ピクシブ百科事典

バブみ

ばぶみ

少女へ求める母性、あるいは少女から感じる母性。
目次[非表示]

概要

本来、「母性」というものは年上女性が、年下子供に対して向けるものとされていた。だが、そんな母性を少女幼女)に対して求める、又は少女から感じる時に用いるのがこの言葉である。

語源は、幼児退行し、対象よりさらに幼い赤ちゃんとしてその包容や庇護を受け甘えたいというところから、赤ちゃんの声の「バブー」に、「旨み」「凄み」などの「み」(形容詞の名詞化接尾辞という)がついたもの。

世話焼きだったり、包容力や庇護力があるなど、子供でありながら母性を見出せる相手に対して「バブみがある」、それを強く感じる場合には「バブみが高い」などのように用いる。
悪化すると実際に幼児退行して甘える事まで求め「バブみを感じてオギャりたい」と言い始める。

本来の意味は(ロリ巨乳合法ロリなども含む)ロリ属性持ちに対して使用される言葉であるが、広義として「自分より年下の人間」を対象として使用することもある。

ロリコンと併発しているパターンもあるが必ずしも一致せず、たまたま惚れた相手が年少で他の少女には興味が無かったり、相手が成長しても構わない場合も多い。混同しないように注意したい。

使用上の注意

男子キャラに対してSD化する、おしゃぶりを咥えさせるなどの赤ちゃんプレイをさせるなどして、女性が対象キャラに母性を感じることを指してバブみと称する例が一部である(あった)が、
これについてはまったくの誤用である。

ネットスラングには、産まれたてもしくはあまり広まっていないその言葉に不快感をしめす層が、自分(自分達)で思い付いた別の意味(大抵は言葉自体が廃れそうな陳腐な物)を周りに拡散して元の意味を塗り変えようとする動きがよく見られるのだが上記で挙げた誤用もその一例と言える。

典型例

バブみを感じさせている方

※この記事では本来の意味での対象(ロリ属性持ち)のみ記載しています。

ダメ提督製造機艦隊これくしょん

母性を感じさせる女性側の典型例によく引き合いに出される。
駆逐艦娘は公式で小~中学生程度のイメージと言われており、
いずれも包容力や面倒見のよさ、提督や仲間を肯定的に受け入れる様子が目立ち、
問題がある場合でも、叱るより優しく窘めるようにしてくれるタイプである。

コッコロプリンセスコネクト!Re:Dive

通称コッコロママ、11歳。主人公を導くよう神託を授かり、主人公を主様と呼び仕える巫女である。
非常に献身で世話焼きなのだが、問題は肝心の主様が、プロローグでラスボス格の相手に敗北した際に読み書き等一般常識を失うレベルの記憶喪失になり、大きい(17歳)赤ちゃんになってしまっていたのである。
このため、主人公はコッコロに一カ月ほどの間、「お着替えさせてもらう」「食事をあーんしてもらう」「夜寝るときは抱っこしてもらう」など、完全に赤ちゃん同然のお世話をされてしまう。ママ扱いもやむなしだろう。
しばらくして常識等をある程度覚え直し、簡単な仕事もできるようになった主人公に対しても、熱い料理をふーふー♪してあげるなど赤ちゃん扱いの甘やかしは止まらない。「主様の全てを管理してあげたい」とまで言うあたり、コッコロ側もお世話をする事にド嵌りしている節がある。
なお、上述のとおり主人公が赤ちゃん同然に退行していたことから、同作には他にも赤ちゃん扱いで接してくれる母性溢れるヒロインが複数おり、バブみクラスタ大満足と専らの評判である。

楊貴妃(Fate)

屈強な武将が年下である楊貴妃に頼み込んで養子にして貰い、その後、赤ちゃんプレイをしていた所に楊貴妃の夫である皇帝が鉢合わせてしまうが、皇帝は怒るどころか大笑いしたというエピソードが残っている。つまり、史実でバブみを感じられてオギャられた人なのである。
その為なのか男が赤ん坊のように振舞っているのを見ると興奮してしまうという恐ろしいキャラクター付けがなされる事になり、それを自然と叶えるかのように甘えたくなる言動も多い。
困った事にこれを少女時代の姿で言うのだから恐ろしい。ある意味で某エロ尼と肩を並べる存在なのかもしれない。

櫻井桃華赤城みりあを代表としたシンデレラガールズの子供アイドル達

シンデレラガールズはアイドルの育成を目的としたゲーム『THEiDOLM@STER』の派生作品。
アイドルという設定のためか作中には基本的に大人っぽい言動や世話好きの幼女少女が多い。
特に櫻井桃華や赤城みりあはよくバブみを感じる代表的なキャラとして話題に登ることも多い。

バブみを感じている方

シャア・アズナブル

ララァ・スンに対して抱いていた感情が、典型的なバブみの例とされる。
「ララァは、わたしの母になってくれるかもしれなかった女性だ!」

草加雅人

シャアに並ぶバブみの代表例の一人。園田真理に対する好意は尋常でなく、障壁となりうる存在は徹底的に排除しようと目論み、小説版に至ってはそれ以上いけない線を超えてしまった程。
「真理はなぁ! 俺の母親になってくれるかもしれない女なんだ…俺を救ってくれるかもしれない女なんだ!」

光源氏(源氏物語)

まだ幼い若紫に対し、母の面影を追い求める姿が該当する。平安時代は今よりも低年齢で成人扱いされたとは言え、それでもなおこの時の若紫はそういう対象としては若すぎた。
なお、源氏物語の序盤では藤壺という実母そっくりの女性に恋した事もあるため、
彼のケースはマザコンの延長としてバブみに溺れたものと思われる。

最後に

もしもあなたが、自分より明らかに年下の女性に母性を感じて甘えたくなったら、それはきっとバブみであろう。

関連タグ

母性 母性愛 包容力 ロリおかん 母性ロリ
マザコン ロリコン 幼児退行

関連記事

親記事

母性 ぼせい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バブみ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28916896

コメント