ピクシブ百科事典

ユベル

ゆべる

ユベルは、アニメ「遊戯王デュエルモンスターズGX」及び「遊戯王オフィシャルカードゲーム」に登場するキャラクター・モンスターカード。
目次[非表示]

遊戯王GX第3期のラスボスであり、後に十代の精神的パートナーとなる。
女性の右半身と男性の左半身を持つ雌雄同体の精霊で、いわゆるヤンデレである。

幼少期の十代の決闘相手である友人や近所のお兄さんを(十代に勝って悲しませたりしたことで)昏睡状態に陥れていたカードの精霊。
主人公・遊城十代に対し異常な程の愛情と独占欲を持ち、それ故に世界を消滅寸前まで追い込んだ。
 その行き過ぎた愛情表現を十代に拒まれ続けた結果「苦しみや悲しみを与え合い、それを共有する事こそ愛し合うという事」という超絶ヤンデレ理論(ファンの間ではユべリズムと称された)に行き着き、十代の周りの人間を次々に消していくことで十代を精神的に追い詰めていった。なお、ユベルの理屈は「与え合う」ことが重要であり、一方的に相手を傷付け、搾取したり利を得ることは愛ではないとガラム戦ではっきりと示している。
しかしユベリズムの境地に辿り着いた後もなお十代にその愛情を拒まれ続け、自暴自棄になって魔法カード「超融合」によって十二次元宇宙全てを融合し、世界を消滅させようと試みる。
だが前世の出来事を思い出した十代と心を通じ合わせ、最終的に「俺とお前を超融合」という超展開を経て十代と和解。
事件解決後は性格が柔らかくなり、ツンデレとなった。
あまり例を見ない「報われたヤンデレ」である。

愛情表現に対する解釈がぶっ飛んでおり、愛にまつわる台詞はどれも強烈な物が多い。
海外では規制やわかり易さへの配慮からほとんどの台詞が改変されて逆恨みキャラにされ、外見も女性体になっている。

前世
元は人間の少年(性別は不明)だったが、前世の十代を守るために人ならざる者となることを受け入れ現在の姿となった。
この時の前世十代が放った台詞「ユベル、約束するよ。僕の愛は君だけのものだ!」が全ての引き金になったとも言える。また、元々持っていた「自分だけは傷付かずに相手を傷付ける」能力がユベルの性格形成に大きな比重を占めていた模様。
流石の十代も前世フェイズまでは予想できなかったようだ。

ユベルッルッルッ!
十代!十代!十代!十代ぅぅうううわぁああああああああああスリーブ



声:鶴ひろみ江川央生

モンスターとしてのステータス


カードテキスト(OCG版)

星10/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
このカードは戦闘によって破壊されない。
表側攻撃表示で存在するこのカードが相手モンスターに攻撃された場合、
攻撃モンスターの攻撃力分ダメージを相手ライフに与える。
このカードが戦闘を行う事によって受けるコントローラーへの戦闘ダメージは0になる。
このカードは自分のエンドフェイズ時に
自分フィールド上のモンスター1体を生け贄に捧げなければ破壊される。
このカードの効果以外の方法で破壊された時、自分の手札・デッキ・墓地から
「ユベル-Das Abscheulich Ritter」1体を特殊召喚できる。

性能

アニメとの相違点として、アニメでは自分から攻撃しても反射ダメージを与える事ができた。
また、OCG版では胴体が肌の色から銀に変更されている。

相手モンスターの攻撃をすべて跳ね返し、相手にダメージを与える効果を持つ。
攻撃力が0なので相手モンスターを倒すことはできないが、上述の能力があるためにユベルが倒れることもない。攻撃をすればするほど相手はダメージを負い不利になっていくので、相手にとっては居座られると非常に厄介なカードである。
ならば戦闘を介さず、効果による破壊で突破すればいい……と思いきや、そうはいかない。
エンドフェイズまでに生け贄用モンスターを用意できなかった場合を除き、効果によって破壊されると第二形態を呼び出す効果も持つ。この第二形態も、「ユベル」と同じ攻撃反射能力を備えているので、相手は対応に苦慮することとなる。

とはいえ、攻撃を跳ね返すことしかできない性質上、相手が何もしてこなければこちらも動くことはできない。
ユベルのデッキを組み、そしてこれを使いこなせたならば、あなたは間違いなく遊戯王のエキスパートだろう。




関連タグ

遊戯王GX ヤンデレ 悪魔
ネオス・ワイズマンアニメ遊☆戯☆王デュエルモンスターズGXにおけるユベルE・HERO ネオス融合した姿トレーディングカードゲーム遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ』においてはユベルとネオスのリリースを条件とする特殊召喚条件モンスターとなっている)

pixivに投稿された作品 pixivで「ユベル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3198596

コメント