ピクシブ百科事典

イオ(プリコネ)

いお

イオはCygamesのスマートフォンRPG『プリンセスコネクト!Re:Dive』の登場人物である。所属ギルドは【ルーセント学院】。
目次[非表示]

概要

イオはCygamesのスマートフォンRPG『プリンセスコネクト!Re:Dive』の登場人物。
無印版の支倉伊緒にあたる。

プロフィール

年齢23歳
身長162cm
体重52kg
誕生日08月14日
血液型B型
種族魔族
ギルドルーセント学院
趣味恋愛小説、恋愛舞台、恋愛漫画の鑑賞
声優伊藤静


人物

ルーセント学院に新しく赴任した先生。
サキュバスを思わせる煽情的な風貌と意味深で思わせぶりな言動からいけない印象を抱くが、これでもれっきとした教師。性格も教育熱心で真面目。
キャラストーリーでは記憶と同時に知識も失った主人公に勉強を教えていた。
ちなみに担当科目は国語。

なお、彼女の意味深な言動は全て天然である。
街でもこの格好をしているため、男に絡まれてナンパされることも日常茶飯事だとか。

主人公を異性として認識することもあるものの、スキンシップや間接キスには一切抵抗がない様子。
また、彼からちゃん付けで呼ばれる数少ない年上の女性である。
彼の他に教え子のミサキからも「イオちゃん」と呼ばれたり、同じく教え子のギャルであるスズナからは「ちゃんイオ」と呼ばれたりしている。

所属ギルドであるルーセント学院は学校なため、学院の校長にあたる人物がギルドマスターになるはずだが、ゲーム上はイオが【ルーセント学院】のギルドマスターということになっている。

チュートリアル★3確定ガチャで仲間にできるキャラクターのひとり。

2018年内に別衣装バージョンがプレイアブル化されることは無かったが、ハロウィンミサキの★3イラスト内でハロウィン衣装のイオが友情出演している。

ハロウィンイオ



2019年のサマーイベント『スズナレインボーステージ!』の立ち絵では、レオタードが露出したセクシーな水着を着ている。
キャラ紹介で「の先生」と書かれているが、そういう意味は一切ない。
また、浮くことはできるものの泳ぐことはできない。
この衣装は2020年のサマーイベント『ミサトサマーエール! 夢追う真夏のナイン』で再び披露した他メインストーリー第2部第4章のムービーシーンでも披露している。
さらに2021年のサマーイベント『エンドレスサマープロデュース 真夏のふたり占めパラダイス』において三度披露した。

ルナの塔のイベントでは、同じ先生キャラのミサトと共演。このとき主人公がミサトの保育園に通っていることを聞き、彼に対し「君、今いくつだったっけ?」と困惑気味に突っ込んでいた。

スキル

通常

ユニオンバーストハートラブストーム敵全体に魔法小ダメージ+誘惑効果付与
ハートラブサイクロン↑が魔法中ダメージ+TPを小ダウン+TP上昇を小ダウン+誘惑
スキルテイルウイップ範囲内の敵に魔法小ダメージ
テイルウイップ+↑が中ダメージ+誘惑状態の敵のTPを大ダウンor非誘惑状態の敵の物攻・魔攻中ダウン
ソウルドレインランダムな敵1人のTPを小ダウン+自分のTPを小回復
EXスキルスウィートラブリーハート魔法攻撃力中アップ
スウィートラブリーハート+魔法攻撃力中アップ+魔法防御力小アップ


サマー

ユニオンバーストタイフーン・ラブドリーム敵全体に魔法中ダメージ+味方全体のHPを中回復
スキルラブスティール範囲内の敵に魔法小ダメージ+最もHPが低い味方1人のHPを回復(範囲内の敵の数で回復量増加)
ラブスティール+範囲内の敵に魔法中ダメージ+最もHPが低い味方1人のHPを回復(範囲内の敵の数で回復量増加)
ラブスプラッシュ範囲内の敵に魔法小ダメージ+魔法防御力小ダウン
EXスキルラブサマーティーチング魔法攻撃力中アップ
ラブサマーティーチング+魔法攻撃力大アップ


キャラステータス

通常

【魔法】
後衛で、敵全体を誘惑するセクシー先生。
敵のTPを奪うスキルでユニオンバースト発動を遅らせ、誘惑のユニオンバーストを放ち、戦場を大混乱に陥れる。

武器は剣の形状をしているが、物理キャラではなく魔法系の支援キャラである(要求される装備も杖)。
かつての配置は後衛の魔法キャラの中で一番前に位置してたが、現在はアンネネカなどに前を譲っている。

ユニオンバースト「ハートラブストーム」は状態異常「誘惑」により、少しの時間敵が同士討ちを始めるというもの。
効果持続中は一切攻撃されなくなる。味方の被弾を減らしつつ攻撃や回復の手数を増やせるため状態異常の中ではかなり強力な部類に入る。残り一人の場合でも攻撃がこちらに飛ばず、解除と同時に行動をキャンセルさせられるため尚強力。
ただしボスは耐性を持つため誘惑にできない。

ダンジョンでの使い勝手はかなり良好。
任意でユニオンバーストを発動でき一戦ごとにTPを回復できるため、彼女の力を借りればボス戦までは安全に進む事が出来るはずだ。
ミヤコのような遅延要素があるときも、開幕発動すれば「う~ら~め~し~や~なの」(一定時間無敵)などの防御スキルを使わせず完封することも可能。
敵チームが混乱してるその隙に、後続のメンバーのUBなどを発動して一気に叩こう。

アリーナでは紙耐久高火力アタッカー中心のパーティに対して大打撃を与えられる。そのため防衛に置いておくと極めて効果的。
逆にタンク&回復中心のガチガチ編成には効果いまひとつ。また魔法キャラ絶対倒すキャットウーマン・タマキが敵にいる場合、UBが発動する前にあっけなく沈められることも。

難点はメモリーピースの入手経路が、入手が貴重なクランコインであること。同じコインによる解禁候補に優秀な物理デバフアタッカーのマコトがいるため、コインが十分にあってもイオは後回しにされることが多い。
序盤のガチャで運よく仲間にできたら大事にしてあげよう。

2019年3月31日には専用装備「グラマーウィップ」が実装。スキル「テイルウィップ」のダメージ量が上昇したほか、様々な追加効果が付与された。
+版スキルは誘惑状態を参照するものであるため、同じく誘惑状態を付与できる専用装備付きのユキと組み合わせるのもいいだろう。

前述のとおりクランコインは大変貴重なものであるため、専用装備を付けるのも強化するのも非常に苦労するのが惜しいところである。
2021年3月23日にメモリーピース対象イベント『アストルムに咲く双輪の華』がサイドストーリーに追加されこの問題はある程度解決された。

余談だが、イオのユニオンバーストによる誘惑付与は「ルナの塔」で敵として出現した際にも猛威を振るう。
ルナの塔でキャラクターが敵として出る場合、その敵はTPが半分ほど溜まった状態でスタートする仕様であるため、イオの誘惑がアリーナよりも厄介になりやすい。
特に118階に関しては、強力な範囲攻撃を持つモンスター「ゲートキーパー」(通称:扉)との相互作用により、ルナの塔の難所の一つとして数えられるほど。現在はスキップで飛ばせることがせめての救い。

対策としてはユカリのUBを予め発動可能にしておき、ソウルドレイン発動直後に使用して魔法バリアを張れば良い。バリアでダメージを0にすると付随する状態異常も防ぐ仕様があるため、誘惑を阻止できる。
ただし、2回目以降はこちらから与えたダメージによってもUBが飛んでくるタイミングが変わるためタイミングを読みづらい。

また、クウカを先頭に魔法パを組むと挑発により、同士打ちも全てそちらに飛ぶため被害を抑えられる。ただし、当然敵からの攻撃もあるためかなり育成していないとクウカが耐え切れず、範囲攻撃は挑発関係なく味方を巻き込むので注意。

★6

「こんなこと教えるの、君にだけだよ」

センシティブな作品


2019年11月30日、『★6才能開花』によってイオに『★6』が実装された。
ユニオンバーストが「ハートラブストーム」から「ハートラブサイクロン」に変化し、セットボーナスによって魔法攻撃力・物理防御力・魔法防御力が大きく上昇する。

UB変化によりダメージ量と誘惑の効果時間が上昇したほか、TPを小ダウンさせる効果とTP上昇自体を小ダウンさせる効果も新たに付与された。特にTP上昇ステータスをダウンさせる効果はカスミのUB以来の登場となっている。

ボスに誘惑が効かない点は変わっていないが、スキルとUBによる二重のTP吸収とTP上昇低下で、ボスのUB発動を大幅に遅らせることができるため、相手次第だが★6実装前に比べれば活躍の機会は増えている。

同じTP吸収持ちのタマキと組ませれば、ボスにほとんどUBを撃たせず撃破することも可能。実際、王都終末決戦ではこの戦術が大きな戦果を上げていた。

サマー

【魔法】
後衛で、敵の体力を奪い取る、夏の夜の先生。
ダメージを与えつつ味方を回復するスキルを複数持ち、攻守、どちらの側でも高い能力を発揮する。

センシティブな作品センシティブな作品


イベント『スズナレインボーステージ!』に合わせて登場した、かつて期間限定だったサマーバージョンである水着姿のイオ。
期間限定ガチャのスズナと異なり、イオはイベントミッション達成によって仲間にすることができる。
2021年5月18日『スズナレインボーステージ』サイドストーリー入りに伴い恒常キャラ扱いとなった。

専用装備を付けたスズメミサトのハイブリッドのような性能であり、スキル・ユニオンバースト双方で回復しつつ攻撃を絶やさない欲張りセットのようなスキルラインナップになっている。

そのためアリーナにて魔法による速攻を畳み掛けるサポーターとして非常に重宝する。
装備による回復量上昇のステータスが目覚ましく回復量も充分にあり、更に配置は通常イオのすぐ後ろながら物理防御が高いお陰で、下手なぴょんぴょんアタック+は余裕で耐えられる。
防衛でも回復役ながらアタッカーに大きく負担をかけられるため活躍が期待できるだろう。

アリーナで強力なのは上述のとおりだが、ルナの塔においても全体回復が心強く、同じく強力なヒーラーである正月ユイの代替としても十分な性能を持っている。

ミサトと異なり魔法攻撃バフがあるわけではないが、自身のDPSがミサトよりは高いことに加え、スキルに魔防デバフや単体回復効果が付いてることから、クランバトルではミサトに引けを取らない活躍ができる。

2020年6月10日に専用装備として「恵愛剣サマーラブファミリア」が実装された。装備するとラブスティールの威力と回復量が上昇するようになる。

キャラ説明文に「夜の先生」と書かれてる通り、ユニオンバーストのカットインの背景は★3イラストと同じく夜のビーチである。

センシティブな作品



余談だが通常版の初期レアリティが★3であるキャラが配布キャラになるケースは彼女が初となった。

Shadowverse

同じCygames製作の対戦型デジタルカードゲーム『Shadowverse』では、プリコネRがテーマの一つとなっているカードパック「アルティメットコロシアム」のアディショナルカードとして参戦した。

カード名魅惑の教鞭・イオ
種類フォロワー
クラスヴァンパイア
レアリティゴールドレア
コスト2
進化前攻撃力:2 体力:2
能力ドレイン
ファンファーレ ユニオンバースト 10; 相手のフォロワー2体を選択する。前者に「後者の攻撃力の値」と同じダメージを与え、後者に「前者の攻撃力の値」と同じダメージを与える。
進化後攻撃力:3 体力:3
能力ドレイン
進化時 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
CV伊藤静
収録セットアルティメットコロシアム
※ドレイン…与えたダメージ分、自分のリーダーを回復する能力。
※ファンファーレ…手札からPPを支払って場に出たときに発動する能力。
※ユニオンバースト…数字のターンかそれ以降にプレイすると発動する能力。手札にあるとき自分のフォロワーが進化すると-1される。

魔族ということでヴァンパイアクラスでの参戦となった。
ハートラブストームの誘惑効果を再現したユニオンバースト能力に加え、ソウルドレインをイメージしたドレイン能力と、テイルウイップをイメージした進化時の全体除去を持つ。

ユニオンバーストはやや癖のある2面除去だが、進化時の相手リーダーを含めた全体ダメージが強力で、こちらの能力の方がメインとなるだろう。

関連項目

プリンセスコネクト!Re:Dive / ルーセント学院
ミサキ / スズナ…ギルドメンバーもとい教え子。
アカリ…こちらは意図的に思わせぶりな言い回しを行う。
シェフィ…メインストーリー第2部第4章での縁か特殊戦闘やりとりが発生する。

スーテラ:同社作品の中の人繋がり。
ベレス:中の人繋がり。巨乳と先生と共通点も

関連記事

親記事

ルーセント学院 るーせんとがくいん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「イオ(プリコネ)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「イオ(プリコネ)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11247824

コメント