ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

イリヤ・オーンスタイン

いりやおーんすたいん

『プリンセスコネクト!Re:Dive』に登場するキャラクターである。所属ギルドは【悪魔偽王国軍(ディアボロス)】。
目次 [非表示]

プロフィール

年齢非公開
身長172cm
体重50kg
誕生日5月5日
血液型A型
種族魔族
ギルド悪魔偽王国軍(ディアボロス)
趣味世界征服
CV丹下桜

概要

イリヤ・オーンスタインはCygamesのスマートフォンRPG『プリンセスコネクト!Re:Dive』のキャラクター。

ゲーム内での表記は主に「イリヤ」。無印版にも同性同名で登場していた。


かつてランドソルを恐怖のどん底に陥れた「伝説の吸血鬼」で、「夜を統べる者」を自称するヴァンパイア。【悪魔偽王国軍(ディアボロス)】のギルドマスター。

どこかの古城に封印されていたが、シノブたちによって封印を解かれ目覚めた。

イリヤセンシティブな作品

封印されている時は妖艶な美女の姿だったのだが、封印を解いた直後に魔力の枯渇で子供の姿になってしまう。そのせいで封印を解いたメンバーは大人の姿がイリヤの本来の姿であることをすぐには信じてくれず、主人公がイリヤに触れた際になぜか一瞬だけ元の姿に戻ったことでようやく受け入れられた。


人物

高飛車で尊大な自信家。かつて軍団を率いていただけのカリスマ性を有し、わらわ口調で喋り「ナーッハッハッハッ!」と高笑いする。

一見酷薄に見えるが、内面は情が深く仲間思いで、自分を信頼してくれる人を何よりも大事にする義理堅さがある。


普段は子供の姿であり、魔物一匹倒せないほど弱体化している。何らかの影響で魔力が満ちた時に元の姿に戻るが、長続きはせずすぐに子供の姿になってしまう。

また、言葉遣いは子供の姿でも大人の時と同様のわらわ口調である。そのため声優の演技力もあって、端から見ればのじゃロリのようにしか聞こえない。


主人公の「プリンセスナイト」の力は特に魔力回復の効果があるようで、軽く触れられるだけで元の姿に戻ることが可能。そのためゲーム上のバトルの際は常に大人の姿で戦っている(子供姿のSDキャラは用意されていない)。

主人公のことは我が眷属と呼んでおり、共に全盛期の力を取り戻すために奔走している。主人公が魔力回復の鍵だと確信しているため、常に自分の側に置くために伴侶にしようと画策している。

ただし、異性と対等に付き合った経験が皆無なため、いわゆる恋愛クソ雑魚と言えるほど自身の感情を持て余し、盛大に暴走しては失敗してを繰り返している。


最終的な目標は世界征服だが、悪魔偽王国軍(ディアボロス)のメンバーたちは全く興味を示していない。というのも、「何でも願いを叶えてくれる伝説のヴァンパイアがいる」というおとぎ話からイリヤの封印を解いたためである。イリヤにそのような能力は見られないが、本人曰く「魔力が戻ればできる」とのこと。


年齢の設定は非公開だが、無印版フィオ年増と言われた際に、ダンジョンを崩壊させるほど激昂する程度にはある模様。


ちなみに、吸血鬼ではあるが日光に当たっても日射病(或いはそれに類似したもの)になる程度である。

一方、ニンニクにはかなり弱く、口にすると力を失うほど。白木の杭に関しては不明。


ストーリー

メインストーリー第1部では覇瞳皇帝打倒を考えている主人公たちに【七冠】の存在を示唆し、状況打開への光明を与える。また同時に【七冠】の一人と目されるネネカと知古だったことから、ネネカへの橋渡しを買って出た。(ただ、一足先にネネカは覇瞳皇帝に拉致され、主人公たち共々ネネカの秘密基地の自爆に巻き込まれかけて、九死に一生を得たのだが)


王都終末決戦では大量の生命力を求める覇瞳皇帝にギルドメンバーのミヤコが襲撃され、それを助けるために自力で大人の姿に戻り、ギルドメンバー全員を逃がす為に孤軍奮闘。だが力及ばず倒れた所に主人公たちが駆けつけ、こちらも九死に一生を得た。

覇瞳皇帝との戦闘で疲弊していたことも有り、その後は飛空艇を撃墜された【カルミナ】を始め、民衆の救助と避難に助力した。


Re:Diveでは初登場となるイベント『ヴァンパイアハンター with イリヤ』ではメインを務める。

「伝説の吸血鬼」が復活したという噂を聞いたカオリマホは吸血鬼への対抗策としてゴーヤっぽいものや麺棒を持ち出すが、それらはもちろん吸血鬼としての弱点ではない。

しかし、なんだかんだで彼女らと一緒に冒険するうちに仲良しになった。


2019年のクリスマスイベント『プレゼントパニック! ランドソルのサンタたち』では、ノゾミクリスティーナと共にサンタクロースの候補に抜擢される。

確信犯的にハチャメチャな行動を繰り返すクリスティーナに対してはツッコミ役になることもあったが、自身も無自覚になかなか過激な行動を取ることが多く、彼女と共にランドソル中を騒がせた。


また、サンタクロースの衣装が持つ能力によって魔力が増幅してるのか、イベント内では主人公不在と思われる場面でも大人の姿で活躍している。なお温泉関連のシーンやニンニクを食べた際は子供の姿に戻っている。

クリスマスロリヤ


終炎のエリュシオンの暴走のイノセントボウ戦での入れ替わりは、心がシノブへ移り、身体はドクロ親父が使う事に。

更に2度目の入れ替わりでは、心がアカリへ移り、身体はシノブが使う事に。


TVアニメ版

「頭が高い!闇の女王の前であるぞ!」


アニメ「プリンセスコネクト!Re:Dive」にも登場。

第1話ラストに台詞無しで出演してる他、悪魔偽王国軍回である第10話にも出演。


当初はギルドストーリーと同様に結晶の中に封印された状態だったが、幽霊であるミヤコを視認できるユウキの力を見込んだシノブは、彼をコッコロと共にディアボロスの拠点へ連れて行く。そしてユウキとイリヤが邂逅すると、見事彼女の封印が解かれ、地に降り立った。


…が、原作と同様直後に子供の姿になってしまい、折角の名乗りが台無しになってしまう。

普段使役している眷属の魔物にも襲われイリヤは泣きべそをかいてしまうが、ユウキがイリヤを助けるため咄嗟に抱きかかえ「プリンセスナイト」の力を発揮すると、その影響により再び大人の姿に戻ることができた。眷属の魔物を服従させ高笑いするイリヤだったが、それも長くは続かず、直後またもや子供の状態へ戻るのであった。


スキル

通常

ユニオンバーストヴァーミリオンバイト範囲内の敵に魔法大ダメージ+自身のHPを中回復
ヴァーミリオンエンプレス範囲内の敵に魔法特大ダメージ+自身のHPを中回復&クリティカルを受けた際のダメージを大ダウン+【宵闇の加護】付与
スキルブリーディングブラスト自分の魔攻を中アップ+敵単体に魔法中ダメージ+自傷
ブリーディングブラスト+↑のバフ値アップ+敵単体に魔法大ダメージ+自傷
ブラッディスピア範囲内の敵に魔法中ダメージ+自傷
EXスキル血の契約魔法攻撃力中アップ
血の契約+魔法攻撃力大アップ

※【宵闇の加護】…使用するスキルのダメージが個数に応じて増加、最大4個まで付与。


クリスマス

ユニオンバーストヴァーミリオンノエル敵単体に魔法特大ダメージ+自分の魔攻中アップ
スキルバットカーニバル敵単体に魔法中ダメージ
バットカーニバル+魔法攻撃力小アップ+敵単体に魔法大ダメージ+イリヤのHPが低い程、攻撃力の上昇量とダメージがアップ
ブラッディソーン範囲内の敵に魔法中ダメージ+自分の魔攻中アップ+残りHPの20%分自傷
EXスキル聖夜の盟約魔法攻撃力中アップ
聖夜の盟約+魔法攻撃力大アップ

※クリスマスのユニオンバースト、通常スキル2種は自身のHPが低いほど威力が上昇する。


ニューイヤー

ユニオンバーストヴァーミリオンライジング魔法攻撃力特大アップ+魔法クリティカル大アップ+敵単体に魔法特大ダメージ+HPを中回復
スキルニュームーンエクリプス敵単体に魔法大ダメージ+魔法攻撃力中アップ(残りHPを40%消費)
ニュームーンエクリプス+敵単体に魔法大ダメージ+魔法攻撃力中アップ(残りHPを40%消費)+自分に物理/魔法吸収バリア付与+敵単体のTP上昇小ダウン(自分の残りHPが多い程、魔法攻撃力の上昇量とバリアの吸収ダメージ量がアップ)
ブラッディサーヴァント敵単体に魔法大ダメージ+TP小ダウン+TP小回復(残りHPを25%消費)(Lv261よりダメージが増加)
EXスキル賀春の誓約魔法攻撃力中アップ
賀春の誓約+魔法攻撃力大アップ

儀装束

ユニオンバーストヴァーミリオンベール【召喚】敵単体に魔法大ダメージ+自分のHP中回復(ダメージは眷属の数に応じて増加&最大2体まで眷属を召喚)
スキルブラッディグレース敵単体に魔法中ダメージ+自分のTP小回復(ダメージとTPの回復量は眷属の数に応じて増加)
エンゲージブルーム範囲内の味方の魔法攻撃力と魔法クリティカルを中アップ&行動速度大アップ
ルーラーズエイド最もHPの低い味方単体のHP小回復(自分の残りHPの20%を消費)
EXスキル月下の血盟魔法攻撃力中アップ
月下の血盟+魔法攻撃力大アップ

キャラステータス

通常

【魔法】

中衛で命を削り攻撃する「夜を統べる者」。

自身のHPと引き換えに放つスキルは高い殲滅力を誇り範囲攻撃における威力では他の追随を許さない。


自傷ダメージ有りのスキルで身を削りながら、高威力の範囲技でガンガン攻める魔法アタッカー。

通常スキル2種は自身のHPを消費するデメリットを持つが、ユニオンバーストはHP回復効果を持つ為、発動すればスキルで削ったHPをリカバリーすることができる。


バトルアリーナやダンジョンの道中等の短期決戦は大得意であり、魔法攻撃に弱い前衛はあっという間に蹴散らしてしまう。TPは被弾でも増えるため、自傷スキルを連打するイリヤはTPの溜まりが早く、それが彼女の火力に拍車をかけている。


しかし、自傷ダメージが半端ない上にそのスキル使用頻度が非常に高く、あまつさえクリティカルまでしてしまうため何も考えずに編成すると、勝手に自滅するだけのキャラになる。そのため基本的には誰かと組ませて、上手く被弾を減らしたりUBを連発させたりしてHPを維持させながら戦うことになる。


中でも配置が隣で、スキル「エレガンスエール」によってTPを供給してくれるサレンとの相性は抜群であり、実装当初は半ば彼女と組むことを前提とした調整になっている節が強かった。

センシティブな作品


なお、2019年7月31日に実装された水着カオリはイリヤとサレンのコンビに割り込む配置となっている。役割が被る上に物理・魔法の違いもあるのでサレン・水着カオリ・イリヤと起用することはまずないだろうが…。


また、アンナ・サレン・イリヤの3人を編成してバトルを行うと、サレンのエールがアンナの方に向かってしまう。アンナのユニオンバースト「羅刹涅槃・極光終天冥壊破」はデメリットが強く連打を控えたいものなので、この3人を同時に編成するのはやめた方がいいだろう。


アリーナでは、範囲攻撃スキル+UBで前衛・中衛を瞬殺し、それによってTPを回復、そのまま追撃のUBによって敵軍を圧倒する、「やられる前にやれ」を地でいくキャラとして人気を博した。

イリヤ実装前である2018年6月以前のアリーナ防衛はタンク&回復の耐久編成が人気だったが、その耐久力を上回る破壊力を持つイリヤの実装によって、当時の耐久編成は大きく衰退したのである。


クランバトルにおいても、単体魔法アタッカーであるキョウカすら歯牙にもかけない高火力魔法アタッカーとして活躍していた。範囲アタッカーというポジションながら単体エネミーのボス戦でも高いDPSを誇り、後に「マルチターゲット」を持つボスが実装されるとさらに火力要員として重宝された。


2019年5月31日には、何故かと共に専用装備「闇斧ナハトファング」が実装。

元々トップクラスのアタッカーだったため、スキル強化は同期ほど目立たないが、魔法防御やHP吸収の強化により場持ちの良さが改善されたのは嬉しい限り。単純に火力上昇にも繋がるので起用機会が多いなら付けて損はない。

アタッカーの専用装備としては珍しく魔法クリティカルが上がらないが、自傷を考えるとないほうが良いとも言える。いずれにせよ自傷クリティカルとのお付き合い自体は続く結果になった。


2020年8月現在は、様々な新キャラ・専用装備・★6の追加といったインフレにより肩身が狭くなっている感は否めない。自軍のインフレに伴い敵側の火力も大幅に強くなってきているため、上位プレイヤーのバトルではどうしても自傷のデメリットが重くのしかかってくるのである。火力に関しても追加キャラや★6キャラと比べると見劣りしがちになっている。


そのため特に最近プリコネRを始めた新規プレイヤーは、イリヤを仲間にしても育ててないという人がいるかもしれないが、★6実装などの要因で息を吹き返す可能性は残されてる為、最低でもメモリーピースは集めておきたいところである。


自傷スキルを連発する性質上、クエストでの使い勝手は元々非常に悪い。クエストの敵は最後尾狙い、3番目狙い、範囲攻撃などを頻繁に使うため、中衛のイリヤは被弾しやすく倒れやすい。


★6

「夜を統べる者の真なる姿、刮目して焼き付けよ!」


2022年9月7日、『★6才能開花』によってイリヤに『★6』が実装された。

ユニオンバーストが「ヴァーミリオンバイト」から「ヴァーミリオンエンプレス」に変化し、セットボーナスによって魔法攻撃力・魔法クリティカルが大きく上昇する。


クリスマス

【魔法】

前衛で、血を対価に攻撃する聖夜の吸血鬼。

残りHPが低いほどダメージを上昇するスキルと、HPを消費するスキルを組み合わせ、絶大な破壊力を発揮する。

センシティブな作品センシティブな作品

クリスティーナノゾミより半月遅れて登場した、クリスマスバージョンとなるサンタ衣装のイリヤ。

ハロウィンミミと同様、季節系の別衣装バージョンだが恒常キャラとなっている。


魔法アタッカーとしては初の前衛キャラ。どちらかと言うとボス戦で活躍しやすい性能となっている。

サレンバレンタインエリコの流れをくむ背水スキル持ちのアタッカーであり、HPが満タンに近い状態だと並程度の火力だが、HPが下がった状態のスキルの火力は非常に高い。

また、自傷ダメージは現在のHPに応じた割合ダメージであるため、通常版と違い自傷そのもので倒れることはない。


HP吸収が機能する相手なら他の魔法キャラたちの先陣を切ってダメージを与えに行く事が出来る。そうすれば被弾によるTP回復でユニオンバーストをコンスタントに繰り出し、高い魔法攻撃力や背水効果によって「聖夜の吸血鬼」にふさわしいダメージを出すことが出来るだろう。


クリスマスイリヤ実装の翌月には、プリコネR史上規格外の火力を出せるキャラである正月キャルが登場したが、あちらが真価を発揮するのは専用の編成を組んだ時のみであるため、クリスマスイリヤはTP回復キャラといったシナジーは特に意識せずとも活躍できるという点で差別化は容易である。


前衛初の魔法アタッカーという今までに無いポジションである都合上、状況によってはネネカミサトなどの範囲指定バフが届かない場合がある。

また、魔法パでは自己バフでしかなかったオーエドクウカの防御バフの恩恵を受ける事が可能。


2020年8月15日にハードクエストでメモリーピースを集められるようになりガチャを引かなくてもお迎えできるようになったが、場所が37-3とかなり遠いのが難点。当然相当な上級者でなければたどり着くのは難しい。


2020年12月10日、専用装備として聖夜斧ノエルファングが実装された。

バットカーニバルのダメージが上昇しさらに永続の魔法攻撃力バフが付与されるようになった。

当然HPが低いほどバフの上昇量が上がる。

さらにTP上昇ステータス(初期+2、Lv190で+21)が付与されるのでよりUBを発動させやすくなった。


ニューイヤー

【魔法】

中衛で自らの血を代償に力を振るう新春吸血鬼。

自身のHPを消費して放つ強力なスキルと、敵からTPを吸収するスキルを自在に操り、目の前の敵を撃滅する。

イリヤさん(正月)正月イリヤ

イベント『新春美食メモリーズ シェフィのおつかい大作戦!』に合わせて登場した、期間限定ガチャの晴れ着姿のイリヤ。シェフィルカの実装から半月遅れで実装された。

通常、クリスマスの衣装が痴・・・もとい寒そうな格好だったのに対して、こちらは露出が控えめの健全な見た目になった。


2022年11月15日に、『ブラッディサーヴァント』のLvアップ調整が行われた。


2023年1月10日に、専用装備『新春斧ニューイヤーファング』が実装。装備すると『ニュームーンエクリプス』の性能が底上げされる。


儀装束

【魔法】

中衛で、眷属と永久の血盟を誓う月下の吸血鬼。

UBで眷属を2体喚び、味方への攻撃支援や行動速度上昇で強化し、眷属と共に見舞う猛攻で前途を阻む敵を討つ。

イリヤ( 儀装束 )イリヤ

イベント『ヴァンパイアフォークロア 夜と美の饗宴』に合わせて登場した、期間限定ガチャの儀装束姿のイリヤ。


Shadowverse

カード

同じCygames製作の対戦型デジタルカードゲーム『Shadowverse』では、プリコネRがテーマの一つとなっているカードパック「アルティメットコロシアム」にて参戦した。

カード名夜を統べる者・イリヤ
種類フォロワー
クラスヴァンパイア
レアリティレジェンド
コスト3
進化前攻撃力:3 体力:2
能力相手のターン開始時、直前の自分のターンに自分のリーダーがダメージを受けていたなら、+1/+1する。
相手のフォロワーと交戦したあと、このフォロワーが破壊されなかったなら、この体力を上限まで回復。
ファンファーレ ユニオンバースト 10; 相手のフォロワー1体に3ダメージ。相手のリーダーに3ダメージ。自分のリーダーを3回復。
進化後攻撃力:5 体力:4
能力相手のターン開始時、直前の自分のターンに自分のリーダーがダメージを受けていたなら、+1/+1する。
相手のフォロワーと交戦したあと、このフォロワーが破壊されなかったなら、この体力を上限まで回復。
CV丹下桜
収録セットアルティメットコロシアム 真夜中の女帝

※ファンファーレ…手札からPPを支払って場に出たときに発動する能力。

※ユニオンバースト…数字のターンかそれ以降にプレイすると発動する能力。手札にあるとき自分のフォロワーが進化すると-1される。


クラスはもちろんヴァンパイア。自身は自傷効果を持たないが、リーダーが自傷していた場合に発動するバフ能力を持つ。自己回復効果は悪逆の公爵・ユリウスが持つ能力と類似してるが、条件が交戦なため相手ターン中にも発動する点が長所。


ヴァーミリオンバイトを再現したユニオンバーストの効果は、相手フォロワーとリーダーへのダメージと自リーダーの回復。発動すれば3PPというコストに対して破格な能力であり、イリヤをデッキに入れる際はもっぱらユニオンバーストのダメージ効果と回復効果を目的として組み込まれる。


リーダースキン

「アルティメットコロシアム」のリリースに伴い、ヴァンパイアの「リーダースキン」としても参戦した。「リーダースキンセット」を購入することで、イリヤをヴァンパイアのリーダーとして操作できるようになる。


ちなみにShadowverseのコラボリーダースキンには既にイリヤ(と呼ばれている人物)が登場している

また、肌色の面積が原作と比べてかなり抑えられている(いわゆるイラストナーフ)。


関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品

センシティブな作品センシティブな作品

正月イリヤさん落書き正月 イリヤ様

イリヤ様イリヤ


関連項目

プリンセスコネクト!Re:Dive / 悪魔偽王国軍

ヨリ / アカリ / シノブ / ミヤコ…同じギルドに所属。

ニノン…世界征服ではなく天下統一を目指す、かつてのアリーナにおける好敵手。

アンナ…同じくサレンと位置が近い魔法アタッカー。無印版ストーリーで絡みがあり、今作でもルナの塔で共演。互いに「オーンスタイン卿」「シュテッヒパルム殿」と呼び合う仲に。


カリオストロ(グラブル)…同じCygamesのキャラクターかつ中の人つながり。絶大な力を持ち封印されていたという点も一致する。

ユリアス(シャドウバース)…同じくCygamesのキャラクター。かつて封印されていたヴァンパイア、HPを自傷することでアドバンテージを得るという点が共通している。後にそちらの作品に参戦した際も同じクラスとなった。


忍野忍キスショット)…西尾維新物語シリーズの登場人物。「普段は幼女だが、有事の際は主人公の力で大人の姿に戻って戦う女吸血鬼」。

大奥のサクラ…プリコネRのメインシナリオ担当日日日の過去作品。「吸血姫」というキャラクターが「とある理由で幽閉されていたが、異能力戦闘集団を結成して出奔」。

セイバー(Fate/EXTRA)…中の人が同じで喋り方も似ている上にグラマー。









無印版では

伊莉亞

前作プリンセスコネクト!でも正真正銘の吸血鬼だが、力を失っているため普段は子供の姿。

アストルムにログインすることで本来の姿になるが、永く生きたせいか機械音痴でVRゲームであるレジェンド・オブ・アストルムの仕様を殆ど把握しておらず、「本来の力を取り戻した」と勘違いしている。


アストルムはログインした本人の本来のスペックも反映されるためゲームをよく知らなくても問題なく敵を蹴散らせる。弱点までは反映されないため弱点を克服したと勘違いし更に浮かれていた。

フィオから年増と言われた際は激昂し、その余波でその場のダンジョンを崩落させていた。


永く生きているためか、Re:Diveではアメスから唯一「さん」付けで呼ばれている。

ちなみにアメスはリアルの彼女を知らなかったため、を見せる際に子供姿だったことを気にしていた。

関連記事

親記事

悪魔偽王国軍 でぃあぼろす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19209215

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました