ピクシブ百科事典

ノゾミ(プリコネ)

のぞみ

ノゾミはCygamesのスマートフォンRPG『プリンセスコネクト!Re:Dive』のキャラクターである。所属ギルドは【カルミナ】。
目次[非表示]

プロフィール

年齢17歳
身長157cm
体重40kg
誕生日1月24日
血液型B型
種族ヒューマン
ギルドカルミナ
趣味舞台鑑賞、ダンス
CV日笠陽子
利き手左利き※

※アイドル活動で他人とポーズを合わせる時には右手を使うこともある

概要

ノゾミはCygamesのスマートフォンRPG『プリンセスコネクト!Re:Dive』のキャラクター。ランドソルでトップアイドルを目指す女の子。
現時点でも人気者だが、ユニットでもデビューしたいということでギルド【カルミナ】を結成した。
無印版の桜井望にあたる。無印版については当該記事参照。

チュートリアルの★3確定ガチャで仲間にできるキャラクターのひとり。

人物

素直で元気で明るく、ちょっと抜けててアホの子っぽいところがある。
太ったと思ってしまっただけで、王宮騎士団のような鎧に全身を包んで主人公と一日過ごすなど、盛大にズレた感覚も持つ。

アイドルという職業に強い誇りを持っており、アイドル業のことになると少し口うるさくなり、また頭も回る。歌って踊って(日々の悲しい気持ちと)戦うことをモットーとしているが活動資金のために魔物の討伐を行うこともある。
過酷なアイドル業を熟すために厳しい身体管理を行っており、それにより抜群の身体能力を持つ。それによってダンスでファンを魅了する他に戦闘で剣を振ることもなんなくこなす。

歌唱も得意であり、自分やツムギの歌詞を作詞することもあった。
戦闘中でも歌詞や振り付けを思いつくことが有り、それらを書き留めておくことに余念がない。
「アイドルは恋愛厳禁」という信条を持っているが主人公が好きであり、悩むこともあるが最終的にはトップアイドルになることも主人公との恋の成就も叶うと強く信じている。ただ、恋愛事では素直になれない天の邪鬼なところもある。

アイドルとして知名度が上がるのが喜ばしい一方、プライベートが限定されていくのが悩み。

光や輝きがキーワードとなっており、体(指先)や剣先から光を放って攻撃を行い、セリフもそれに因んだものが多い。
技名や専用装備も光や輝きと言う意味の言葉を使っている。

ストーリー

メインストーリーでは第9章で、チカツムギと共に出演。大陸一周ツアーの第一段階としてランドソルで路上ライブを開催した。ライブの最中に魔物の襲撃に合うが、冷静に観客を避難させた後に、持ち前の身のこなしと他メンバーとの連携で上手く魔物をいなしていた。しかし・・・
なおここで彼女らのプロデューサーが意外な人物であることが明らかになる。

2018年のクリスマスイベント『忘却のキャロル』では、新規衣装こそ用意されなかったがイベント内にて出演してる。
同じグループメンバーのチカが道端で倒れてしまったため急いで看病に向かったものの、とある原因によって幼児化したチカに甘えられてしまっている。

後の2019年のクリスマスイベント『プレゼントパニック! ランドソルのサンタたち』ではメインを務める。
空からサンタクロースが現れ、同じ場にいたクリスティーナイリヤ共々サンタクロースの候補に任命されたため、一人しかなることができないサンタの座をかけて彼女らとプレゼント配りの競争をすることになった。

また、イベントストーリーのEDムービーではトナカイを模した別衣装を新曲「Call Me Darling!」と共に、他のカルミナメンバーと一緒に披露してくれた。

ノゾミちゃん!!
Call Me Darling!☆ノゾミちゃん



イベント『鋼の聖女と聖なる学者の異端児』では【聖テレサ女学院】で開催された「聖学祭」のサプライゲストとして同学院の生徒会長の依頼により招かれた。本人曰く全員で出たかったがツアー中ということもありプロデューサーの提案で彼女のソロ出演という形に落ち着いたと語っている。また彼女の一方的ファンである「カルミナすこすこ侍」とも顔合わせすることになり…。

楽曲

  • 君の笑顔が見たいから…キャラクターソング
    • 作詞:Manami / 作曲:内海孝彰 / 編曲:岡野裕次郎
    • 歌:ノゾミ(日笠陽子)


スキル

通常

ユニオンバーストライブ・オンステージ味方の物攻小アップ+自分の物防魔防大アップ+挑発
ライブ・オンスペシャルステージ味方の物攻大アップ&物理魔法無効バリア+自分の物防魔防特大アップ+挑発+敵全体にスタン
スキルクレールスラッシュ前方小範囲に物理小ダメージ+スタン
クレールスラッシュ+前方小範囲に物理中ダメージ+スタン+物攻小ダウン
アイドルエール周囲の味方のHPを中回復
EXスキルルミナススマイル物理防御力中アップ
ルミナススマイル+物理防御力中アップ+魔法防御力小アップ


クリスマス

ユニオンバーストライド・オン・クリスマス味方全体の物防アップ(自分より後方の味方の数で効果アップ)
スキルクリスマスエール味方全体に物理無効バリアを展開
フロストスラッシュ敵単体に物理中ダメージ+凍結
EXスキルイルミネイトスマイル物理防御力中アップ
イルミネイトスマイル+


キャラステータス

通常

【物理】
前衛で、皆の壁になって戦うアイドルのぞみん。
彼女がステージに立てば、味方の物理攻撃力が大きくアップし、さらに敵の注意を一手に惹き付ける。

ノゾミ



前線で敵の攻撃を受けるタンクに分類される。

盾役であるため火力には一切貢献できないが、かわりに挑発・バフなど3種類の複合効果を持つユニオンバースト、範囲スタンによる敵前衛の拘束、範囲回復による味方前衛の支援など、さまざまな能力を備えている。特にユニオンバーストの防御バフの効果が凄まじく、物理向けのパラメータでありながら魔法にもしぶとく耐えてくれる。

このゲームにおいてタンクは非常に重要なポジションで、攻略上の必須職とされる。しかし初期配布のペコリーヌは才能開花が必須で、クウカは物防に不安があり、序盤の最強候補とされるジュンプリンも(ガチャを除けば)中盤以降でないと解放できないと、どのタンクキャラも入手・才能開花の難度が微妙に高い。

強いタンクがおらず敵の攻撃に耐え切れない、でもガチャを引く余裕もないし、コツコツメモリーピースを溜めるのも面倒だ・・・そんな騎士クンに救いの手を差しのべてくれるのがみんなのアイドル、ノゾミンである。

というのも、彼女のメモリーピースはダンジョンコイン産で、初心者でもお手軽に量産できるのだ。★3なので解放に必要なピースは145枚と多いが、ダンジョンコインは溜まるのが早いので、序盤のうちからせっせとダンジョンに通っていれば、強力なタンクが必用となる中盤までには必要枚数は揃っている。
2020年11月24日、メモリーピース獲得イベントだった『忘却のキャロル』がサイドストーリーに追加されたのでこれを併用することで解放スピードを一層早めることができるようになった。
始めから★3なので装備さえ揃えれば即戦力となる。また上述の通り物理と魔法どちらにも対応できるため、敵を選ばない。加えてメモリーピースが簡単に入手できるのは、★5までの才能開花が約束されているということでもあり、ノーマルクエストでは二軍落ちの心配をせずに終盤まで使っていける。

こうした事情からお手軽な強キャラということで初心者、廃人問わず愛されており、マホと共に★3なのに持っているのが当たり前という風潮すらできあがっている。流石はみんなのアイドルである。

ただその強さは才能開花によるパラメータの高さによるものが大きく、本来の戦線維持能力はタンクの中では低い部類に入る。具体的には、ミヤコリマほど物理に強くないかわりに、魔法にもそこそこ対応できるといった程度。
特にスタンが効かないボス相手には不利な戦いを強いられる。パラメータ差が縮まってくる高難易度コンテンツでは、回復や支援なしではボスの猛攻を受けきれず倒れてしまうことも。その段階まで来たら、ミヤコクウカなどの専門タンクに立場を変わってもらおう。一方、ルナの塔やハードクエストなどの一部ステージでは、範囲スタンがボスの護衛に刺さるためミヤコやクウカ以上の活躍を見せてくれることも。

アリーナではジュンと組んで防衛に出向く姿がよく見られた。魔法に強いジュンがノゾミがユニオンバーストを発動するまでの時間稼ぎをし、ノゾミは範囲スタンで敵前衛を妨害しつつ、範囲回復と挑発でジュンの負担を減らす、という戦術である。また強烈なアタッカーであるムイミ実装後には、スタンによりムイミに抵抗できる数少ない盾役ということで注目を集めた。こうした経緯から、アリーナではしばらくノゾミが編成されていない防衛パーティを探すほうが難しい状況となっていた(特に高い順位の場合)。
現在のアリーナでは、範囲キャラの台頭や火力インフレにより敵の攻撃に耐え切れないケースが増えたため、単純な盾役として採用されることは減ってきている。とは言え★6実装されたことでまた環境トップに返り咲く可能性が出てきた、★6開花に備えてしっかりレッスンしておきたい。

2018年11月26日に専用装備「ブリリアントマイク」が実装された。
しかし他のキャラ達と違い、スキルの内容はそこまで大きく変化していない。ノゾミはただでさえ強力なスキルのラインナップなのに、これ以上強化されても逆に大変ではあるが。どちらかと言うと装備した際のステータスアップがメインである。★6才能開花の為にいずれは装備することになる。

★6

「キミがいたから、私はここまで来れたんだよ!」

2021年4月7日、『★6才能開花』によってノゾミに『★6』が実装された。
ユニオンバーストが「ライブ・オンステージ」から「ライブ・オンスペシャルステージ」に変化し、セットボーナスによってHP・物理防御力・魔法防御力・TP上昇・命中が大きく上昇する。

UBの強化が魔改造レベルであり物理攻撃バフが4倍に上昇したのはまだ序の口。
何と味方全体に物理魔法両用無効バリア展開に加え敵全体をスタンさせるというとんでもない強化が施された。
さらにダメージもない為スタンを防ぐ手段が存在せずUBを使われた途端ボスを除く敵全体のスタンが確定する。
これにより妨害性能も上がったことも相まってより一層使いやすくなったと言える。

クリスマス

【物理】
中衛でパーティの守りを支えるサンタアイドル。
スキルで物理攻撃を無効化し、後方の味方が多いほど物理防御力を高めるユニオンバーストで生存力を高める。

センシティブな作品
クリスマスノゾミン
ノゾミ


イベント『プレゼントパニック! ランドソルのサンタたち』に合わせて登場した、期間限定のクリスマスバージョンであるサンタ衣装のノゾミ。
ガチャのクリスティーナやイリヤと異なり、ノゾミはイベントミッション達成によって仲間にすることができる。
通常版初期レアリティ★3のキャラとしては配布キャラに回るケースは水着イオに次いで2人目となる。

物防バフの効果が絶大で、後ろ3人以上で260以上(Lv148時点)の上昇になる。後~中衛キャラは一部の硬いキャラを除けば物防は200~300程度なので、ほぼ倍以上の防御が得られると思ってよい。リマのバリアやクルミのバフでも耐えられない攻撃を易々と受けられるようになるため、物理範囲メタとして注目を集めていた。

しかし発動の遅さがネックで、TP支援を駆使した速攻型の編成には太刀打ちできないため環境入りするには至らなかったが、専用装備の実装である程度改善された。とは言えバフの効果自体は最強クラスなので、クエストやルナの塔では物理メタとして活躍できる。

衣装のデザインは前作のクリスマス仕様カードのイラストがベースになっているが、服の柄などはそれと微妙に異なっている。

2020年12月10日に専用装備聖霊剣セイントホープが実装。
物理無効バリアを張るスキルに防御アップとリジェネが追加されより防御性能が上昇した。
この効果は自分の後ろにいる味方に応じて上昇するので先頭にした時の効果量が非常に高くなる。
また自分自身のHPを回復する効果も追加される。
なおリジェネの回復量は基本的に変わらないので専用装備強化で回復性能アップを上げておきたい。

イベント復刻時には現状イベント配布キャラ限定でLv180・Rank19(装備を除く)までノーコストで育成可能なグロウスフィアシステムが実装されたが残念ながら彼女は対応対象外となった。これによりグロウスフィアは基本2020年12月以降実装イベントキャラしか対応していないことが明らかになった(次回イベントでは正月ムイミが2号として実装、その次の正月スズメは復刻のため未対応であった)。

余談

通常版の立ち絵では常に剣を構えている。デートの最中であってもファンから逃げている間であっても仲間の看病をしてる時であっても常にプレイヤーを狙うように剣を構えているが、ちゃんと普段使いに堪える新規立ち絵を用意しなかった開発チームのせいなので笑ってはいけない。

…と思ってたら、2019年のクリスマスイベントでは通常の立ち絵にもちゃんとしたものが用意されていた。さすがにイベント内で剣を構えるのはまずいと判断されたのだろうか。
後に復刻開催された2018年版のクリスマスイベントの立ち絵も剣を持っていないものに修正されている。
本人の誕生日イベントにおいてもこちらの剣を持っていない立ち絵が採用されている。

関連項目

プリンセスコネクト!Re:Dive / カルミナ
チカ / ツムギ…同じギルド所属のアイドル。
スズナ…こちらはカリスマモデル。リマの1コマ漫画内にて、ミスランドソルでリマが優勝する夢の中でノゾミと共演している。後に実装されたルナの塔のストーリーでは実際に共演を果たしており、二人のライブシーンが見られる。
マホ…★3ダンジョンコイン仲間。同じくアリーナの防衛パーティで人気。現実世界では同じ学校に通っている。
カルミナすこすこ侍…カルミナ信者でノゾミ推し。マホ同様、現実では学校が同じで先輩後輩の関係に当たる。
アン…声優が一緒のコラボ実装キャラクター。

アン×ノゾミ

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ノゾミ(プリコネ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13157091

コメント