ピクシブ百科事典

キョウカ(プリコネ)

きょうか

キョウカはCygamesのスマートフォンRPG『プリンセスコネクト!Re:Dive』のキャラクターである。【リトルリリカル】の仲間。
目次[非表示]

概要

キョウカはCygamesのスマートフォンRPG『プリンセスコネクト!Re:Dive』のキャラクター。
無印版の氷川鏡華にあたる。

プロフィール

年齢8歳
身長118cm
体重21kg
誕生日2月2日
血液型A型
種族エルフ
所属リトルリリカル
趣味お勉強
CV小倉唯


人物

プリコネR最年少のキャラクターだが、年齢に似合わない理知的な考えと冷静な行動の出来る、おしゃまな優等生少女。種族がエルフであるため、普段はエルフの森に住んでいる。

お勉強が得意で、同じギルドメンバーで年上のミミミソギに勉強を教えている。記憶と知識を失っている主人公にも勉強を教えようとしていたが、ミミに自分が教えたいとお願いされたため、彼に関してはミミに立場を譲っている。

男性不信のようで、男には基本ツンツン。主人公も例外ではなく、当初は「へんたいさん」「ふしんしゃさん」「防犯魔石を鳴らしますよ」と警戒心を剥き出しにしていた。
後に主人公に邪な気持ちがなく、純粋な親切心で接してくれていることに気付き、考えを改めている。

が、それでも主人公の奇行や幼稚さは目に付くようで、それに対しては以前と変わらず辛辣な態度を取ることが多い。
変態、不審者という言葉は大人から教わった通りに使っているらしく、それらの言葉が使われるときはすべて上記のようなひらがなで表記される。

苦手な食べ物はニンジンとピーマン。
特にピーマンはキャラクターストーリーにて克服しようとするエピソードがあるほどの苦手っぷり。

キョウカちゃんまとめ



一方でカップケーキが大好物であり、キョウカがイベントに出演する際はセットで登場することが多い。

メインストーリーでは第1部8章で出演。ランドソルで遊んでいたはずが、何故か郊外の平原でミミ、ミソギと共に気を失って倒れていた。
すぐ近くで【ラビリンス】のアジトを狙った魔物の襲撃が起きていたため茂みの中で身動きが取れず困っていたが、そばに居たミソギの機転により何とか危機を脱し、その後魔物の襲撃をかわすためにアジトから出てきた主人公一行に発見され救助される。
普段は冷静な彼女も、この時ばかりは少しパニックを起こして取り乱していた。

メインストーリー第2部では3章にてほかのメンバーと共に出演するが、救援に入ったラビリスタからの話を聞いたキョウカは、布団の中で寝転がる際にエルフの耳がつぶれる感覚が気になり、「なぜ自分の耳はこんなに長くなったのだろうか」といった旨の発言をするという、ある意味「世界の謎」に迫るようなことをしでかしている。
その場にいたミソギは「エルフなんだから耳が長いのは生まれつき」と受け流していたが、ひょっとすると…?

イベント『リトル・リリカル・アドベンチャーズ!』ではメインを務める。
些細なことでミソギと喧嘩をしてしまうが、主人公の提案により仲直りするためにミソギが好きな冒険を一緒にすることを決めた。

2019年のハロウィンイベント『リトル・ブレイブ・ハロウィンナイト!』では可愛らしい黒猫の仮想姿でハロウィンを楽しんでいた。
また、本イベントのエンディングテーマを収録したCDのドラマパートにて共演した際にユニ(18歳)を彼女の自称の8歳だと終始疑うことなく、一緒に聖テレサ女学院でのなかよし部製作のイベントを楽しんでいた。その際に頭ちぇるった人物との駆け引きの末、ちぇるーん堕ちしてしまった。
ユニとはその後もおままごとをしたりなど交流は続いているらしく、その後のなかよし部のイベントにてキョウカ本人は直接は登場していなかったのだが、10歳歳上の彼女からおっぱいをねだられているらしいということがクロエの口から語られていた。

イベント『激走! ランドソルギルドレース』では、【リトルリリカル】として第2区を走った。
中間地点にある借り物競争のお題が「あなたが思うごちそう」だったため、母から貰ったカップケーキを選んだ。それまで上位で走ってたクリスティーナアキノが料理対決でわちゃわちゃしてたのもあり、最下位だったはずが1位で中間地点を通過した。

その次のお題が「あなたが信頼している異性」だったため、相変わらず素直じゃない態度を取りながらも主人公と一緒に中継所へ向かおうとしたが、主人公が想い人だったため、主人公はたくさんの女の人をたぶらかすへんたいふしんしゃさんとキョウカに言われてしまうのであった。
しかしなんだかんだ彼女らや主人公と一緒に中継所へ向かい、第2区では同着1位でミソギにたすきをつなげた。

リリース1周年記念に行われた「第1回プリコネ人気投票」では、★3部門で栄えある1位に選ばれた。

「へんたいふしんしゃさん」という言葉はユーザー、公式双方に好んで使われており、ただの呼び名だったはずが現在では一種のミームと化している。
C97ではなんと「へんたいふしんしゃさん」がプリントされたTシャツが公式から販売された。また同告知がなされた際に「へんたいふしんしゃさんTシャツ」が(他のグッズを差し置いて)Twitterでトレンド入りするという事態が起きた。

TVアニメ版

「2人とも!お行儀悪いよ!」

アニメ「プリンセスコネクト!Re:Dive」にも登場。
第3話にてミミ・ミソギと共にペコリーヌがアルバイトしている飲食店におじゃまし、ドリンクをブクブクして遊ぶミミやミソギをたしなめるといったおしゃまな優等生っぷりが描写された。

その後、第8話にて再び出演。
ごっこ遊びで作ったギルドの活動内容がわからなかったため、ユウキへ「師匠」になってほしいとお願いし、クエスト(ごっこ)として宝探しを始める。
ぶら下がってきた蜘蛛がくっついた際は年相応の可愛らしい反応を見せたほか、鳥の魔物に対しては「コスモブルーフラッシュ」で果敢に攻撃を仕掛けた。

しっかり者のキョウカは今回の冒険が美食殿たちの作ったおしばいと気づいたため、ミミとミソギが自分たちの手で鳥の魔物を倒したと喜んでた隙に、リトルリリカルのフォローをしていた美食殿の3人にお礼を言っている。

なお、アニメ版では出会いの経緯がゲームと全く異なるため、ユウキのことを「へんたいふしんしゃさん」と呼ぶことは残念ながら無い。
代わりに第8話の経緯から「師匠」と呼び慕っている。

スキル

通常

ユニオンバーストコスモブルーフラッシュ敵単体に魔法特大ダメージ
コスモブループラネット敵単体に魔法特大ダメージ(クリティカル時ダメージ4倍)
スキルアイスランス敵単体に魔法中ダメージ
アイスランス+敵単体に魔法大ダメージ(クリティカル時ダメージ4倍)
マジックブースト自身の魔法攻撃力を短時間大アップ
EXスキル小さな勇気魔法攻撃力中アップ
小さな勇気+魔法攻撃力大アップ


ハロウィン

ユニオンバーストハロウィンブルームダンス敵単体の魔法防御力中ダウン+味方全体の魔法攻撃力特大アップ
スキルマジカルトリック最も魔攻が高い味方の魔攻中アップ(自身の魔攻が高いほど効果上昇)
マジカルトリック+↑の効果量強化
マジカルトリート味方全体の魔法攻撃力中アップ
EXスキルハロウィンブレイブ魔法攻撃力中アップ
ハロウィンブレイブ+魔法攻撃力大アップ


キャラステータス

通常

【魔法】
後衛から強力な魔法で攻撃するちびっこ優等生。
スキルで魔法攻撃力を瞬間的に高めた後に放つ「コスモブルーフラッシュ」は敵単体への威力抜群。

プリコネR初の単体攻撃メインの魔法アタッカーとして後発実装された。
ヨリの自傷バフをも上回る倍率を誇るバフをかけ、その後強力なスキルで一体ずつ的確に処理する。行動2回で効果が切れるせいか頻繁に掛けなおすため攻撃回数こそ少なめだが高火力を維持しやすい。
「コスモブルーフラッシュ」はプリコネR初の単体対象の魔法攻撃のユニオンバーストであり、バフやデバフを重ねれば堅牢な前衛のキャラを一瞬にして葬り去る事も可能。

尚、コスモブルーフラッシュを撃った後はドヤ顔をしながらガッツポーズをする。
可愛いので暇な時にでも戦闘スピードを落として見て欲しい。

また、配置は全キャラの中で後ろから3番目(2020年9月時点。ハロウィンミサキが登場するまでは最後尾)とかなりの後ろ。メインクエストでは最後尾狙いの敵の攻撃対象にされやすいということなので、無対策で出くわすと★3クリアならず、ということもありえるため注意。

実装時点である2018年5月のアリーナでは、魔法防御デバフを持つキャルアカリと組み、魔法タンクのクウカですらゴリ押して倒すキャラクターとして活躍した。更に基本射程が短めに設定されているようで、互いに基本的な編成ならクウカやノゾミの挑発を無視してミヤコを攻撃し続けられるため、物理PTのミヤコ突破要員として単体で編成されることもあった。

2019年5月31日には専用装備「コスモブルーロッド」が実装され、「アイスランス」が強化された。
単純に威力が大きく上昇したほか、この攻撃にクリティカル時のダメージが更に4倍になる効果まで付与された。攻撃時の氷柱が巨大化する様は必見。
魔改造レベルで強化されたミミ、ミソギとは対照的に順当に強化されている。

単体魔法アタッカーではあるが、キョウカの実装からしばらくの間はイリヤの火力が強力すぎたため、クランバトルにおけるアタッカー枠としてはイリヤの追加というポジションであった。
しかし専用装備の実装後はアイスランス+の高い攻撃性能により、クランバトルでも一級のアタッカーとして活躍するようになっていく(クリティカル時という仕様によりダメージの振れ幅が大きいのは玉に瑕だった)。

ただし、インフレが進んだ2020年9月現在では火力不足へとなりがちである。同時点のクランバトルの魔法アタッカーには正月キャルという最高峰のキャラがおり、それ以外でもクリスマスイリヤや専用装備付きの水着マホといった、単体魔法アタッカーのライバルが多く登場しているため肩身が狭い。

後発実装のためか、メモリーピースは2020年9月現在でハードクエストの16-3でしか集めることができず、自力で解放するには多少骨が折れる。
ただ、イベント『リトル・ブレイブ・ハロウィンナイト!』ではメモリーピースの獲得対象に選ばれているため、今後サイドストーリーに追加されれば集める機会はそこそこ出てくる。
前述の通り現在はインフレの波に飲み込まれてしまった感はあるが後述の★6実装によってある程度解消された。

★6


2021年3月5日、『★6才能開花』によってキョウカに『★6』が実装された。
ユニオンバーストが「コスモブルーフラッシュ」から「コスモブループラネット」に変化し、セットボーナスによって魔法攻撃力・魔法クリティカル・TP上昇・HP吸収が大きく上昇する。

これによりユニオンバーストがアイスランス+同様にクリティカル時のダメージが4倍となったことで更なる火力を得て単体魔法アタッカーとしては非常に高いポテンシャルを得た。
逆に言えばユニオンバーストの性能で変化したのはそれだけであるが、星6になったことでのステータス強化と合わせたその純粋な強化は使いやすく、また一発の火力が上がったことで防御力の高い相手やアリーナでの回復による耐久パーティーへは、回復などさせることなく一撃で倒せばいいとばかりのその単発高火力により適正が上がった。
しかし、キョウカ単体では魔法防御ダウンや魔法クリティカルアップなどの補助スキルは持っていないことやあくまでクリティカルでのダメージが4倍というだけなので安定性に欠けること、そして相変わらず打たれ弱いという点もあるので過信は禁物。
だが、アカリ等のスキルによってキョウカが魔法クリティカルを連発できるような状況下では圧倒的な火力を見せつけることができるようになった。

欠点は才能開花の難易度の高さ。初期★3に加えハードドロップが1箇所しかなく1日最高でも6個(2倍期間中は12個)までしかメモリーピースを手に入れられない為才能開花に非常に時間が掛かる点である。

ハロウィン

【魔法】
後衛で味方の火力を高める、黒猫仮装の優等生。
自分の魔法攻撃力に応じて効果が強化されるものと、効果が累積するもの等、多彩なスキルで攻撃力を高める。

ハロウィンキョウカ
お、お化けなんている訳ないです…!


イベント『リトル・ブレイブ・ハロウィンナイト!』に合わせて登場した、期間限定のハロウィンバージョンである仮装姿のキョウカ。
味方の魔法アタッカーを支援するバッファーへとスタイルが切り替わった。

スキルは全て魔法攻撃力を強化するものなうえ、スキル2の「マジカルトリート」はシオリのUBと同様に累積するタイプなため、魔法攻撃力バフの量が凄まじいものとなっている。
ただしバフ一辺倒というわけではなく、ユニオンバーストには魔法防御デバフもついている。

マジカルトリートが累積する都合上クランバトルのようなボス戦と相性がいい。
自身の火力こそ低めだが、魔法パーティに編成すれば、そのバフ効果によって魔法アタッカー1キャラ分に近いダメージソースとなる。

物理防御力が全キャラ中最低クラスであることが弱点。
物理の全体攻撃攻撃を行うボスに対しては★3の状態だと耐えきれないケースが多く、その場合★4ないし★5への才能開花が必要となる。
元々防御ステータスが高めな水着サレンやUBが回復スキルである正月ユイなどは★3でも運用できることを考えると惜しい部分ではある。

配置はハロウィンキョウカが登場するまで最後尾だったハロウィンミサキよりも後ろとなっており、2020年9月現在で全キャラ中最も後ろとなっている。
このため、同じく魔法バッファーだが後衛の中でもかなり前にいるアンと違い、被弾の頻度が少なめなことも長所の一つである。

2020年9月14日には他のハロウィンリトルリリカル共々、専用装備「ハロウィン猫さんブルーム」が実装された。
スキルの強化はマジカルトリックの効果量が上昇するのみで、専用装備の上昇ステータスも2種類と控えめな強化のように見えるが、TP消費軽減の+10(Lv180時点)のステータスアップは見逃せない。
魔法攻撃力の追加もあって、バフの実際の量は専用装備前と比べて約2倍の数値へとなっているため、バフが刺さる戦闘ではさらに活躍できるようになるだろう。

余談

2019年10月末にShadowverseからのコラボキャラとしてルナがプリコネRに参戦。CVが同じ小倉唯であるため、ハロウィンバージョンと合わせてCV小倉唯のユニットを3人同時にパーティー編成できるようになった。

ダブルツインテール


その後のデレマスコラボ実装により、チカ・クリスマスチカとグレアリン(デレマス)を使うことでCV福原綾香のユニットを4人同時に編成できるのが長らく同じ中の人編成では最大の人数だったのだが、3周年に合わせるようにコッコロが通常、水着、ニューイヤー、プリンセス、儀礼の5verを用いた、中の人繋がりですらないコッコロ5人同時編成なんてこともできるようになってしまった(どういうことなの……)。

Shadowverse

カード

同じCygames製作の対戦型デジタルカードゲーム『Shadowverse』では、プリコネRがテーマの一つとなっているカードパック「アルティメットコロシアム」にて参戦した。

カード名小さな優等生・キョウカ
種類フォロワー
クラスウィッチ
レアリティゴールドレア
コスト3
進化前攻撃力:3 体力:3
能力ファンファーレ スペルブースト する。
ユニオンバースト 10; 相手のフォロワー1体に7ダメージ。相手のリーダーに2ダメージ。
進化後攻撃力:5 体力:5
能力進化時 スペルブースト する。相手のフォロワー1体に2ダメージ。
CV小倉唯
収録セットアルティメットコロシアム
※ファンファーレ…手札からPPを支払って場に出たときに発動する能力。
※スペルブースト…スペル使用時やスペルブーストする能力使用時に強化される能力。
※ユニオンバースト…数字のターンかそれ以降にプレイすると発動する能力。手札にあるとき自分のフォロワーが進化すると-1される。

3コスト3/3の高めのステータスに加え、ファンファーレと進化時にスペルブーストを行う能力を持つ。進化時能力はダメージ効果付きなため、中盤の進化ターンでは心強い。
単体特大ダメージのコスモブルーフラッシュを再現したユニオンバーストも持っているため、EPが無くなった後でも活躍させやすい性能を持つ。

スペルブースト+進化時のダメージ効果が強力なため、スペルを軸にした様々なデッキで活躍している。

リーダースキン

「アルティメットコロシアム」のリリースに伴い、ウィッチの「リーダースキン」としても参戦した。アルティメットコロシアムのカードパックから「リーダースキン付き限定イラストカード」を入手することで、キョウカをウィッチのリーダーとして操作できるようになる。


ちなみにエモート機能の決め台詞は「やっぱりへんたいです!」である。

関連イラスト

쿄우카짱
「全力を出します!」


キョウカchan
キョウカ


ハロウィンキョウカちゃん2
こわくなんかないですっ



関連項目

プリンセスコネクト!Re:Dive / リトルリリカル
ミミ / ミソギ…ギルドメンバーもとい遊び仲間。
キャル / ヨリ…同じくツンデレな魔法アタッカー。

ハリエ中の人が同じ関係でフラスタに一緒に出ている。
ルナ(シャドウバース)中の人が同じ同社繋がりキャラ。上述の余談も参照のこと。
筒隠月子変態王子と笑わない猫の登場人物。アニメでの中の人が同じで、主人公のことを度々変態と呼ぶ点が共通。
乱崎凶華狂乱家族日記の登場人物で、プリコネRのメインシナリオライターである日日日による作品の同名キャラ繋がり。それ以外の共通項は低身長であることくらいではあるが。
黒猫道士…ハロウィンバージョンの容姿がそちらと非常に似ている。同じCygamesによるものなのでセルフオマージュなのかもしれない。

関連記事

親記事

リトルリリカル りとるりりかる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キョウカ(プリコネ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31481413

コメント