ピクシブ百科事典

ドラゴンドラン

どらごんどらん

ドラゴンドランとは、ミケラが生み出したトリノイド第1号。本編最後のトリノイドとなった。
目次[非表示]

「栄えあるトリノイド第1号の力、今こそ見るが良い!」
CV/演:谷口賢志

概要

ミケラドラゴンゴンドラと言う3つのモチーフを融合させて作り出したトリノイド第1号。赤い竜人を思わせる外見をしているが、両肩と両足には黒塗りのゴンドラ、首周りや両肩、股間の辺りに蘭の花がそれぞれ付いている。

邪命神デズモゾーリャ復活の為に巨大な身体を湖の中に造っており、それと並行して出雲蘭と言うビジュアル系の占い師に化け、必ず願い事を叶えるカードを流行らせた上でアナザーアースの人々を呪いで操り、そのまま100万人もの人間をデズモゾーリャの生け贄にしよう目論む。

戦闘力もこれまでのトリノイドとは桁違いに高く、ドラゴンの両目からは半径40m以内の物質を跡形も無く破壊する程の威力の光線「ドラゴンアイビーム」を放ち、両手からも火炎状の光線「ドラゴンファイヤーフラッシュ」を発射して辺り一面を紅蓮の火炎地獄にしてしまう。

彼の後に生み出されたトリノイド達はどれもふざけた性格のキャラばかりなのに対し、こちらは至って冷徹な性格をしており、シリアス一辺倒のキャラ付けとなっている。

活躍

邪命体エヴォリアンがアナザーアースへ侵攻を開始してから1年の間、出雲蘭の姿でデズモゾーリャ復活の為に暗躍していた。
物語が終盤に差し迫ると同時に凌駕達5人の前で正体を現すと、上記の台詞と共に「トリノイド第1号」の名に恥じない驚異的な戦闘力でレッド達4人を苦戦させ、アバレキラーと互角の戦いを繰り広げる。だが、其処へデズモゾーリャに憑依されたリジュエルが乱入し、アバレキラーがリジュエルと交戦している隙に湖へ向かう。

その後、レッド達4人と再戦した際にはその驚異的な戦闘力で再度圧倒するが、其処へリジュエルがデズモゾーリャの憑依を解除した事を受け、アバレキラーが参戦。
アバレキラーが至近距離から放った電撃に怯んだ所へ、5つのダイノウェポンを合体させたスーペリアダイノボンバーのスーペリアダイノダイナマイトを受け倒される。彼の敗北と同時に、湖のデズモゾーリャの身体も消滅し、生贄にされた人々も助かった。

その直後、ジャメーバ菌を含む雨を破片が浴びた事で再生巨大化すると、アバレンオーマックスリュウオーキラーオーの3体を空中からの攻撃で圧倒し、キラーオーのヒレストライクを受け止めるも、最期は3体の合体必殺技「爆竜大進撃アタック」を喰らい爆散した。

余談

モチーフは上述の通りドラゴンゴンドラ。他に占い師も含まれる。
尚、劇中で生み出した際の使用カラーはそれぞれドラゴンが西洋秘儀エキス入り炎のドラゴン色、ゴンドラが水の都エキス入り夢見心地色、そして蘭がラン科耽美エキス入りゴシックロリータ色

製作系列上、ミケラが製作したトリノイドでは封印されてお蔵入りした第0号のサウナギンナンを除けば彼が初号機なのだが、皮肉にも本編に登場したトリノイドの中では最後の登場となった。
上記の通り彼以降に作られたトリノイド達は数字に比例してギャグキャラの印象が強いが、それは単にアナザーアースとの戦いの中でミケラの思考が緩和された為、トリノイド達にもその精神の変化が反映されたからだと考えられる。それが証拠にドラゴンドランの次のヒルリンドウテンサイキックギャグ要素の無いシリアスキャラであり(※テンサイキックは邪命戦隊エヴォレンジャーというギャグ要員に使われたが)、此処から本来のミケラはもっと冷徹な性格と思考の持ち主である事が窺える。
同時にトリノイドも、本来は冷徹でギャグ要素の無い怪人である事をこのドラゴンドランは差し示していると言える。

声と人間態を演じた谷口氏は『救急戦隊ゴーゴーファイブ』でゴーブルーこと巽ナガレを演じていた。

関連タグ

爆竜戦隊アバレンジャー 邪命体エヴォリアン ミケラ トリノイド
占い師

ドラゴンマイナソー恐竜スーパー戦隊第4作目『騎士竜戦隊リュウソウジャー』に登場するドラゴン繋がりの後輩怪人。こちらは第1話目に出た1番目の戦隊怪人である。
ヨゴシマクリタイン:『炎神戦隊ゴーオンジャー』に登場する周囲にギャグキャラが多い中、数少ないシリアス一辺倒の怪人繋がりでこちらはラスボスである。

ズ・グムン・バ:『仮面ライダークウガ』において第1号のナンバーを冠するライダー怪人

関連記事

親記事

トリノイド とりのいど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドラゴンドラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 179

コメント