2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:峯暢也
2005年度イースト校チャンピオンの3年生。

攻守は低いが戦闘で破壊されない、という「雲魔物(クラウディアン)」による行動妨害を戦略の柱とするコントロールデッキを使用していたが、エクゾディア入手後は、エクゾディア発動を容易にする為、サーチ・サルベージなどの手札補充を重視とした特殊勝利デッキとなった。 しかしそのデッキにも雲魔物関連のカードや(雲魔物との直接の関連はないが)「霧の王」といういかにもな名前のカードが登場したりと拘りはある様だ。
雲に関しての話は彼の生い立ちによるところがあるらしい。

落ち着いた優等生という出で立ちだが実はガラム財閥のスパイとしての一面があり、GX3期では彼の暗躍もまた見所となると同時に時に「おい、デュエルしろよ」という展開を見せる事も。

究極封印神エクゾディオス入手のために幼馴染の「エコー」を犠牲にした点、それに伴う名言の数々は半ば伝説化している。

漫画版GXでは【封印獣】を使用。
名前の由来は当然究極封印神エクゾディオスだろう。

生い立ち

実は、彼はガラム財閥の実の息子ではない。実の両親に捨てられ、社会から無視されて流れる雲を眺めながら死に行くはずだった彼をガラム財閥の総帥夫妻が見つけ、引き取ったのである。

だが、数年後に夫婦の間に実子のシドが生まれ、後継者の座を失う。一度は弟を殺そうとするが思いとどまり、以後は弟とガラム財閥のために尽くす人生を歩む。

兄弟仲は良好ではあるものの、内面には自分のような人間が世界に大勢いることを誰よりも知っているためにそうした人達を救う力とそうならない世界を渇望していた。が、それを弟とガラム財閥のためという自らの神と言わしめるほどの強固な意志で封じ込めていた。そうした内面を見抜いていたのは遊び相手で任務の上官でもあるエコーのみであった。

エコーはそうしたアモンを間近で見たためにアモンはガラム財閥どころか世界の王にもなれると感じ、そうした彼を愛していた。が、シドとガラム財閥がいる世界ではシドの奴隷として終わるのを彼女は良しとせず、その為ならばどのような犠牲も厭わなかった。

凄惨な過去を持つ故に万丈目の挫折を『甘えたお坊ちゃんの戯れ言』と一蹴する以外にも目的のために他者を平然と利用して切り捨てる冷酷さを持っている。が、それらも全てが上述の世界のためというあまりにも純粋な物なので、それには一切の心の闇もない。

使用デッキ

雲魔物(クラウディアン)デッキ

雲魔物モンスターとフォッグカウンターを駆使して戦うデッキ。万丈目、マルタン(ユベル)戦で使用。
「雲魔物アイ・オブ・ザ・タイフーン」をエースとし、雲魔物カードで相手にフォッグカウンターを乗せつつ「ダイヤモンドダスト・サイクロン」などで除去していく。

雲とは、アモンがガラム財閥に拾われる前に、ただただ飢え死にを待つだけの中でじっと見つめ続けていた自由の象徴であった。

エクゾディア+究極封印デッキ

「封印されし」モンスターカード5種類が揃うことでの特殊勝利を狙うデッキ。エド戦で使用。
基本は「エア・サーキュレーター」などで手札を入れ替えつつ、手札での「エクゾディア」完成を狙う。
エクゾディアパーツが1枚でも墓地へ送られた場合、「究極封印開放儀式術」を用いて「究極封印神エクゾディオス」を召喚し、その効果で墓地にエクゾディアパーツを5種類揃えることでの特殊勝利を狙う。
さらに、
キーカードは「封印されし」モンスター5種、「究極封印開放儀式術」、「究極封印エクゾディオス」、「封印されし者の憤怒」。

エクゾディア+究極封印神+霧の王デッキ

異世界で愛するエコーを生贄に「エクゾディア」の封印を解き精霊として従えたことで、上記のデッキを強化したもの。暗黒使徒ヨハン戦で使用。
エクゾディア及び究極封印神での特殊勝利を狙うコンセプトに加え、「霧の王」「王家の剣」により4000ポイントのバーンダメージで勝利を狙うことも視野に入れている。
また、バーンダメージを狙えない場合には「霧の王城」の「自分の墓地のカード4枚を手札に加える」効果で再びエクゾディアの手札完成を狙うことが可能。
自分フィールド上に表側表示で2枚存在する「ブレイク・ザ・シール」を墓地へ送ることで、「封印されし」モンスターカードをサーチできる点も見逃せない。
キーカードは「封印されし」モンスター5種、「究極封印開放儀式術」、「究極封印エクゾディオス」、「ブレイク・ザ・シール」、「霧の王」、「王家の剣」、「霧の王城」、「クレスト・バーン」。

幼い頃より誰よりも過酷で「これより下の境遇はない」という運命をたどってきたアモンが望むものは「軋轢も格差もなく、負の感情が蠢くことのない、誰もがなりたいようになれる理想郷」を築くこと、そしてその「王」となることであり、エコーもそれを望んでいた。
「霧の王」「エクゾディア」で構築されたこのデッキは、アモンとエコーが作り上げる理想郷の象徴といえる。

名言

「エコー、もうすぐだよ!もうすぐボクは王となる。ボクの本当の意志を縛り付けていた鎖から解放されるんだ!ボクは…ボクの本来の力を手に入れる!」

「ぼくはここで理想の世界を作る。苦しみも痛みも貧しさもない世界。人を羨むこともなく、妬むこともなく、軋轢のない、争いのない、すべての者がなりたいようになれる…そんな世界をぼくは作る」

「エコーのことを忘れたことは一瞬たりともない。エコーは、我が内にいる。どんな時も…。お前が笑った理想世界を、僕は、エコーと共に作り上げる!」

エド・フェニックス「君が、アモンを愛しているのなら、そのままでいいんじゃないのか?」
エコー「違う!アモンが、彼自身を愛さなければ…。あなたにはわからないわ。彼のことも、わたしのことも…。」

エド・フェニックス「そんなの…そんな事、僕には分からない!」
エコー「それでいいのよ…私とアモンが分かっていれば。私はアモンを愛している。アモンも私を愛してくれた。私の願いは聞き入れてくれた。それで…。」

関連タグ

遊戯王GX リアルファイト

関連記事

親記事

デュエルアカデミア でゅえるあかでみあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アモン・ガラム」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アモン・ガラム」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32543

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました