ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

悪魔の一種。
男性に淫らな夢をみせ、関係を持つというまことにけしからん女性悪魔である。また、サッキュバススクブスとも。男性の夢魔はインキュバスと呼ばれる。

獲物の心を捕らえるため、その人にとってもっとも魅力的な姿となって現れるとされる。しかし本来の正体は“醜悪な容姿の女性怪物”であり、魅力的な美女に見えるのは“狙われた男性が理想とする女性の姿を模して夢の中に現れる”ため。
夢の中という無防備な領域に侵入してくる故、男性が彼女らから逃れることは非常に難しい。…と思いきや、「寝るときに枕元に牛乳の入った皿を置いておく」という回避方法があるらしい。サキュバスがその牛乳を別の白い液体と間違えて持っていくからであると言うが、だとするとずいぶん間抜けな悪魔だと言うことになる。
ヨーロッパでは未だにこの方法が信じられているが、そもそもサキュバスの存在を信じている人は噂に流されやすい人なので、安心して熟睡できるという点で有効らしい。

男性が素敵な女性と交わる夢を見て、朝起きたら夢精している状況をサキュバスの仕業という。
しかしながら、男性にとっては夢精という素敵な現象に導いてくれる、素敵な悪魔でもある。
逆に夢精したいがためにサキュバスを望む紳士も非常に多い。
夢の中とは言え、淫らな行為と共に絶頂に達することができるのは、紳士にはたまらないだろう。
ただ、伝説上のサキュバスは、男の精気を全て吸い尽くして殺すまで性交する者も多いので注意しよう。

ゲームや漫画その他では、上記の夢の中うんぬんという設定から離れて、単に魅力的な女性の姿を持つ悪魔がサキュバスと名づけられていることも多い。本来は醜悪な容姿をしているという設定も無視されるか触れられないことが多く、元より美しい容姿をした人物or種族であるかのように描写されていることがほとんどである。また、夢の中ではなく現実世界に現れて、いきなり男性の元へ押しかけてくるという展開が多い。
また、成人向けの作品では男性と関係を持つ事で精を奪い、自身の生命エネルギーに変換していることもある。

姿は、大抵の場合コウモリのような翼を生やした美女・美少女として描かれる。外見的にはいわゆる悪魔っ娘と判別できない場合が多く、その区別は描き手の主観・設定による。
サキュバスの人間離れを強調するため、人間と違う体質(体液は催淫効果を有するなど)のことや、サキュバスならでは性技を持つ(膣・髪などが意思のままに自由に操られるなど)ことや、人間と違う体を持つこと(ふたなり複乳)などを設定し、かなり自由度の高いジャンルである。

サキュバスの男性版はインキュバスであるとされ、こちらも女性が理想の男性と交わる夢を見た後、妊娠していたという伝承から生まれた怪物とされる。サキュバスとインキュバスは同一生物の両性具有という説もあり、生殖能力がないため、サキュバスが男性から精子を摂取し、それを見ず知らずの女性に植えつけて産ませているともいわれている(この場合、生まれる子は遺伝的には純粋な人間ということになる)。この伝承は当時性に関して奔放であったルネッサンス時代に、父親不明の子を宿す女性が余りにも多かったことで広まった噂とされる。
サキュバスとインキュバスで子をつくった場合はカンビオンという存在が生まれるという。

なお、この悪魔自体の性質上、イラストがR-18であることも多い。

受容(需要)と展開

日本におけるサキュバスの扱い

サキュバス伝承は多くの西欧伝承同様、日本はその迷信が信じられていた時代から400年ほど経った近代以降に伝わっている。

日本の創作物にポツポツと出るようになったのは1980年代頃、『ドラゴンクエスト』による欧風ファンタジーブームから。そのごく初期においては“実体は醜悪な容姿”という設定も取り入れる作品も存在したが、寛容な割に無駄なものはさっさと省くという日本人のおかしな合理性により即置き去りにされた
この為日本においては“妖艶で魅力的な女性の姿をしている”という印象が強く、元々の伝承とはだいぶかけ離れている。

また、中世以降のサキュバス伝承にはキリスト教的価値観である「淫乱≒悪徳」という図式からの「無条件での邪悪な存在」という点があるが、日本人の場合、

「人類がエロス捨てたら人類滅ぶわ!

……とナチュラルにこんな考えに至ってしまうため、1990年代に入ると「忌避すべき存在」という認識が急激に薄れていく。

とは言え、人間との関係が明確な捕食者と被捕食者の関係にあるため、同様の傾向があるダークエルフと比べても「人類の敵である」とする設定の創作物は多い。

一方で積極的にイチャイチャしたりするのもごまんと出現したが。
元々、日本では人外と結婚したり男女の関係になったりすることは不幸とされない傾向にある(日本の伝承にいくらでもある)為、サキュバスもしっかりジャパニライズされてしまった。

ちなみに日本の性事情はと言うと、戦後GHQが多少引き締めたものの基本的に西欧のルネッサンス期並みにあけっぴろげ。子供の実際の父親が誰だとか厳密に調べるようになったのは医療機関での出産が一般化した1970年代以降の話であり、それ以前は出生届が公然とデッタラメな事はよくあった(実際には有印私文書偽造の罪に当たるのだが、出産に立ち会った人物さえ口をつぐんでしまえば表沙汰になることはなかった)。ひどい時には母親が違うとか 両親ともデタラメ とかよくあった。
こんな日本はサキュバスにとって住みやすいのか、それともとても住みにくいのか、一言言うとするならもうやだこの国

怪物としてのサキュバス

昨今ではイチャラブ路線のサキュバス作品がよく見られるようになったが、「人間にとっての怪物」としてのサキュバスにも根強い需要がある。快楽によって破滅させたり、レベルドレインで相手を無力にしてしまったり、吸精によって生命力を食い尽くすものだけでなく、文字通り「捕食」を行うものもある。尻尾の内部がホース状に空洞となっており、蛇の口のように広がった先端から文字通り丸呑みtailvore)にし、そのまま養分として吸収してしまう。


作品別のサキュバス

キャラクター名が「サキュバス」


個別記事のない「サキュバス」一覧

TVアニメ版・ドルアーガの塔ドルアーガオンライン悪魔城ドラキュラシリーズ
サキュバス
センシティブな作品センシティブな作品
ウィザードリィシリーズ女神転生シリーズラグナロクオンライン
センシティブな作品センシティブな作品
サキュバス
魔導物語シリーズぷよぷよ!!クエストパズル&ドラゴンズ
センシティブな作品
サキュバス
サキュバス

固有名をもつサキュバスのキャラクター



その他


サキュバスを主題とした作品

漫画


アダルトゲーム

R-18。同人作品含む。


その他

  • pixivユーザー天原氏によるサキュバスシリーズ (R-18) … 現代社会で翻弄される彼女たちを、笑いあり、涙(?)あり、感動(?)あり、エロありで描く。


関連イラスト

Succubus
センシティブな作品
ルヴェちゃんデフォルメ決定稿
センシティブな作品



関連タグ

悪魔 悪魔っ娘 夢魔 淫魔 人外
Succubus サッキュバス スクブス サッカバス
インキュバス アルプ ロリサキュバス

関連記事

親記事

夢魔 むま

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サキュバス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 258833438

コメント