ピクシブ百科事典

リバーシア星人サキュバス・ヘルズ

りばーしあせいじんさきゅばすへるず

リバーシア星人サキュバス・ヘルズとは、『特捜戦隊デカレンジャー』に登場するアリエナイザーである。
目次[非表示]

「あんたの顔も恐怖で歪ましてあげる」

演:蒲生麻由、スーツアクター:蜂須賀祐一

データ

  • 登場話:Episode.21「マッド・ブラザーズ」~Episode.23「ブレイブ・エモーション」
  • 身長:172cm
  • 体重:48kg
  • 出身地:リバーシア星
  • 罪状:大量殺人、破壊、略奪の限りを尽くし、79の惑星を消滅させた罪
  • ジャッジメント:デリート許可


概要

一人っ子が存在しないと言われているリバーシア星人のアリエナイザー
特キョウ指定の凶悪犯・ヘルズ3兄弟の長女で末子。三兄弟の中で唯一ヒューマノイドタイプだが、戦闘時にはヘルメットを装着したスーツ姿となる。
人間の生体エネルギーが好物で、それを奪う時には舌で唇を舐めるという癖がある。 武器は両腕に備わったカッターで、戦闘力はかなり高く、初戦ではデカイエローを圧倒し、変身解除に追い込んだ他、ブリッツが加勢して形勢逆転した際にもツインカムエンジェルこと、デカイエローとデカピンクを完膚無きまで打ちのめした。操縦技術にも長けており、怪重機ゴッドパウンダー」を操縦してデカレンジャーロボを全壊寸前にまで追い詰めた。

極悪非道なのは他の兄弟と同様で、彼女に触れたジャスミンは過去に滅ぼされた惑星のビジョンを見せられて一度は屈服しそうになったほど。しかしながら、弟らを捨て駒としてみない長兄とは異なり、兄への情はあるようである。ブリッツは「お兄ちゃん」、ボンゴブリンは「兄貴」と呼び分けている。

劇中での活躍

人間態の姿でジャスミンの前に現れ、街が悪意に蹂躙されていくという悪趣味な絵画を描いて姿を消した。
その後、雑木林で人間の生体エネルギーを奪っていた所、自分たちの威圧的恐怖感に屈しないジャスミンを気に入り、仲間に引き入れようとしたが断られたため彼女を目の敵にする。
一度はゴッドパウンダーでデカレンジャーロボを大破させ、屈服したジャスミンを仲間に引き入れたかに見えたが、ジャスミンにビンタを食らわされ、一度はデカレンジャーたちのコンビネーション攻撃に追い詰められたが、落ちていた点火装置を使って兄のブリッツを呼び出すと、デカレンジャーを完膚無きまでに叩きのめした。
巨大化したボンゴブリンデカベースロボと戦う様を見物していたが、突如やってきたデカバイクロボにデリートされ、ロボから降りてきたデカブレイクの電撃拳エレクトロフィストを受けて撤退する。

第23話でも引き続きブリッツと共にデカレンジャーと戦うが、ブリッツのグレイトフルテッドサンダーをデカブレイクと共に受け致命傷を負った。

しかし捨て駒にされてもなお忠誠心は忘れておらず、デカレンジャーに倒されたブリッツに自分の生体エネルギーを与えて復活させ、力尽きて消滅した。
後に『デカレンジャーVSアバレンジャー』でサウナギンナンが復活させた再生アリエナイザーの一員としてスぺキオン星人ジェニオと共に復活。
過去の女性幹部達のように自身はアバレイエロー、デカイエロー、デカピンクの女性陣3人と戦うが、七変化攻撃で追い込まれ、変身した彼女たちにデリートされた。

余談

デリート許可が下りたアリエナイザーでは珍しくデカレンジャーが直接の死因ではない数少ない存在である。

ゲスト怪人扱いではあるが、本作では珍しい敵側の顔出し幹部である。おまけにVSにおける再生怪人もスーツの流用ではなく当時を演じた女優をそのまま使う非常に稀な光景も見られる(オリジナルの役者を使うのは基本完全復活パターンである)。

名前の由来はサキュバス

演じた蒲生氏は翌年放送の『仮面ライダー響鬼』にてレギュラー出演している。

パワーレンジャー・SPD』では敵幹部モーラの正体「モルガーナ」として登場しており、ゲストだった原作とは異なり、長期間登場している。

関連タグ

アリエナイザー

邪霊姫ディーナス:こちらも末っ子の女幹部。
ヨドンナ:同じく舌を出す癖がある顔出しの女幹部。

関連記事

親記事

ヘルズ3兄弟 へるずさんきょうだい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「リバーシア星人サキュバス・ヘルズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27804

コメント