ピクシブ百科事典

サウナギンナン

さうなぎんなん

サウナギンナンとはミケラが生み出したトリノイド第0号である。
目次[非表示]

「来とるで来とるで来とるがね!来とるで来とるで来とるがね!」
CV:篠田薫

概要

ミケラサウナウナギ銀杏の3つのモチーフを融合させて作り出したトリノイド第0号。ミケラの忘れ形見とも言うべき存在であり、邪命体エヴォリアンの残党である。
八つの目を持ったウナギの頭部にショッキングピンクのサウナスーツを着た外見を持ち、左腕も同様の頭部の形をしている。無論身体の随所には銀杏の実の意匠も施されている。

死者を蘇らせるという途轍も無い力を保有している為、ミケラによって宝玉に封印されていた。能力を行使する際は紫の電気を放ち(※電気はウナギのように空中を動く)、その電気が死者の体となる。

強力なトリノイドではあるが、性格は過去のトリノイドの例に漏れずおとぼけキャラであり、名古屋弁を話す。

活躍

ギンジフ星人カザックの手で復活させられて登場するも、両肩の「銀杏電池」が無く、能力を行使出来なかった。程無くしてそれ等はヤツデンワニが持っていた事が明らかとなり、カザックが彼から強奪する形で力を取り戻す事に成功する。

その後、自身の力でカジメリ星人ベン・Gリバーシア星人ボンゴブリン・ヘルズリバーシア星人サキュバス・ヘルズバリゲ星人ミリバルスぺキオン星人ジェニオを蘇生させて勢力を拡大。地熱エネルギーを集めさせ、自身の銀杏電池の力と合わせて本領を発揮(※地熱エネルギーはサウナのように焼石に水をかける事で得られる)。アバレンジャーを最も苦しめた最強の存在」として邪命神デズモゾーリャを復活させようと目論んだ。

しかし、復活したのはデズモゾーリャではなく何故かアバレキラーこと仲代壬琴が復活(※壬琴曰く「(「アバレンジャーを最も苦しめた」と認識されたため)だから俺が来たのさ」)だった為に計画は失敗。カザック及び再生アリエナイザーと共にデカレンジャーとアバレンジャーの両戦隊と応戦するも、シャッフルした彼等の連携によって再生アリエナイザーを全滅させられた上、カザックにデリート許可まで下り、そのまま追い詰められた末にディーバズーカとスーペリアダイノダイナマイトを同時に受け敗北。尚、カザックは直前でどうにか逃れたので無事だった。

直後にジャメーバ菌を含む雨を破片が浴びた事で再生巨大化
怪重機パレットビューに搭乗したカザックと共にスーパーデカレンジャーロボキラーアバレンオーと交戦するが、カザックに合体技「ガトリングドリススピン」の盾にされてしまう。だが、結局防ぎきれずに最期はパレットビューと共に仲良く爆散した。

余談

モチーフはサウナウナギ銀杏だが、そのモチーフのいずれにも「死者蘇生」という要素は皆無に等しい。強いて挙げれば精力増進に効くウナギが最も近いが、恐らくは其処から拡大解釈して生まれた設定と思われる。
また、能力の要である紫の電気エネルギーも、デンキウナギが元ネタの可能性が高い。
口癖の名古屋弁も、名古屋うなぎパイひつまぶしと言ったウナギ由来の食べ物が有名だからかも知れない。
更に目が8つあるデザインはヤツメウナギから来ている可能性もあるが、ヤツメウナギは名前にウナギと付くがウナギ科の魚ではなく、それ以前に無顎類に属する生物であって魚類ですらない。

前年の敵組織の残党が登場するのは『スーパー戦隊VSシリーズ』において恒例だが、両戦隊の敵怪人が揃った上で、それぞれがそれぞれの登場番組本編における基本方法で巨大化したのは今作が初である(※デカレンジャーの怪重機は厳密には巨大化ではないが)。

声を演じた篠田氏は『星獣戦隊ギンガマン』の雨法師以来、実に6年ぶりのスーパー戦隊シリーズ出演となった。

関連タグ

爆竜戦隊アバレンジャー 特捜戦隊デカレンジャー 邪命体エヴォリアン ミケラ
トリノイド 特捜戦隊デカレンジャーVSアバレンジャー

ネクロマンサーマイナソー恐竜スーパー戦隊第4作目『騎士竜戦隊リュウソウジャー』に登場する、同じく死者蘇生の能力を持った戦隊怪人
チョウチンコゾウ墓荒らしサイマ獣ゾンビースト、死者蘇生繋がりの先輩。

ン・ダグバ・ゼバ:『仮面ライダークウガ』において第0号のナンバーを冠するライダー怪人

戦隊VSシリーズ敵キャラリンク

邪忍イーガギンジフ星人カザック/サウナギンナン冥獣人デーモンのアボロス/アルゴル星人バボン

関連記事

親記事

トリノイド とりのいど

兄弟記事

コメント