質や、物怖じしないゆえの大胆な提案力も発揮され、子ども相手ゆえに1人で抱え込もうとするプロデューサーをも救う活躍を見せた。
    一連の話を収録した単行本第2巻では結城晴とのツーショットで表紙を飾っており、さらにその特別版に付属するCDには晴とのデュオで歌う「青空エール」が収録されている。
    このほか、第5巻特別版付属CDには、市原仁奈とのデュオによる「ドレミファクトリー!」が収録されている。

    アニメ

    ゲーム稼働開始から2周年記念として公開されたアニメPVに登場。

    アイドルマスターシンデレラガールズ

    りかみりあ
    デレマスアニメ!



    2015年放送のテレビシリーズでは、物語の中心となる「シンデレラプロジェクト」の一員として登場。メンバーの中では最年少であり、メンバーの中では年齢が近い城ヶ崎莉嘉や、何かと面倒見の良く世話焼きな前川みく諸星きらりらとよく一緒に行動している。
    明るく社交的で素直な性格をしており、好奇心旺盛。無邪気で豊かな感情表現を見せる。
    地味で小さな裏方仕事にも積極的に楽しみながら励む姿勢を見せているが、アイドルとして輝きたいという気持ちは人一倍強い。

    第8話では、シンデレラプロジェクトの中でただ1人神崎蘭子難解な言葉を理解できることが判明。他のメンバーを仰天させた。(それ以前のエピソードでも蘭子の言う事に一人だけ笑顔で頷いていたり、闇に飲まれよを「やみのま」と略称してる他、本家ゲームやドラマCDなどでもその事を示唆するシーンが存在する。ちなみに漫画やゲーム内だと他にも蘭子の台詞を解読出来るアイドルが存在する)

    凸レーション
    今からステージ始めるの~



    第10話から莉嘉・きらりと共にユニット『凸レーション』を組んでデビューし、ファッションブランド「PikaPikaPoP」とのコラボトークイベントに出演することが決定した。
    イベント内容をどうするかでいいアイデアが出ずに莉嘉と悩んでいたところ、きらりの提案で原宿散策に出掛けることに。しかし道中で保護者としてついてきていたプロデューサーとはぐれてしまったことで、彼を探して三人で街を奔走する。次のステージ開始までのタイムリミットが迫る中、莉嘉が靴ずれを起こしてしまったことを切掛に自責の念で落ち込んでしまったきらりを莉嘉と共に励まし、プロデューサーの考えをヒントに会場まで凱旋アピールという大胆な手段を提案、人々の目を引きつつプロデューサーとの合流も無事果たして大盛り上がりの中でステージを成功させた。

    学園の生徒(園児)
    デレマス 17話



    第17話では初のレギュラー番組『とときら学園』にて、多数の年少アイドルと共演することになった。しかし、妹の育児で忙しい母親に褒めてもらうことができず、その気持ちを莉嘉の姉である城ヶ崎美嘉と分かち合い、2人で「お姉ちゃん同盟」を結成して励ましあう。
    後に『凸レーション with 城ヶ崎美嘉』としてED曲を担当することにもなり、みりあと城ヶ崎姉妹との交流はかなり深まっているようだ。

    第24話では、初めて事務所に来たときは親に頼らず1人で来たことを明かした。

    第25話のエンディングでは『とときら学園』のメンバーとともにステージに立つ。常に一緒だった莉嘉とは別々の活動となってしまったが、離れていてもつながっている絆の強さが見受けられた。

    シンデレラガールズ劇場

    2017年より放送のアニメ版シンデレラガールズ劇場では、予告映像で城ヶ崎莉嘉白坂小梅とともに登場していたものの、1期ではその映像が使われず本編未登場のまま放送が終了するという憂き目に遭ってしまった。
    その件の映像というのが原作428話をアニメ化したもので、2期の第22話でようやく使われ晴れて登場を果たすこととなった。
    ちなみにこれ以前に原作525話をアニメ化した第20話にもちょっとだけ出ている。

    ゲーム内で見られる『火曜シンデレラシアター』では第7回でメインを務め、原作302話がアニメ化された。
    その後、原作515話をアニメ化した第27回にも登場している。

    なつっこ音頭


    3期では第32話後半に登場。原作にないオリジナル回で、鷺沢文香関裕美とともに花火大会を楽しみ、「たまや」の代わりに自分の名前を叫んでいた。
    また、8月度のEDに登場し、新曲「なつっこ音頭」を城ヶ崎莉嘉、橘ありす結城晴龍崎薫との5人で歌っている。

    体操服みりあ


    CLIMAX SEASONでは出番が多く、はじめに第40話オリジナル回に登場。薫とともに屋上を訪れたところ、ごっこ遊びの現場に出くわし好奇心をそそられて加わることに。
    続いて第42話のオリジナル回に登場。薫や千枝とアイドル運動会の借り物競走で競っていたが、お題を引いたときにアイコンタクトで2人と連携を取り、最終的にはプロデューサーにお姫様だっこされながら3人同時ゴールを果たした。なんだこれ?
    さらに第46話では、原作12話がアニメ化された。

    みりあP

    みりあを愛するP、通称「みりあP」。「孕みりあ星人」とも呼ばれる。孕みりあ星人は北斗の拳よろしく焼却される。
    彼、彼女達は、みりあ関係のイベント開催時、その他のPをも巻き込み大騒ぎすることで注目されている。
    ・前述の通り、『スターライトステージ』に初SSRが登場した際はデレステのサーバーをダウンさせる
    ・2016年のみりあ生誕祭では日付が替わった瞬間、様々なSNS上でお祝いコメントやイラストを投下し、Twitterのトレンドランキングでは「みりあP」「赤城みりあ生誕祭2016」共に世界共通ランキングで上位にランクインさせる…だけでは飽き足らず、なんとTwitterのサーバーをもダウンさせた。
    その日発生した地震も、みりあPが引き起こしたという説もある
    ・2016年6月19日に行われた歌姫庭園10にて、突如現れた リアルみりあちゃんに興奮し、またもやTwitterのトレンドで「リアルみりあちゃん」を上位にランクインさせる

    …みりあP、自重しろ

    ロリコーン


    みりあP「ふひひ★

    関連タグ

    出典THEiDOLM@STER / アイドルマスターシンデレラガールズ
    名前赤城 / ミリア
    個別RomanticNow / わたぐも / みりあ生誕祭 / アカギみりあ / みりあもやるー / 聖母みりあ / みりあやんないよ / みりあママ / しっぽもふもふ
    集合ちえみり / りかみりあ / みかみりあ / みりかお / ももみり / みりうめ(Jumpin'Joker) / WtFみりあ&小梅&莉嘉 / シンデレラドリーム / ロリトリオ / 赤城ヶ崎 / CM4期生 / シンデレラプロジェクト / 凸レーション / トロピカル☆スターズ / L.M.B.G / デレマス11歳組 / デレマス東京組 / とときら学園


    CuCoPa
    同郷
    兵藤レナ松永涼諸星きらり
    月宮雅松本沙理奈高森藍子
    西園寺琴歌速水奏
    三村かな子伊集院惠
    島村卯月北条加蓮
    池袋晶葉多田李衣菜
    中野有香渋谷凛

    外部リンク

    赤城みりあ (アカギミリアとは) - ニコニコ大百科

    関連記事

    親記事

    アイドルマスターシンデレラガールズ あいどるますたーしんでれらがーるず

    子記事

    兄弟記事

    pixivに投稿された作品 pixivで「赤城みりあ」のイラストを見る

    このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40901688

    コメント